WBCおもしろかったけど



羽田空港のラウンジでながめた
WBC特集のナンバーです。

今回のWBCは
シロートながらに日本代表のメンバーをみて
(テレビが“サムライ”とか言ってさわいでるの、なんかイヤ。)
過去に比べて、ちょっと小粒なんじゃないの?
と思ったりもしました。

今までは、野球にそんな興味がない自分でも
メンバー全員知っておりましたが
今回は、半分くらい知りませんでしたからね。

でも、思った以上に健闘して
録画して、興奮してテレビ観戦しましたので
日本の野球って、裾野が広くて層が厚いんだなと
あらためて実感いたしました。

やっぱ、高校野球もWBCも
真剣勝負だと、
野球はおもしろくて
日本人に合ってるんだなと感じましたよ。

でも、なんかしっくりこないことが
いくつかあったのですよ。

辞退者が続出する大会が
世界一を決める大会なの?

ちょっと、試合時間長すぎじゃない?

毎回だけど、
選手は言い訳にしてないのに
「ボールがすべる」とか
「マウンドがかたい」とか
「人工芝と天然芝が」とか
「ドームと屋外球場の違いが」とか
競技環境の違いをとりあげてさわぐマスコミって
いったいなんなんだよ?

プロの最高峰の大会が
ピッチャーの球数制限してるのに
日本の高校生に
炎天下の中、連戦で何百球も投げさせていいのかよ?
その大会を主催してる大手新聞社は
人権問題が大好物なくせして
なんで問題にしないんだよ?

などなどであります。

あと、準決勝のアメリカ戦観て思ったのですけど
点差は僅差ではありましたが
あの1点差って、果てしなく大きいように感じ
ちょっと愕然といたしました。

アメリカは、あれでフルメンバーじゃないのに
往年の名選手である野球解説者で
「MLBとNPBはレベルが同じだ」
と、のたまっておられる
H本さんとか、
N村さんとか、
E本さんとかって
マジで言ってるのかよ?と思ってしまいました。

まあ、まだ歴史が浅い大会でありますから
いろいろ課題はあると思うのですが
今後も大会が盛り上がって、
進化改善発展して
各国が、ベストのフルメンバーにて
野球の国別世界一を決定する大会になって
引き続き楽しませていただきたいものだと
期待しているのであります。

ソニー・ロリンズ



前号の「ビッグコミック」は
表紙が「ソニー・ロリンズ」だったので
思わず購入してしまいました。

この人をセレクトするセンスが、
素晴らしいと思います。

ソニー・ロリンズは
ナマで聴く機会が何回かありましたが
先送りにしてしまって
結局、体験できなかった巨人の一人です。

ソニー・ロリンズには
現存するジャズの巨人として
一日でも長くお元氣でいていただきたいですが
さすがに、もし、80オーバーの今来日されても
なかなか聴きに行こうとは思えないですねえ。

ジャズにおけるテナーサックス演奏の
アドリブの代名詞ですから
バリバリのときに体験しなかったのは
残念なことをしたなと思っております。

昨今は、
ものすごいスピードで、世の中が移行していくので
迷ったら実行していかないと
後で後悔するのかもしれませんね。

ビートたけし著「ヘンな生き物がいっぱい」



過日、NASAから
もったいぶった発表がありました。

なんでも、地球から39光年の場所に
地球にきわめて似ている惑星を発見したので
ひょっとすると、
生命体が存在しているかも!

ってなことですよ。

で、「39光年」ですが

ちょいと調べてみたら
現在、最も早い有人ロケットに乗ると
1光年行くのにかかる時間は
2万年だそうですよ。

つまり、39光年先の惑星にたどり着くのに
現在の地球人の能力では
78万年かかるっつーことになります。

そんなところに
お釈迦様以外で
誰が行けるんだっつーの!

78万年もかかる場所のことを
考えてるヒマがあったら
今、われわれが住んでいる星にあって
解明されてないことを研究したほうが
よっぽどタメになるんでないの?
と思ってしまうのであります。

なので、わたくしは
もしも
「宇宙か深海か、
 どちらか好きなほうに連れてってやる」
と言われたら
迷うことなく「深海」を選びます。

だって、宇宙には、
果てしなく何も無い可能性もありますが
深海には、確実に
いろんなイキモノがいるのが
分かってますからね。

こちらの本は、ブッとんだ生物研究者と
たけしさんの対談でありますが
数年前に話題となった
「ダイオウイカ」のセンセイも掲載されています。

史上初で、
動くダイオウイカの映像が撮影されて
世界中の話題になりましたが
(思わずDVD購入しました)
実は、深海には、ダイオウイカが
うよいよいるらしいですぜ。

子どものころ、
図鑑を見るのが好きでしたが
深海で、
マッコウクジラとダイオウイカが格闘してる絵は
悪夢のように感じたものでしたよ。

宇宙に行くのに、
億単位のおカネを使うのであれば
そのおカネで、高性能の深海潜水艇を開発して
マッコウクジラとダイオウイカの格闘映像を
おれに見せてくれよと思ってしまいます。

登利平「鳥めし」



群馬県の高崎は
夏が暑くて、冬が寒いこと以外では
とても便利で住みやすい街だと思うのでありますが
「これ」といって
他県の皆さまに自慢できる名産品が無いのが
ちょいと残念なところであります。

都心から遠くなくて
関東平野から山まで高低差があって
水も豊富で、冬の日照時間も長いので
野菜から畜産まで
多種多様な生産物があるのですが
「これのためにわざわざ出かけてきてください」
というエースが不在なのが残念なところであります。

実はわたくし
「上州のソウルフード」とか言われている
「焼きまんじゅう」という一品を
自分のオカネで買って食べたことがありませんし

過日のテレビで紹介されていた
「おきりこみ」という一品も
社会人になってから、初めて食べたくらいですから。

そんな中で、ジミなところでは
最近、ちょこちょことテレビで紹介されている
登利平の「鳥めし」が、
けっこうオススメなのであります。

わたくし、一番お値ごろな、
こちらの¥700円バージョンが一番好きです。

なんつっても、
ご飯の上に、うすくスライスされた
味付け鶏肉が乗っているだけのものなので
見た目は、どシンプルで貧相なんですが(失礼!)
いざ食べてみると、これが美味いのであります。

しかし、高崎は
こちらの「鳥めし」のほかに
◆高べんの「鶏めし弁当」
※)わたくし、こちらのほうが好きです。
同じく
◆高べんの「だるま弁当」
おなじみである、
◆おぎのやの「峠の釜飯」など
交通の要地ということもあってか
「お弁当」は、なかなか充実していると
思うのであります。

どれも、見た目はジミでシンプルだけど
素朴な味わいで
飽きがこないってなところが
県民性ってやつでしょうかね?

なんてったって1900円



「エコ」の時代なのか
本&CDからブランド品まで
リサイクルのお店が増えたなと感じます。

実はわたくし
掘り出しモノが見つかることがあるので
リサイクルのお店を見かけて
時間があったら
立ち寄ることにしているのであります。

出張先にて
宿泊していたビジネスホテルの近所に
「2nd STREET」があったのでのぞいてみて
思わず買ってしまった
「モコモコボアブーツ」です。

お値段は¥1900円でした。

奥さまのも思わず買いましたが
そちらは¥1300円です。

ほぼ新品なので、
かなりお買いドクかと思います。

UGGとかのブーツっていえば
数年前に、
海外セレブが愛用してるとかで
日本でもヒットしましたが
実は、見た目が
かなりカッコ悪いんじゃないの?
と思っておりました。

いつの間にか、
ウチの奥さまもはいてたので
「それって、カッコ悪くない?」と聞いてみたら

「でも、とにかく暖かいから、やめられない。」
とのご返答でした。

最近では、
デパートのUGGの売場を見ても
けっして安いわけではないのに
どこでも盛況なので
冬に欠かせない定番アイテムになったのだな
と実感いたします。

で、自分もはいてみたら
「こりゃ、たしかに、冬には欠かせないな。」
ということがわかりました。

なんつっても1900円ですしね。

いいお買い物をいたしました。
プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR