FC2ブログ

カップほうとう



山梨「桃」買出し遠征のときに
立ち寄ったお店で、なんとなく購入した
「カップほうとう」です。

一個¥450円だぜ!

でもね、おそらく
自分が今まで果てしなく食べてきたカップめんの中で
一番美味しいと思うな!

カップめんに450円出して
もしまずかったら、おこるやろ?

ってな声が聞こえてきそうですが

これは、マジで美味しかったのでありますよ。

結論からいうと
カップめんの概念を超えております。

次回行ったときも
見つけたら、まちがいなく買うと思うな。

山梨に行ったら、ぜひお試しあれ!


これは安いねー!




イヌ仲間有志にて
フルーツ天国である山梨県に
川遊びを兼ねて、桃を買いに行ってきました!

わたくし、くだものは、全般的に大好きでありますが
中でも、桃は大好きなのであります!

爆笑問題の田中さんが
以前、ラジオ番組にて
「フルーツ総選挙」と言っておりましたが
マイ・フルーツランキングでは
桃は、幼少時代から今日まで
不動のナンバーワンなのであります。

ちなみに
#1:桃
#2:メロン
#3:イチゴ
#4:柿
#5:梨
以下割愛
ってな感じですかね。

桃の厄介なところは
「そもそも、お値段がお高い」
「にもかかわらず、なかなか美味しいのがない」
「すぐ傷むので、美味しい時期の見極めが困難」
ってなことがあるので
心底満足することは
シーズンに一回あるかどうか?
というのが現実のところです。

今回は、ご紹介いただいた販売所にて
店頭には出せない、いわゆる
「少々難あり」
「わけあり」
「ふぞろい」
という個体を予約させていただいたのですが
これでひと箱、なんと¥2100円って、
マジでビックリしましたよ!

いちおうわたくしも
そんじょそこらの人よりは
モノのお値段はわかる自信がありますが
これは、
都内のデパートや専門店に並ぶレベルなので
銀座とかだったら、
一個1000円でも不思議ではありません。

帰宅して、熟成されるのを待ちわびて
しっかり冷やしていただいたら
まあ、びっくりするほど美味でありました!

最近ハヤリの「コスパ」で考えたら
マイ・コスパ・ナンバーワンは
おそらく、これで確定だろうと思われます!

できたら、今シーズン中に
もうワンセットいただきたいものであります。



こいつはいかんね!



最近、ちょいとヤバいことになっているのであります。

なにかといえば「体重」です。

過日、おそるおそる体重計に乗ってみたら
54年間の人生にて
未体験のゾーンに突入しつつあったのでしたよ。

そんなに飲み食いしてないのに
というより
昔ほど飲み食いできなくなったのに
なんでだろ?と思って考えてみたのですが

ここ数年の、ちょっとムリをした生活で
腰のほかに、あちこちに不具合発生し

身体を動かすのがおっくうになる

身体を動かさないものだから
筋肉と関節が硬直して
ますます不具合が進行する

という負のスパイラルと同時に
身体を動かさないのに反比例して
体重がどんどん増加して
それがまた身体に負担をかけて
腰にハリがでて
という、負のスパイラルのターボ状態
だったわけであります。

具体的には、
毎日計測して記録している
歩行数の落ち込みが顕著であり
「一日1万5千歩がノルマ
 目標は1ヶ月に60万歩」
だったはずが、油断すると
一日で、こんな数値です。

以前は、どんなに動かない日であっても
夕方に万歩計をチェックして
1万歩以下ということはありえなかったのに
いかに無意識のうちに、歩かなくなったのか
ということだと思います。

人間の健康状態のバロメーターは
「正しい姿勢でしっかり歩くことができる」
ということだと認識していますので
初心に返って
「しっかり身体を動かす=まずは歩く」
を実践して
今年中に、標準体重に戻すようにいたします。

モダンジャズイレブン・黒人チーム



サッカーワールドカップ・ロシア大会が
いつの間にか終了しておりました。

わたくし、サッカーは好きではなく
むしろ嫌いなのですが
やはり、ワールドカップは別格で
毎日結果が氣になってしまったのであります。

大会前の予想を、良い意味で裏切って
日本チームが大健闘しましたしね。

ま、日本が敗退した瞬間に
熱がイッキにサメてしまうところが
わたくしのサッカーに対する関心が
その程度であるという証明かと思われます。

さて、しばらく前に
なにかのテレビ番組で
芥川賞作家のピース又吉さんが
自説を基にして
「文豪でサッカーチームを構成したら」
というネタを披露して
それが、めちゃくちゃおもしろかったのであります。

そこで、わたくしも
「ジャズメンイレブン」を考えてみました。

とりあえず、コンセプトは
「50年代以後のモダンジャズ・黒人チーム」
ということです。

監督⇒マイルス・デイビス
    [他に思いあたりません]

フォーメーションは4-4-2として

GK⇒エルビン・ジョーンズ
   [この人がゴールを守っていたら
    全部とめてくれそうな氣がします]

CB⇒チャールス・ミンガスとアート・ブレイキー
   [守備の要は、重量級で、怖そうな人が良いでしょう。]

SB⇒クリフォード・ブラウンとウエス・モンゴメリー
   [サイドバックは、スピードとテクニックを重視しました。]

守備的MF(ボランチ)
⇒マックス・ローチとポール・チェンバース
 [堅実な守備に加えて、流れとリズムをつくるということで。]

攻撃的MF⇒バド・パウエルとセロニアス・モンク
    [攻撃の基点は、対照的なプレーヤーで変化をつけて。]

FW⇒ソニー・ロリンズとジョン・コルトレーン
   [ツートップは抜群の決定力があるコンビで。]

スーパーサブは
オーネット・コールマン
エリック・ドルフィー
ミルト・ジャクソン
[クセのあるプレーヤーで変化をつける]

という感じになりました。

うーん、荒々しくて、かなり強そうです。
まさに、アフリカ代表の強豪チームという感じかも!

参考までに、又吉さんの「文豪イレブン」を
紹介しておきます。
システムは3-5-2だそうです

GK⇒井伏鱒二
DF⇒谷崎潤一郎・森鴎外・志賀直哉
MF⇒泉鏡花・中原中也
   夏目漱石・三島由紀夫・坂口安吾
FW⇒太宰治・芥川龍之介

さすが、芥川賞を受賞するお笑い芸人さんは
センスが違います。

なんなんだよ「GK:井伏鱒二」ってのはよ!

胃カメラってキツいねー!



今年も、人間ドックに行かせていただきました。

なんつっても、去年の検診では
ナニも考えずに受けてみた
「腫瘍マーカー」とかいうオプション検診にて
尋常じゃない数値が計上されて
再検査に行ったときも同様の高数値で

お医者様のオピニオンでは
「この数値で“がん”が体内にないということは考えられない」
ってなことなので
あちこち検査して
それでも異常が見つからなかったら
「そんなはずないから
 がんの精密検査のPETを受けてこい」

とまで言われたのでしたよ。

結局、なんともなくて、
一年経ったら体重は増えてるし
ネットでみたら
「そもそも、腫瘍マーカー検査なんて
 がん患者が、
 術後の再発チェックするためのもので
 がん手術の実績がない人間が
 受ける必要なんてないものだ」
なんて意見もあったりなので(をいをい)

とりあえず一年間、無事に生きてきたのでした。

前年の、がん未遂騒動のとき
諸事情により、胃カメラ検査だけやってなかったので
今年は、初めて受けてみることにしました。

大腸内視鏡は、何回も経験がありますが
結論から申し上げますと
胃カメラってキツいのね。

大腸内視鏡は「もれそうになる苦しみ」
胃カメラは「吐きそうになる苦しみ」
ってな感じでしょうか。

大腸内視鏡より時間は短いですが
まあ、これは拷問みたいなものですな。

結果は異常ナシで
やれやれってなもんです。

なんだかんだ言ったって
身体の健康が一番重要ですし
自分の考えとしては
「健康とは、
 おカネと時間を自己投資して
 勉強して努力して勝ち取るものだ。」
というものなので
今後も、身心の健康最優先で生活する所存でおります。

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
ミカフェートのコーヒー
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR