今年は十回忌



デュークさんが、わが家にやってきて
毎日楽しいラブラドールライフをおくっておりますが
先代のムスメ[ララ子]があの世に行ってから
早いもので、今年で十年です。

以前、何かで、以下の内容を読みました。

「犬にとって一番悲しいのは
 自分が、大好きだと思っている人たちが
 悲しい顔をしているのを見ることである。
 だから、犬が臨終寸前に
 家族が犬の近くに集まって泣いていると
 犬は
 『なんでみんな泣いているんだろう?
  ひょっとしたら、
  自分は、何か悪いことをしたのだろうか?
  この人たちに、悲しい思いをさせたのだろうか?』
 と、不安で悲しい氣持ちのままで
 この世を去ることになってしまい
 それは、とてもかわいそうなことである。
 だから、犬を見送るときは
 『今までありがとう』と、
 笑顔で見送ってあげたほうが
 犬にとっては幸せなのだと思う。」

自分は、なんとなく理解できましたので
ムスメがヨボヨボで立てなくなって
食事どころか
水さえも飲めなくなってしまっても
一度も涙は見せないように
必死で我慢してきました。

それが正しいことだったのかどうかはわかりません。

でも、デュークさんがやってきた今となっても
ムスメはたまーに、忘れた頃に
夢の中に遊びにきてくれて
あいかわらず、ニコニコと笑ってくれています。


ケロリンおけ



わが家のお風呂で使っている「フロおけ」です。

ケロロ軍曹バージョンの
「ケロリンおけ」です。

やっぱ、おフロといえば
キイロのケロリンおけは欠かせないですよねー。

この「ケロロ軍曹バージョンケロリンおけ」は

たしか、夫婦で映画を観に行ったとき
映画館の売店で販売していたものを
ウチの奥さまが衝動買いしたものであります。

ケロロ軍曹が描かれておりますが
素材や仕様はオリジナルと変わらないので
家庭で使ってみると
それまで使っていた洗面器では
足元にも及ばねえなってなことが
よーく実感できるのであります。

素材感から形状から大きさから
とにかく、おフロで使うには
これしかないなってなくらい
絶妙なバランスなのでありますよ。

やっぱ、長年、
全国の銭湯にて
モミにモマれて今に至ったのは
ダテじゃねえなってなことを
実感させられるのであります。

ロングセラー商品のスゴさを
こういう部分で実感させられたりします。

21年間ありがとう



21年間お世話になった愛車と
このたび、お別れすることになりました。

エアコンの調子が悪く
夏は、室温を下げられないのですが
既に部品が無いので
ディーラーでは修理できない
と言われておりました。

なんとかかんとか
中古車の専門業者を見つけて
修理していただくことを考えており
ずっと乗り続けるつもりでしたが
ある事情により
手放すことになりました。

ちょうど、長男が生まれた後に出会ったクルマで
次男は生まれたときからずっとあるクルマでした。

現在のデュークさんだけでなく
先代のムスメも乗せていろいろ出かけた
われわれ夫婦にとって
思い出がたくさんつまったクルマなのであります。

後部に、先代のムスメが取得した
警察犬訓練合格章のステッカーが貼ってありますが
あと少しで、見ることができなくなります。

長い間、故障もせず動いてくれて
感謝しているのであります。

ジョージ・アダムス「オールド・フィーリング」



都内に出張したときは
浅草橋界わいにいることが多いのですが
電車で駅ふたつということもありますので
最近、お昼休みには
御茶ノ水の「ディスクユニオン」に行くのが
定番コースになっています。

自分が知る限りでは
御茶ノ水の「ディスクユニオン」か
渋谷の「タワーレコード」が
ジャズのCDの品揃えが充実しているお店です。

特に、御茶ノ水の「ディスクユニオン」は
中古も取り扱っておりますので
思わぬ掘り出し物をゲッツできる可能性があります。

今回、ジョージ・アダムスの中古CDを
二枚ゲッツいたしました。

二枚購入しても、
1500円でお釣りがきましたよ。

こちらの「オールド・フィーリング」は
1991年録音で
ジョージ・アダムスが、マウント・フジ・ジャズフェスで
人氣者だったころのものだそうです。

つまり絶頂期だということです。

ジョージ・アダムスは
一番好きなテナーです。

おまけに興味深々のトランペット
ハンニバル・マービン・ピーターソンも
参加しております。

このコンビで
ビリー・ジョエルの「素顔のままで」を演ると
どんな曲になるかと思ったのですが
フィル・ウッズとは雰囲氣がちがった
なかなか味がある演奏です。

しかし、ジョージ・アダムスは
バブルのど真ん中の時期に
こんなに熱くゴリゴリの
ど真ん中のジャズを演奏してたのだから
ナマで聴くことができて、
ラッキーだったなと思うのであります。




親のつとめをひとつ果たしたかな



次男が無事に高校を卒業しましたので
おカネは出してあげるから
何はともあれ、すべてに優先して
クルマの免許証をとってくるように指示したのであります。

なにせ、わたくしが幼少時
6人家族でありましたが
姉貴が免許証をゲットするまで
クルマに乗れるメンバーがおらず
高校生のときは、
行動半径が自転車で行ける場所限定で
とても不便だったという
ナサケナイ過去があるのであります。

オトコの子の場合は
将来、どこでナニをやって生きていくかわからず
そうなると、
クラッチつきのマニュアル車に乗れないと
お話になりませんので
AT限定免許は、絶対にダメだと
厳命いたしました。

お世話になったのは、
もちろん
「高崎モータースクール」様です。

このたび、無事に免許証を取得できましたので
親のつとめを、ひとつ果たしたかな
と思っております。

近々、ドライブに行かなきゃね。

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR