中華蕎麦「あお木」しょうゆラーメン



ウチの奥さまがオーダーしたのが
いちばんベーシックな
「しょうゆラーメン」です。

料金50円アップで
ちぢれ麺にしてみました。

新しくて、ゆったりスペースの店内は
清潔感があります。

BGMは「ボサノバ」で
ラーメン屋さんではないようなイメージです。

お店のご主人(まだ若いです)と、
店員さんの女性(奥さまかな?)も
にこやかで、
応対の感じがとてもGOODです。

たまに、有名人氣店で
ミョーに高飛車なお店がありますが

わたくし
「おれはお客様=神様だゾ!」なんて
千円程度のお支払いしかしないのに
偉ぶるようなファッキン野郎ではありませんけど

「なんでおカネ払って、えばられなきゃいけねえんだよ?」
とは思いますので、
そういうお店は、
ご遠慮させていただくのであります。

「あお木」様は、さすがウチの奥さまイチオシだけあって
居心地がいいお店なのであります。
(続きます)

中華蕎麦「あお木」



わたくし
日本人は「ラーメン」に対する探究心とこだわりが
ちょいと、尋常ではないなと思っております。

で、「おメーはどうなの?」
と聞かれたら

超人氣店に、延々と行列して食べるくらいなら
化学調味料はご愛嬌として
「幸☆苑」の、
みそねぎラーメン+半チャーハン+ギョーザ
のセット:千円未満で十分よ
ってな感じであります。

では、「ラーメンにキョーミないの?」
と聞かれたら
決してそんなことはないんですけど
なにせラーメン百店舗百様だから
こだわり始めたらキリがないので
つまり、まあ
メンドくさいということなのであります。

数年前までの
「マイラーメンランキング」は以下のとおりです。

1:蒲郡「マルナカ『タンタン麺』」
2:東京恵比寿「香月」
3:高崎「東竜『肉みそラーメン』」
4:浜松「三太」
5位以下はナシ

ってな感じでありました。

ムショーに食べたくなって
わざわざ行っていたお店が上記4店舗です。

しかし、その中で「香月」と「東竜」は
お店がなくなってしまいました。

となると、高崎には、上記「☆楽苑」以外には・・・
と思われるかもしれませんが
実はそうではないのであります。

SNSなどで調べてみると
「東竜」がなくなった反動ってなわけじゃないでしょうけど
有名店の「一風堂」をはじめとして
とにかく高崎市内には
氣合いが入りまくりの
個性豊かなこだわりのラーメン屋さんが
続々とオープンしているようなのであります。

奥さまを誘って
氣になるお店に、
ヒマそうな時間帯を選んで
(並ぶのイヤなので)
あちこち行ってみましたが
どのお店も、
「最近のラーメン屋さんって
 生半可なことをやってたら
 生き残っていけないんだな。
ということが、ヒシヒシと伝わってきます。

いつのまに、高崎のラーメン市場は
こんなにレベルが上がったんだ?と
感心させられてしまうのであります。

そんな中で、ウチの奥さまが
「一番好きだ」と言っているお店が
「中華蕎麦『あお木』」様です。

高崎北駅の近くにあり
お店の近くに駐車場もあります。
(続きます)


朝倉熟柿「ふゆ」



九州に行くようになって二年経ちますが
九州のおみやげで、お菓子であれば
今は、なんといっても
「博多とおりもん」がメジャーなようです。

「博多とおりもん」は
「銘菓ひよこ」をしのぐ勢いのようですが
そもそも、「ひよこ」が九州のお菓子だってことを
知ってる人って、少ないんではないでしょうか?

わたくしも、てっきり、
「ひよこ」は東京のおみやげだと思ってましたし。

で、「とおりもん」も「ひよこ」も
さしあげると、とても喜ばれますし
まず、第一に美味しいのですけど
過日、福岡・朝倉の温泉ホテルに宿泊したら
部屋出しのお菓子で
「朝倉熟柿『ふゆ』」というのがあったのです。

いただいてみたら
これが、とても美味なのであります。

見た目は、「とおりもん」にそっくりで
食感もそっくりではあるのですが

中の餡に、熟した柿が入っているのです。

わたくし、果物好きで
柿は、その果物の中でも、かなり上位なのですが
このお菓子は、柿好きな人にとっては
たまらん味わいでは?と思うのであります。

九州全土で販売されてるのかどうかは
わかりませんけど
福岡周辺で、もしみかけることがあったら
「柿」が好きだという人は
ぜひ、チョイスしてはいかがでしょうか?



明星チャルメラ「ちゃんぽん」



袋入りのインスタントラーメンといえば
長年「サッポロ一番塩ラーメン」が
自分にとっては定番でありました。

最近は
「マルちゃん正麺」に浮氣しておりましたが
九州に行くようになって
自分は「ラーメン」より「ちゃんぽん」の方が好きかも?
と思って買ってみたのが
明星チャルメラ「ちゃんぽん」です。

明星チャルメラといえば
おじさんのイラストがおなじみの
ロングセラー商品でありますが

この「ちゃんぽん」は
野菜をどっさり投入して
コチュジャンを入れてピリ辛にしていただくと
かなりイケるのであります。

しばらくは、
わが家の定番ラーメンになりそうです。

登利平「鳥めし」



群馬県の高崎は
夏が暑くて、冬が寒いこと以外では
とても便利で住みやすい街だと思うのでありますが
「これ」といって
他県の皆さまに自慢できる名産品が無いのが
ちょいと残念なところであります。

都心から遠くなくて
関東平野から山まで高低差があって
水も豊富で、冬の日照時間も長いので
野菜から畜産まで
多種多様な生産物があるのですが
「これのためにわざわざ出かけてきてください」
というエースが不在なのが残念なところであります。

実はわたくし
「上州のソウルフード」とか言われている
「焼きまんじゅう」という一品を
自分のオカネで買って食べたことがありませんし

過日のテレビで紹介されていた
「おきりこみ」という一品も
社会人になってから、初めて食べたくらいですから。

そんな中で、ジミなところでは
最近、ちょこちょことテレビで紹介されている
登利平の「鳥めし」が、
けっこうオススメなのであります。

わたくし、一番お値ごろな、
こちらの¥700円バージョンが一番好きです。

なんつっても、
ご飯の上に、うすくスライスされた
味付け鶏肉が乗っているだけのものなので
見た目は、どシンプルで貧相なんですが(失礼!)
いざ食べてみると、これが美味いのであります。

しかし、高崎は
こちらの「鳥めし」のほかに
◆高べんの「鶏めし弁当」
※)わたくし、こちらのほうが好きです。
同じく
◆高べんの「だるま弁当」
おなじみである、
◆おぎのやの「峠の釜飯」など
交通の要地ということもあってか
「お弁当」は、なかなか充実していると
思うのであります。

どれも、見た目はジミでシンプルだけど
素朴な味わいで
飽きがこないってなところが
県民性ってやつでしょうかね?

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR