ビートたけし著「ヘンな生き物がいっぱい」



過日、NASAから
もったいぶった発表がありました。

なんでも、地球から39光年の場所に
地球にきわめて似ている惑星を発見したので
ひょっとすると、
生命体が存在しているかも!

ってなことですよ。

で、「39光年」ですが

ちょいと調べてみたら
現在、最も早い有人ロケットに乗ると
1光年行くのにかかる時間は
2万年だそうですよ。

つまり、39光年先の惑星にたどり着くのに
現在の地球人の能力では
78万年かかるっつーことになります。

そんなところに
お釈迦様以外で
誰が行けるんだっつーの!

78万年もかかる場所のことを
考えてるヒマがあったら
今、われわれが住んでいる星にあって
解明されてないことを研究したほうが
よっぽどタメになるんでないの?
と思ってしまうのであります。

なので、わたくしは
もしも
「宇宙か深海か、
 どちらか好きなほうに連れてってやる」
と言われたら
迷うことなく「深海」を選びます。

だって、宇宙には、
果てしなく何も無い可能性もありますが
深海には、確実に
いろんなイキモノがいるのが
分かってますからね。

こちらの本は、ブッとんだ生物研究者と
たけしさんの対談でありますが
数年前に話題となった
「ダイオウイカ」のセンセイも掲載されています。

史上初で、
動くダイオウイカの映像が撮影されて
世界中の話題になりましたが
(思わずDVD購入しました)
実は、深海には、ダイオウイカが
うよいよいるらしいですぜ。

子どものころ、
図鑑を見るのが好きでしたが
深海で、
マッコウクジラとダイオウイカが格闘してる絵は
悪夢のように感じたものでしたよ。

宇宙に行くのに、
億単位のおカネを使うのであれば
そのおカネで、高性能の深海潜水艇を開発して
マッコウクジラとダイオウイカの格闘映像を
おれに見せてくれよと思ってしまいます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR