カーニバルが終わって



リオデジャネイロオリンピックが閉幕しました。

準備の遅れだとか、治安の悪さだとか、
蚊だとかで
いろいろと、心配されておりましたが
日本選手の活躍もあって
たいへん楽しませていただきました。

面白いなと思った競技は

「男子400Mリレー」
まさか、アメリカに勝つとはね。
ボルトが最後まで本氣で走っているのを
初めて観たかもです。
一番感動しました。

「卓球」
特に、男子の水谷選手のラリーは
あまりにすごくて
どきどきして観ました。

「競泳」
ニッポンは、いつからこんなに
レベルが上がったのでしょうか?

「バドミントン」
タカマツペアの松友選手が
無表情で、前に出て行って
情け容赦なく、ベシッと打ち込むのが
なかなか笑えました

「七人制ラグビー」
なんつっても、
ニュージーランドとフランスに勝ちましたからねえ。
メダルとってれば、
リレーと並んで評価されたと思うんで、
メダルとれずに、とっても残念です。

「体操」
今の体操は、あまりにもすごすぎて
啞然と観ているしかないです。

逆に、柔道とレスリングは
以前のほうが面白かったように感じます。

特に柔道は、JUDOになって
青い道着とか着るようになってから
なんだか、違う競技になった感じがします。

重量級決勝戦のリネールなんて
あれのどこが絶対王者なんだ?って
思いましたですよ。

山下さんみたいな柔道家を
絶対王者というのであります。

ところで、最近、思うのですが
体操の内村選手・白井選手
水泳の萩野選手
フィギュアスケートの羽生選手
卓球の水谷選手・伊藤選手
テニスの錦織選手
などなど、
若いのに、世界のトップと
堂々と渡り合って、
しかもしっかり結果を出す日本選手って
以前は、あまりいなかったような氣がします。

とてもアタマが悪い言い方をしますが
もし、これが、
悪名高い「ゆとり教育」の結果だったとしたら
実は、大きな成果があったんではないかと感じます。

なぜならば、
これからは、グローバルの時代なんだから
平均的にまあまあよりも
多少平均点は下がっても
ズバ抜けた人材が出てきたほうが
世界と競争できるし、
またそうでなければ、世界と競合できない
とも思うからです。

あと、いつものことながら
ちょいと「イラッ」とした発言ですが

「金より価値のある銀」
⇒そんなもんねーよ。
 金は金・銀は銀・銅は銅です。
 たいへんな努力をして
 金を獲得した人を侮辱しています。
 運も実力のうちなのです。

「国民の皆様に感動を与えたい」
⇒感動は、受けたほうが勝手に感じるものであり
 競技する側が意識することではないはずです。
 
とりあえず、しばらくは、余韻が残りそうな
すばらしいオリンピックだったと思います。

今から東京大会が楽しみではありますが
心配なことがひとつだけ
⇒この時期に東京で開催して
 日中にマラソンなんかやったとしたら
 はたして大丈夫なんだろうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR