さらば「肉みそラーメン」



去年の暮れに
「ほしの食堂」が閉店しました。

そして、今年の暮れは
「東竜」が閉店することになりました。

わたくし、
「ラーメン」に執念は持っておらず
有名店とはいえ
並んでまで食べるくらいなら
「幸★苑」で十分満足ってなもんで
ラーメンマニアから見たら、
フトドキものなのであります。

そんなわたくしが
ひと昔前に設定した
ラーメンベスト5が
1・蒲郡「マルナカ」タンタンメン
2・恵比寿「香月」
3・高崎「東竜」肉みそラーメン
4・浜松「三太」ネギみそラーメン
5・該当ナシ
参考
⇒高崎駅立ち食いそばコーナーの
 「ラーメン」&「みそラーメン」
ってな感じでありました。

実はわたくし
幼少のころ、ラーメンといえば
「サッポロ一番塩ラーメン」であり
お店のラーメンに関しては
あんまり美味しいと思ったことがなく
あえて、ラーメン屋さんに行って
ラーメンを食べたいと思ったことがなかったのでした。

高校に入学して
運動部仲間から
「東竜」というお店を教えられて
初めて行って食べたのが
「肉みそラーメン」でした。

おそらく、そのとき
お店で食べたラーメンが
「美味しい!」と感じた
初めての体験でした。

注)「サッポロ一番塩ラーメンは
  昔も・今も・これからも大好きです。

当時、
週末に東竜の前を通って
店内をのぞきこむと
必ず、運動部の知り合いがいた
というくらい
「東竜」は、なじみのお店でした。

そういえば、当時
「東竜のおやじは、店の前に自転車をとめると
 キャベツをとりに行くふりをして
 自転車のタイヤをパンクさせる。」
とか、まぬけな都市伝説があったっけなあ。

「東竜」は、
昭和の時代は、デパート裏通りで
高崎の中心街の一角でした。

その後、デパートや新星堂が撤退して
慈光通りがさびれてきたあとでも
「東竜」だけは、
新旧のファンでにぎわっていたのでした。

わたくしが、高崎に
家族と戻ってきた後
奥様を、最初にお連れしたのが
「東竜」でありました。

今になって思えば
「肉みそラーメン」は
昭和の時代に
高崎の街中が元氣だったころ
そこで生活していた一部の者にとっては
まさに「ソウルフード」だったのだと思います。

街中が寂れた後でも
お昼時は座ることができないくらい混んでいて
いつも2時過ぎに行っておりました。

つまり、時代と環境は大きく変化しても
ずーっと繁盛していたということなのです。

街の名店が、
時代の流れの中で
惜しまれつつなくなっていくのは
なんともやるせない氣持ちになります。

でも幸いにも
「ラーメン」に関しては
上記のうち、二店舗は健在ですので
注)恵比寿「香月」は、いつのまにか閉店。
まだ、マシかなと思わないとですね。

「カツ丼」は
「ほしの食堂」が閉店して以来
食べておりませんし。

とりあえず
長年お疲れさまでしたとしか
言いようがないようですよね。

自分にとって
昭和の高崎が
またちょっと、遠くなったように感じます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR