オーネット・コールマン



オーネット・コールマンが亡くなったそうです。

享年85歳だったそうです。

以前も書きましたが
この人の音楽は、最初聴いたとき
「これのどこがいいんだか?」
ってなもんで、さっぱりわかりませんでした。

それでも、たまに氣になって聴いているうちに
ある日、自分の感性のチューニングがアジャストして
聴いていて、キモチよくなるというものです。

アコースティックのトリオから
エレクトリックのファンクまで
時代に合わせて、変化していきましたが
自身の個性だけは、一貫していたように感じます。

ジャズの歴史の中でも
ワン・アンド・オンリーの存在であり
ずばぬけたオリジナリティがあったのではないでしょうか?

これでまた、「ジャズの巨星」が
ひとつ消えてしまいました。

なにかで読んだのですが
「ジャズ」という音楽にとって、
21世紀の前半とは
「巨人」と言われている人たちが
この世の中からいなくなってしまう時期である。
とのことです。

寂しいですが、それもまた現実です。

しかし、「巨人」といわれるプレーヤーの音楽は
時代が変わっても色あせることはありませんし

自分にとっては
巨人たちの残した作品で
まだ聴いていない作品のほうが
はるかに多く残されているというのが
ジャズの素晴らしいところです。

オーネット・コールマンの音楽は
毎日聴きたくなるようなものではありませんが

それでも、一回ハマってしまうと
定期的に、ムショーに聴きたくなるという
不思議な魅力があります。

今後も、たった一回だけ、ナマで聴いたときの
どハデなプリントスーツを回想しつつ、
聴いていこうと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR