有明海にて、わしも、ちょいと考えたよ。



なんやかんやあって、
これから、たびたび九州に行くことになりました。

九州とは
広い
空が違う
山が深い
そして
そこらじゅうに火山あり
ってな感じでしょうかね。

とにかく、あちこちに、
活性化した火山があります。

今回のコースでも
長崎の雲仙
熊本の阿蘇山
鹿児島の桜島
鹿児島の霧島
ってな火山があり
まあ、そこらじゅうイオウのにおいで
くせえんですよ。

だから、温泉にとまると
どこも源泉かけ流しってのが
うれしいところであります。

熱湯の温泉が
ボコボコあふれ出てるから
「わかす」なんてことしなくて
逆に、さまさなきゃ入れないってな感じです。

道端の側溝から
蒸氣がモコモコ出てて
山のてっぺんから、ケムリがもくもく出てりゃ
そりゃ、韓国だとか中国をはじめとして
海外から観光客がくるの
わかるような氣がしますよ。

近くでこんな風景見れるとこって
世界でも、なかなか無いもんね。

さて、画像は
長崎の「有明海」にある、干拓堤防です。

しばらく前に「ギロチン」とか例えられて
「ムダな公共工事」だとか
「海を破壊する」だとか騒がれてた
悪名高い場所ね。

そういえば、前政権の、
H元首相やK元首相
政権とる前の野党時代で、
まだ威勢が良かったときに
現地に出かけていって
テレビカメラの前で、
「今すぐ水門あけろ」とか
担当に圧力かけてたっけな。
(そんなこと、できっこねえだろうがよ。)

ま、ルーピーな人たちはともかく
当時の自分は
莫大な税金投入して
一部の業者だけがいい思いをして
生態系と環境を破壊して
そのうえ、
あんまり効果がない事業としたら
こんなこと繰り返してる人間ってイキモノは
救いようのない間抜けだなと思っておりました。

しかし、実際に現地に行って
堤防に併設された道路を走ってみると
この道路があるおかげで
距離と時間を、
思いっきりカットすることができるんだな
ということを実感しました。

おそらく、現地の皆さんは
この干拓事業に関して
メリットとデメリット
賛成と反対は両極端だと思います。

でも、たんなる通りすがりの自分が
きわめてノーテンキに感じたことは
あれだけブッ叩かれておりましたが
少なくても、その日のおれにとっては、
とても役に立ってるじゃないか
ということです。

大型の公共事業や
インフラの整備という問題は
いろいろ難しいんだなってことを
大雨警報発令中の長崎で
ちょいと考えてしまいましたよ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR