石塚真一「ブルージャイアント」



いい歳して言うのも、ちょっと躊躇しますが

わたくしは、マンガが大好きなのであります。

でも、過日
麻生元総理の講演を聴いたとき
(すげーおもしろかった)
経済とか外交の話から
いつのまにか、独自の漫画論になってたんで(おいおい)
一国の元首相だって、堂々とマンガ好きを公言してんだから
まあ、いいかってなもんかもね。

この歳になると
すべてのマンガがオッケーってなわけではなくて
目と脳が受けつけてくれないってのも出てきます。

たとえば、世界的な大ベストセラーでもある
「ワンピース」なんかは
面白いとか、好き嫌い以前に
物語が脳みそに入っていきませんので
どういうストーリーなのかもわかりません。
(あくまでも、問題はこっちにあるのですが。)

そんななかで、
最近もっともハマっているマンガがこちらです。

石塚真一「ブルージャイアント」です。

ビッグコミックで連載中です。

内容はというと
背伸びした友人に、ジャズを紹介された中学生が
たまたまライブで聴いたジャズに心を打ちぬかれて
世界一のジャズプレイヤーを目指すってストーリーです。

最初、連載がスタートしたときには
現代社会で、ジャズプレーヤーを目指す少年って
かなりムリがあるんでないのと思いましたよ。

だって、ジャズなんて
昔の名盤はともかくとして
新しいムーブメントって、あまり聞こえてきませんからねえ。
(おれが知らないだけかもだけどさ)

それに、紙面からは
一番肝心な、「音」が出ないしね。

で、最近、ビッグコミックを、たまたま読んでみたら
小さな支流が、大きな流れになりつつあって
うねりはじめた
ってな感じの内容になっていたもんですから
思いきって、単行本を全巻購入して読んでみましたよ。

いやー、泣けたね。

音が聴こえてくるような画力に加えて
暑くて熱い青春ドラマであり
家族愛や人間ドラマでもあり
なんつっても、
ジャズの楽しさを体感できる内容なのでありますよ。

母親との死別や
親友・家族・カノジョとの別れがあって
東京に出て行ってジャズプレーヤーを目指す
という内容だと、
ややもしたら、暗くて湿ったものになりますが
ぜんぜんそんなことがなく
登場人物が魅力的な人ばかりなので
とにかく、読後がさわやかで元氣になります。

ということで、
わたくし、枕元において
就寝前に読んでおりますもんで
ジャズ好きな人もそうでない人も
ぜひ、一読をオススメいたします。

もちろん、ジャズが好きな人のほうが
より楽しめるとは思いますが
読んだら、ジャズに興味がない人も
ジャズを聴きたくなるのではないだろうか?
と思える作品なのであります。

で、オマケなんですが
音楽を聴きながら読むと
面白さが何倍にもなりますもんで
作品に出てくる曲で
わたくしがオススメなアルバムを紹介してみます。

一巻で、主人公が歌い、二巻でカノジョに聴かせる
「モーメンツ・ノーティス」は
①ジョン・コルトレーンの「ブルー・トレイン」

二巻で、師匠に初めて演奏を披露する
「チュニジアの夜」は
②ソニー・ロリンズの「ビレッジバンガードの夜」

三巻で、学園祭でソロを吹き、全校生徒の度肝をぬく
「カウントダウン」は
③ジョン・コルトレーンの「ジャイアントステップ」

四巻で、初めてのセッションで、共演者を圧倒する
「チェロキー」は
④アート・ペッパーの「アット・ビレッジバンガード」

④のみ、ちょっとレアですが
※)テナーのワンホーンカルテットで、
 「チェロキー」演ってるオススメがあったら教えてください。
①~③は、ジャズのCDがあるお店だったら
どこでもあるはずの、テッパンの名盤です。

三巻の学園祭と
四巻のセッションの部分は
何回読んでも、感動して涙が出てくるほどの臨場感です。

でも、学園祭のとき、モヒカン刈りで
いきなりテナー・サックスのソロで吹いたのが
ジョン・コルトレーンの「カウントダウン」とくりゃ
そりゃ、誰だって度肝を抜かれると思いますよ。

ものすごさを体感するため
③の「カウントダウン」という曲は
このマンガを読むとき、ぜひ聴いてほしいなと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR