梅醤番茶



この、駄ブログの「健康」というジャンルにて
以前、カゼをひいて、発熱したときには
「生姜紅茶」を摂ると紹介しましたが

寒い季節になると、
めざめの一杯として、夫婦で飲んでいるのが
「梅醤(うめしょう)番茶」です。

以前、健康をテーマにした講演会を聴きに行ったとき
「梅醤番茶」は
昔から伝えられてきた民間療法で
科学的な根拠もあり、
すぐれた健康法だから
ぜひ習慣にするべきだと、すすめられました。

ためしてみると、手軽の上、美味しいので
続けてやっています。

こういうのって、いくらすぐれてても
まずかったり
お金がかかったり
めんどくさかったりしたら
絶対に続かないですからねえ。

実は、かなり有名なようで
書籍やネットにて、多数紹介されておりますので
仔細は、そちらを参考にしていただくとして

つくりかたは、とてもカンタンです。

要は、梅干いりのお番茶ってことですから
カンタンもなにもないのですが
いれかたには、ちょっと、コツがあります。

まず、前提として
品質の良い材料を使うことです。

基本的に、国産で、
無添加・無農薬・有機栽培のものを
選ぶべきなのだそうです。

材料は、
梅干し・お醤油・生姜・お番茶ですから
そんな高価なものではありませんし
だいいち、健康のために飲むのだから
ちょっと安いからといって
農薬使っていたり、
添加物入りの材料をつかったら
あんまり意味ないのではないでしょうかね。

以下、受け売りですが

①「お番茶」は、無農薬・有機栽培はもちろんですが
 「三年番茶」がよろしいそうです。
  なぜかというと、三年熟成されてるので、
  飲みやすく、おなかにもやさしいのだとかです。

②一番注意しなくてはいけないのは
 「梅干し」だそうです。
  実は、原材料が梅としそと天然塩だけで
  きちんと干してある梅干しは、あまり売っておりません。
  安い梅干しのほとんどは
  着色料や保存料などの添加物入りで、
  化学調味料で味付けした「梅漬け」だそうです。
  原材料(梅・しそ・天然塩のみ)をよく見て、
  「天日干し」と書いてあるものが
  ホンモノの梅干しで、よろしいそうです。
  注)お値段は「梅漬け」の倍以上しますが
    ン百円のレベルですから
    1個に換算したら、10円とか20円です。
  パッケージに記載されている
  材料をよく見て選んだほうが
  よろしいかと思われます。

手順としては(二人分)

①梅干し1個を半分に割って
 大きめの湯飲みに入れる。

②お番茶を、ヤカンに入れて
 少量の水を入れて沸かす。

注)沸かさないとお茶が出ません。
  また、沸騰したお茶は、熱すぎるので
  沸騰した後で注水してさまします。

③生姜をすりおろして、茶漉しに入れて指でおし
 生姜汁を湯のみに入れる。

④醤油を湯のみに入れて(適当)、
  割り箸で梅干しをつぶしながら
  ペースト状になるまで、よく練りこむ。

⑤お番茶が沸騰したら、注水してさまし
  湯のみに入れて、よく混ぜて飲む。

たった、これだけです。

ふたたび受け売りですが

梅干しには
◇殺菌効果 
◇クエン酸(疲労回復) 
◇血流を促進する効果

生姜には
◇身体を温める効果
◇血流を促進する効果

醤油には
◇アミノ酸が豊富
◇醗酵食品

番茶には
◇ビタミンC
◇身体を温める(注・緑茶は身体を冷やす)
◇カテキンが含まれている

という効果があるので
朝、空腹時に飲むと
◇胃腸内の不安定な悪玉菌を殺菌
◇胃腸を活性化
◇血流を促進して身体を温める
となるのだそうです。

実際に、冬の朝に飲むと
身体の中から暖かくなって
汗がにじんでくるほどです。(本当!)

冷え性で困っている人や
(わたくしは、冷え性ではありませぬ。)
冬の朝は、なかなかエンジンがかからないという人は
試してみる価値はあると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

それいいですね。

こんばんは。

是非飲んでみたいと思います。
健康に良いと言われるものには興味深々です(笑)

No title

カールママさま
ぜひ、おためしください。
おおっ! 
とビックリするくらい効きます。

No title

追伸

カゼをひいたら
生姜の量を増やすとよいです
プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR