ジョン・コルトレーン「クレッセント」




敬愛する先輩であるタゴさんと

※)タゴさんは、幼稚園・小学校・中学校・高校の先輩であり
 そのうち、幼稚園と中学校は、今は存在しません。

「ジャズとお酒を楽しむ会(仮称)・不定期例会」
に出席してきました。

会のメンバーは、
わたくしとタゴさんの二名です。

場所は、最近定番となった「クレッセンド」様です。

やることは、ただひたすら、
お酒をチビチビ飲みながらジャズを聴いて
ジャズに関するオタク話をしてるだけですけどね。

「クレッセンド」様のナイスなところは
ハイ・クオリティのオーディオセットで
アナログLPのレコードを聴けるということなのです。

お店には、売り物のジャズレコードがたくさんありますが
希望のものを、視聴させてくれますしね。

このお店にくるようになって氣づいたのですが
「ジャズを聴く」といっても
LPレコードを聴くことと
CDを聴くということは
実は別のことなのです。

あくまでも自分の感覚ですが
LPレコードの音は、聴いていてくたびれないのです。

なんと言うか、
脳みそが、ぬるめのシャワーを浴びているような
心地よさがあるのです。

だから、身心ともに煮詰まったときは
キモチいいので、ずっと聴いていられるのです。

ということで
最近では、自宅にあるジャズのLPレコードを
捨てるのも、しのびないので、
少しずつ持参して、
サービスいただいているお代の足しにと
引きとっていただいてます。

自宅に、
アナログレコードを聴けるオーディオセットを
組みたくても、経済的にムリだし
万が一できたとしても
デカい音量では聴けないし
(注・ジャズはデカい音で聴かないと良さがわかりません)
ゆっくり聴いてる時間もないしってなもんなので
なら、ジャズ喫茶に行ったほうが
よっぽど世話ないですもんね。

いいお店を紹介していただきました。

今回お持ちしたLPの一枚が
ジョン・コルトレーン「クレッセント」です。

「至上の愛(よく考えたらすげータイトルだな)」の
前あたりにリリースしたアルバムなので
最強といわれているレギュラーカルテットが
全盛のころでしょうかね?

このあと、コルトレーンさんは独走してしまって
ずぶずぶのグチャグチャになり
マッコイさんとエルビンさんが逃亡してしまいますので
いわば、
コルトレーンがフツーだったころの名盤だと思います。

コルトレーンは、名盤がたくさんありますが
全盛期のレギュラーカルテットのアルバムでは
かなり好きな一枚なのであります。

ひさびさにLPで聴くと
やっぱ、ウオークマンとは味わいが違いますよねー

やっぱりコルトレーンはいいなあと思った一夜でした。

タゴさん、ありがとうございます。
次回もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR