ぐんまちゃん



「ゆるキャラ」というのは
わたくしが大好きな、みうらじゅんさんがつくった造語です。

しかし、この人って、マイブームと言っているものが

◆いやげもの⇒もらって迷惑なおみやげ

◆とんまつり⇒ご当地以外の人がみたら
       どう見ても、とんまなことをしているお祭り。

◆カスハガ⇒絵葉書セットの中に1・2枚必ずある
      まったく使えない絵柄の絵葉書。

◆ヘンヌキ⇒凝りすぎて、異様なデザインの栓抜き。

◆ヌートラ⇒ヌードの絵柄のトランプ

◆ギャップ⇒まぬけな刺繍がはいっているキャップ

などなど、
いい歳して、ナニ考えてんだってなもんで。

「ゆるキャラ」というのは、自分の見解では
みうらじゅんさんが言い始めた当初は
「地域で、真剣に考えたものの、
 微妙にズレてしまって、
 ゆるゆるで、失笑をかっている
 一般的に知られていない、
 マイナーご当地キャラクターを
 暖かい目で見つつ、おもしろがる。」
というコンセプトだったと思うのです。

それが、いつのまにやら、
最初から
「ゆるキャラ」グランプリをめざすので
皆さん、応援よろしくお願いしますってのは
ちょっと、「ゆるキャラ」という本質から
逸脱しつつあるんではないの?
と感じてしまいます。

だから、最近では
好感がもてる「ゆるキャラ」と
そうでないのとに、わかれるように感じます。

企画当初から、力みすぎてて、
ムリヤリ盛り上げようとしてるのは、ちょっとねー。

そんななかでも、地元の「ぐんまちゃん」は
いつのまにか、すっかり浸透しておりましたので
身内びいきとかではなくて
かなり、いいセンをいっているのでは?と思っています。

県庁の職員さんが考案したってのも
素朴で、ナイスなところです。

最近では、高崎市内や、県内のあちこちで見かけて
すっかりとなじんでおりますし。
なんと言っても、
地域のチビっ子たちに、ビックリするほど大人氣なところが
あざとい大人が、ムリヤリ盛り上がっているだけではない
ということの、証明なのではないかと思います。

デザインも、スッキリしていてかわいいので
ゆるキャラグランプリにて
二年連続で第三位というのも、わかるような氣がします。

別に、グランプリなんかとらなくてもいいから
群馬県内の隅々まで根付いて
末永く
地域のシンボルになってくれたらいいのではないかな
と思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR