ソニー・ロリンズ「サキソフォン・コロッサス」



今回、引き取っていただいたレコードの中の一枚です。

ソニー・ロリンズ「サキソフォン・コロッサス」。

全てのジャズアルバムで
名盤トップ10の中に、
確実にランクインするんではないでしょうか?
ってなくらいの名盤&定番。

たしか、高校三年生のとき
ジャズを聴き始めてから、
かなり早い段階で購入したレコードです。

自分にとって「名盤」の定義とは、いくつかありますが
「全曲、ストレスなく聴くことができる。」
ということから考えると
二曲目の「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラブ・イズ」が
あまりにもヤボったいのと
(注:個人的な意見なので、いちいち異議申し立て不要です。)
五曲目の「ブルー・セブン」が
当初は、ちょいと、良さがわかりませんでした。

「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラブ・イズ」は
今聴いても、「これは、ちょっと。」ってな感じであり
バラードは、ジョン・コルトレーンのほうが上だなと思うのでした。

それを差し引いたとしても
他の曲でのロリンズといったら
神がかっているんではないの?
ってくらいのすごさです。

「セント・トーマス」で、
マックス・ローチのドラムソロのあとに
待ってましたといわんばかりの吹きっぷりや
「ストロード・ロード」で、
ダグラス・ワトキンスのベースのみで
ドライブ感あふれるソロを吹くところなんかは
何回聴いてもゾクゾクさせられます。

「セント・トーマス」は、おそらく、
ソニー・ロリンズ以外の人が演奏しても
キマらないんだろうなーと、改めて感じました。

というより、当のソニー・ロリンズでも
この録音当日以上の演奏は、できないのではないか?
と思っております。

久々にLPレコードを
ハイグレードのオーディオセットにて
大音量で聴いた「サキソフォン・コロッサス」は
とてもキモチ良かったのでありました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR