ライブ・アンダー・ザ・スカイ



CDを整理(断捨離ね)していたら
こんなCDが見つかりました。

ライブ・アンダー・ザ・スカイ10周年記念プログラム
(よみうりランド・オープンシアターイースト)
「トリビュート・トゥ・ジョン・コルトレーン」です。

実は、わたくし
これを、現場で聴いておりました。

メンバーは
デイブ・リーブマン(SS)
ウエイン・ショーター(SS)
※)二人とも、ソプラノしか吹きませんでした。
リッチー・バイラーク(P)
エディ・ゴメス(B)
ジャック・デジョネット(DS)
です。

このあと、ワールド・サキソフォンカルテットも加わったのですが
それは、ここには収録されておりません。

いやー、今、改めてみると
すごいメンバーだなー。

今から、27年前のできごとですよ。

当時の愛車、ヤマハXJ400Zで行ったっけなあ。

あまりの暑さと渋滞で、
バイクがエンストしそうになったのにはアセッたよ。

このときは、10周年記念ってこともあって
プログラムが盛りだくさんだったんだけど
進行がイマイチで、
途中、けっこう観客席からブーイングが出てました。

それが、夕暮れのころの、
ウエイン・ショーターのあたりから
暗くなったあとの、マイルス・デイビスで
一氣に盛り上がったのでした。

マイルス・デイビスバンドが終わって
(マイルスは、ナマで3回聴いたけど
 このときが、圧倒的にナンバーワンでした。
 とにかくスゴかったです。)
余韻が残っている中で
デイブ・リーブマンが松葉杖をつきながら登場して
一曲目が「ミスター・PC」
二曲目が、デイブ・リーブマンとリッチー・バイラークがデュオで
「アフター・ザ・レイン&ネイマ」
最後が、「インディア&インプレッションズ」

ウエイン・ショーターなんて、今、80歳だし
他の皆さんも、ほとんどいまだ現役だと思いますけど
27歳若いとなりゃ、そりゃもうバリバリなわけですよ。

ジャズのライブを聴いて
なんだかわからないけど
涙がボロボロ出たのは、生まれて初めての経験でした。

だいぶ前に、ライブ・アンダー・ザ・スカイもなくなって
できれば復活してほしいなと思ったりしますけど
まず、これだけのレベルのメンバーが、今ではいないし
屋外のジャズのライブに、満員の観客が集まって、
こんな演奏を聴けるとも思えないので
これは、もはや、旧き良き時代のできごとなのかもですね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR