災害は忘れたころに



セキチュー様に行ったら
四角いスコップが、ようやく入荷しておりましたので
即、ゲットしてきましたよ。

今年は、二度にわたる大雪で
特に、二回目のときは、高崎が陸の孤島になってしまい
エラい目にあいました。

観測しはじめて、初の大雪だったとのことですが
今後も「南岸低氣圧」とやらが発生したら
今回のような大雪が降る可能性は、十分にあります。

しかしさ、最近は
「たつまき」
「爆弾低氣圧」
「ゲリラ豪雨」
「超大型台風」
そして今回の「大雪」ということで
自然現象が、
春夏秋冬とわず、過激になってるように感じます。

「異常氣象」と言ってしまうのはカンタンですが
「異常」も繰り返したら、「通常」なんだから
備えておかねばいかんってことなんだと思います。

今回の大雪で、教訓になったことを紹介します。

今回、幸いにも体験していないエリアの皆さまは
ぜひ、参考にしていただきたく思います。

①「カーポート」の雪おろしは早めに。

 よくみると、
 「20センチ積ったら、雪おろししてください」
 って、注意書きしてあります。
 会社のメンバーは、4件被害にあいました。

②雪かきは、凍ってしまう前に。

 今回、高崎市内の積雪は80センチです。
 積った雪の前では、呆然と立ち尽くしてしまいますが
 後回しにして、凍ってしまうと手に負えません。
 会社横の歩道は、アイスバーンが20センチだったので
 ツルハシが必要だったほどです。

③過剰にならない程度の備蓄が必要。

 今回は、電車が数日運休となり
 トラックも走れなくなりました。
 物流がマヒすると、スーパーやコンビニから
 食料品は消えてしまいます。
 まるで、2011年・3月11日直後のようでした。
 災害は、いつやってくるか予測できません。
 買い物ができなくなり、インフラがマヒしたときのために
 家族が生きていくのにナニが必要か?
 考えてリストに書き出して、準備することが必要です。
 (水・食料品だけでなく、トイレに至るまで。)

④雪かきアイテムは万全に。

 数年前に雪が降ったとき、
 木の柄で、プラスチック製の、大型雪かきスコップを
 家族の人数分(4本)そろえてありましたが
 今回、まったく役に立ちませんでした。
 プラスチックと、木の部分が劣化して
 全部、すぐに壊れてしまったからです。
 雪かきスコップは、
 オール金属で、四角いタイプでないと役に立ちません。
 プラスチックの雪かきスコップが活躍するのは
 雪が降った直後だけです。
 また、凍結したときは、スコップではダメなので
 三本歯の「備中鍬」が役に立ちました。
 雪を移動するには、子どもが遊ぶ「そり」が活躍します。
 また、雨の中、雪かきしなくてはいけない場合もあるので
 完全防水のウエアも必要となります。
 スキーに行かなくとも、スキーウエアがあったほうがいいです。
 長靴は、内側がボアになっていないと
 寒くて、長時間の作業はできません。

などなど、いろいろ体験させられましたよ。

というわけで、今のうちに、
四角いオール金属製スコップをゲットしました。

思い返してみれば、大学三年の春休みに
八王子で合宿してたら、
大雪が降って、体育館が倒壊したんだから
まだ、油断できないんだよね。

災害は、忘れたころにいきなりやってきますので
記憶に残っている時期に準備しとかなきゃですね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR