樋口毅宏「民宿雪国」



新年そうそう、新幹線がとまってしまいまして
浜松から東京まで、東海道線鈍行にて、
5時間・立ちっぱなしで移動しました。

仕事はじめで、腰痛になってしまいましたよ。

おかげで、車中にて、本を二冊も読んでしまいました。

そのうちの一冊が
樋口毅宏「民宿雪国」です。

大きな声では言えませんが、去年読んだ本の中で
一番面白かったかもなので、再読です。

なんで、大きな声で言えないかってーと
内容が、ハンパでなくとんでもないからです。

正義・道徳・倫理・モラル・ルールなどということを
いっさい無視した内容です。

具体的にいうと
殺人・強姦・人種差別・戦争犯罪・家庭内暴力
凌辱・拷問・同性愛・近親相姦・詐欺などなど
まあ、ありとあらゆる、反社会的行為が
怒涛のようにつめこまれています。

ふつう、こういう内容の本は
読むにたえないものでありますが
あまりにもとんでもなさすぎて
むしろ、わらってしまうというところが
すごいところではあります。

ヨコイヒデキとか、マツモトチヅオとかも出てくるしね。
(そんなやつら出したらダメだろ)

なんか、出版社三社から
発刊を断られたということですが
そりゃそうだわなと思います。

戦時中の、朝鮮半島の買春関連も
これでもかと記述されてるんで
ちょっと前なら、絶対に出版されなかったように思うな。

「人間とは、愚かで・きたない生き物である。」
ということを前提に
あくまでエンタテイメントとして読むなら
アメリカのB級バカ映画みたいでおもしろいと思うよ。

ただし、ハートが繊細な人にはオススメしませんよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR