フランシス・F・コッポラ「ゴッドファーザーPARTⅡ」



「ゴッドファーザー」の映画を劇場で観て
30年ぶりに原作を読んだとなったら
そりゃ、フツー
「ゴッドファーザーPARTⅡ」も観に行ってしまいますわな。

こちらも、連続で、アカデミー賞作品賞ですしね。

ウチの奥様を誘ったのですが、
「いらね」ってなことだったので
今回もひとりで伊勢崎に遠征してきました。

日曜日の朝から、わざわざこんな映画を観に来てるのは
9割が、単身の中高年おじさんでした。
(ま、たしかに、ナニが悲しくってってなもんだわな。)

で、感想は?ってことですが

「なげー! 
「前作以上に、暗くて重てー! 
「ハナシが、よくわかんねー! 

ってな感じでしょうかね。

そりゃ、アカデミー作品賞ですから
間違いなく面白いし、すごい作品なのは実感できますが
ふつうだったら、二本分の内容を
ムリヤリ一本につめこんで 
しかもン十年分の時代が
いきなり交互にクロスオーバーするので
ヘビーなうえに複雑で、しかも4時間弱ですから 
かなり、観る側に、体力と知力のスタミナが要求されます。

これって
「ヴィトー・コルレオーネが、ドンになるまで。」で一本。
「マイケル・コルレオーネが、ドンになってから。」で一本で
パート2・パート3の作品にしてたら、
もっとわかりやすかったんでないの?と思います。

特に、ヴィトーが出世するまでは、
原作にあるので、まだしも
マイケルが、家業を継いでからのハナシは、原作にないので
人間関係とストーリーを理解するのに
けっこう苦労させられました。

そもそも、フランクっておっさんは
どうやら大物みたいだけど、いったいナニモノだよ?と思っていて
結局、よく分からないで、後でネットであらすじを読んだら
コルレオーネファミリーの重鎮幹部である
ピーター・クレメンツァ役の俳優が、モメて出演できなかったため
急遽、クレメンツァが死んだということにして(おいおい)
クレメンツァの後を引き継いだ幹部が
フランクってことになってるそうで
それじゃわかんねーだろっての。

コッポラ監督って、「地獄の黙示録」という
何度観ても、観れば観るほどワケが分からなくなるという
名作なんだか、駄作なんだか、
とりあえず映画史に残る問題作を残しておりますが
ワケわかんない大作をつくる素地は
このころからあったんだなと推察できます。

わたくしが思うに、この作品を十分楽しむためには
1)原作を読む。
2)「ゴッドーファーザー」の映画を観る。
3)もう一度原作を読む。
4)インターネットで検索して
 「ゴッドファーザーPARTⅡ」のあらすじを見ておく。
5)「ゴッドファーザーPARTⅡ」の映画を観る。
6)再度インターネットで検索して、あらすじを見て
  よくわからなかった部分をチェックする。
7)もう一度「ゴッドファーザーPARTⅡ」の映画を観る。
という流れが必要ではないでしょうか?

うわー、めんどくせー。

でもね、この作業をやりたいなと思わせるくらい
魅力がある作品ってことかもしれないですね。

自分は現在、⑥の段階であります。

もはや、映画館での上映は終了しておりますが
アタマの中は整理されましたので
どこかで時間を捻出して、
DVDを観賞してみたいと考えております。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR