チャールス・ミンガス「道化師」



ジャズを聴き始めて間もない、
大学生のとき好きだったのが、
ベースの巨人・チャールス・ミンガスです。

ミンガスといえば
あの、マイルス・デイビスが天才と認めているものの
どうにも困った、めんどくさい変人おやじだったようで
ドキュメンタリーのビデオ見たら
インタビューの途中に、
いきなり、天井に向かって、
ライフル撃ったりしてますしね。
(おいおいおい)

デカいのに、氣にくわないと、
すぐぶん殴るという
できるだけ、お近づきになりたくない類の人だったようです。

ミンガスの音楽はというと
そういう人が創っているだけに
「暗くてドロドロしている。
 しかし、メチャクチャ熱くてエネルギーにあふれている。」
といった感じでしょうか。

けっして、聴きやすい音楽ではありませんので
飲食店や居酒屋のBGMには、
セレクトされないジャズだと思います。

ま、モテないジャズの典型みたいなもんですよ。

そんでもって、
学生のときに、こんなもんを聴いていたわたくしも
モテるわけがありませんわな。

当時、いちばん好きだったのが
歴史的名盤でもある「道化師」です。

特に
「ハイチ人戦闘の歌」と
(なんつータイトルだよ)
「ラブバードの蘇生」がお氣に入りです。

たった五人で演奏しているとは思えない
厚みのあるサウンドと、
ドラマティックで変化に富んだ構成は、
聴けば聴くほどハマってしまいます。

繰り返し言いますが、とっても暗いですけどね。

軽い音楽に飽きたなという人は
たまにはこういう、
情念がこもった、重たいジャズもいかがでしょうか?

ハマったら、抜け出せなくなるよ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR