「ドント・ストップ・ザ・カーニバル」



長年探してたけど見つからなかったCDが
再リリースされました!

ソニー・ロリンズの
「ドント・ストップ・ザ・カーニバル」です。

最近、ジャズのCDは、
ショップのコーナーが小さくなっていることもあり 
一部の超有名盤を除いては、
売り切れたら、
しばらくは再発しないことがほとんどです。

だから、見つけたときにゲットしておかないとダメで
迷って先送りしてしまうと、後になって
血眼になってさがしても、なかなか見つかりません。

ま、最近は、CDの単価が安くなってるから
まだ、救われてるんですけどね。

タワーレコードに行くと
まとめてドカッと、
レーベルまるごと再発されていることがあります。
まさに、玉石混合で、
「それって、激マニアしか望んでないだろ?」
というマイナーアルバムのとなりに
幻の名盤が、さりげなくおいてあったりします。
エルビン・ジョーンズの
「ライブ・アット・ライトハウス」
が、まさにそうでした。
タワーレコードは、
定期的に店頭チェックしなくてはです。

参考までに、わたくしが知ってる範囲内で
ジャズのCDのストックが、もっともあると思われるのが
渋谷のタワーレコードか、新
宿のディスク・ユニオンです。
この2店舗にないと、なかなか見つからないかもです。

☆)「あそこのお店にも、たくさんあるぜ。」という情報を
  ご存知であれば、ぜひ教えてください。
  よろしくお願いいたします。(関東エリアがありがたいです)

話をもどして、このCDですが
テナーサックスの巨人である、ロリンズの有名盤なのに
なぜか、しばらく再リリースされなかったようです。

ドラムがトニー・ウイリアムスで
電氣ベースとギターがリズムセクションに加わっています。

考えてみたら、ソニー・ロリンズって
名盤中の名盤である、「サキソフォン・コロッサス」以外は
ふだんは、ほとんど聴きませんので
実は、あんまし好きじゃないのかな?

このアルバムは、
二曲目の「シルバー・シティ」が素晴らしいです!
というより、この一曲だけでいいや。

ロリンズのテナーソロのあと
ピアノとギターが加わる部分の氣持ちよさに、
ゾクゾクします。

トニー・ウイリアムスがひっぱる、
ゆったりしたリズムにのって
独特のコブシで吹きまくる
ロリンズのテナーが氣持ちよく
リピートして、ずっと聴いていたい氣持ちになります。

ロリンズは、80歳を過ぎて、未だ現役のようですが
バリバリのときに、ライブを経験できなかったのが、
残念でなりません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR