「ブルーズ・ムーズ」

ブルー・ミッチェル

30年以上ジャズを聴いておりますと
たまに、
ジャズを聴いたことがない人から
「オススメのジャズCDって何?」
という質問を受けます。

ジャズって、
やたらとハバが広くて、いろいろあるから
それって、極めて難しい質問ですけどね。

最近であれば、
自分にとって、オススメイチオシは
このアルバムかもしれません

ブルー・ミッチェルの
「ブルーズ・ムーズ」です。

トランペットの、ワンホーンカルテットですが
いろんなジャズのガイドブックで
オススメだったので
購入してみたら
思いっきりツボにハマってしまいました。

このアルバムの、
一曲目と最後の曲を聴いて
つまんねーなと思った人は、
感性が違うってことだから、
わたくしとジャズの話しても
おそらく時間の無駄かもね。

実は、自分は、
一曲目と最後の曲の、
二曲だけでいいんです。

一曲目が、
「アイ・ウイル・クローズ・マイ・アイズ」。
和名だと「瞳を閉じて」ってとこでしょうか?
ウイントン・ケリーの軽やかなピアノ。
サム・ジョーンズの重たいベース。
ロイ・ブルックスの、ひかえめなブラシに乗って
ゆったりとしたトランペットソロが氣持ちよいですが
この曲に関する、自分のイメージは
「春先の田舎の小川にて
 川べりに菜の花が一面に咲いていて
 シロとキイロの蝶々がヒラヒラと飛んでいて
 水面が、太陽光を反射して
 キラキラ輝きながらゆっくりと水が流れている。」
というものです。

ハデさは無いけど、
ただただひたすら、氣持ちよいです。

この曲は、実は、
トランペット・ベース・ドラムのトリオをバックに
軽やかにひく、
ウイントン・ケリーのピアノを
聴くべきモノだと思っております。
キラキラ・コロコロと転がるピアノを聴いていると
この時間が永遠に続けばと感じてしまいます。

「ウイントン・ケリーっていいよね」なんて、
ごくアタリマエのことに
30年たって氣づかされるのも、
ジャズの楽しさかもね。

ひょっとすると、この曲での演奏って
名手ウイントン・ケリーの、
生涯ベスト演奏かもって
勝手に思っております。

最後の曲の
「アイ・ウイッシュ・アイ・ニュー」は
ジョン・コルトレーンの名盤
「バラード」にも収録されてますけど
聴き比べて「これが同じ曲?」と、
ビックリするのもまた、ジャズの楽しさかもね。

こちらの曲は、ピアノトリオをバックにした
ゆったりと、流れるような
トランペットソロが聴きモノです。

クルマで出勤した日に、会社から帰る車中で
このアルバムの二曲を聴くのが定番ですが
「今日もいろいろあったけど、
 なかなか良い一日だったな。」
と、しみじみ感じさせてもらうことができます。

いずれ、自分が臨終をむかえるときは、
このCDを聴きながら目を閉じれば
「いろいろあったけど、
 なかなか良い人生だったんでないかい?」
と思わせてもらえるのではと思っています。

名盤で、再発されてますから、
簡単に入手できると思います。

ジャズを聴いて、氣持ちよくなりたい人は、
ぜひ、オススメですよ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR