わらう合戦屋

戦国屋

最近読んだ本で、一番面白かったのはこれです。

「わらう合戦屋」北沢秋著です。
(原題の“わらう”は、変換できません。)

戦国時代の小説は好きですが
リアリティを意識しすぎて
会話が、当時の方言のやつとか
旧字つかいの、歴史的な資料とかが頻繁に出てくるのは
読みにくくて、ちょっと苦手です。

一応、文学部出身なんですけど
脳ミソにスタミナがないもんですから。

この作品は、読みやすいうえに
映画を見ているような展開で、一氣に読んでしまいました。

知略と武技に優れた、天才的な豪傑が
人徳のある小さな国の領主に雇われて、地領を拡大していき
いよいよ、あの武田信玄と合い間見えることとなって・・・・

これ以上のネタバレはやめときましょうね。

時代小説が好きな人は、ぜひオススメですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR