カール・カレー味



カールが、生産縮小・東日本での販売打ち切り
というニュースが報道されてから
カールが店頭で品薄なのだそうです。

今後、チーズ味とうす味は
西日本限定で継続販売されるそうですが
カレー味は、以後、生産終了なので
あと少し経ったら
もう、食べられなくなるということです。

自分は、幼少期より
カールといえばカレー味派だったのです。

浜松に出張したとき
ローカルスーパーの店頭で
久々に見かけましたので
おもわずゲッツいたしました。

しかし、こんなに美味しいお菓子が
なんで無くなるんだろうなと思えてなりません。

ものごとは、すべて永続的でなく
つまり無常であり
アタリマエのように存在しているものは
なくなって初めて価値の大きさに氣づかされます。

あと何回食べられるかわかりませんが
名残惜しく感じます。

スポンサーサイト

アイフォンケース



祝「ラブラドール・レトリーバー」再オープンの続きです。

今回、ぜひゲッツしたかったのが
「名入れカスタムアイフォンケース」です。

夫婦でオーダーして
待ちに待って届きました!

わたくしは、
誕生日のラッキーカラーが
「アカ」だとのことなので
アカをベースに、
デュークさんの毛色(ベージュ(キイロ))を
文字カラーにしてみました。

で、ストラップのカラーはグリーンです。

注)ストラップつけてると、バカにして笑う人がおりますが
  そういう人にかぎって、落っことして
  ディスプレイが、くもの巣状態に、
  ヒビが入っているものです。
  わたくし、アイフォンを購入して
  初めて手にしたとき
  こんなもん、今の自分がうかつに扱ったら
  一日で破損させるなと思ったのであります。
  自分のダメさを自覚してるので
  ストラップと破損防止のケースは
  誰がなんと言おうと欠かせないのであります。

なぜグリーンかというと
ウチのデュークさんは、
生まれてからパピーの時期に
個体識別のために、
クビにつけられたヒモがグリーンだったのです。

※)デュークさんのパピー画像は
  過去の記事をご参照ください。

つまり、グリーンは
デュークさんのパーソナルカラーなのです。

ナイスなできばえなので
これから、皆さまに
みせびらかさせていただきます。

うらやましいと思ったおかたは
ネットでもオーダーできます。

アイフォンじゃないというおかたには
モバイルバッテリーもあるようですよ。

祝!「ラブラドール・レトリーバー」再開!つづき




旧店舗は
自社オリジナル商品以外に
いろいろな商品が並んでいて
いかにもカジュアルのお店
という感じだったと記憶しています。

新店舗は、
未だ、リスタートして日が浅いためか
以前よりアイテムの数は少なく
セレクトショップのような雰囲氣になったな
と感じました。

とりあえず、店舗の存在は確認できましたので
初回はとりあえず
カスタムオーダーのアイフォンケースをお願いして
クルマに貼るステッカーのみゲッツしたのでした。

お店のオーナーさんは
カジュアル衣料品業界では著名なお方ですが
お話させていただくと
ラブラドール愛にあふれており
そういう人がつくる商品に再会できて
本当に良かったなあと感じたのであります。

イヌの来店大歓迎とのことなので
初訪店の週末に
デュークさん初の都内ドライブにて
さっそく再訪門いたしました。

オーナーさまいわく
都内でのラブラドールのトレンドは
体格がコンパクトになっていて
クロ⇒チャ⇒キイロの順なので
デカいキイロは、最近珍しいとのことであります。

コンパクトな体格というのは
25キロ程度らしいので
キイロくて42キロある、
わが家のデュークさんは
なかなかレアなラブラドールなのだそうですよ。

お店の商品は
シックな中にもセンスがあり
なんといっても、
手にとっただけで品質がよいことがわかりますので
見ていると、お店ごと欲しくなってしまうのであります。

今回は、時期ハズレではありますが
裏起毛のトレーナーを購入させていただきました。

お値段は9000円ちょいでした。

「ちょっと、お高いのでは?」と
思ったかたもいるかもしれませんが
最近、プレーンで品質が良いトレーナーって
なかなか見つからないのでありますよ。

それに、最近、洋服に関するお値段の感覚って
完全におかしくなってしまいましたが
国産素材の国内縫製で
仕上げは東京原宿で
セレクトショップのオリジナルブランド商品
ってなことを考えたうえで
現物の品質を見た限りでは
むしろ、お値ごろなくらいですよ。

ユ☆クロのトレーナーでは
XLでも窮屈なわたくしが
Lサイズで、十分に余裕があるサイズスペックというのも
最近、なかなか無いポイントです。

秋まで待ってて、
時期になったときには無くなってしまうと後悔するので
この時期に購入しましたが
確実に、長く愛用できそうな一枚であります。

くりかえし申し上げます

ラブラドールライフが再開したわれわれにとって
このお店にまた来ることができ
しかもイヌと一緒に来ることができることは
とてもうれしいことなのであります。

次回の訪店が楽しみです。

追記)
お店の女性スタッフ・Fさんは
明るくて・美人で・キュートで・親切で
そのうえでラブラドール愛にあふれていますので
この人に会うだけでも、お店に行く価値があります。


祝!「ラブラドール・レトリーバー」再開!




家庭をもって、高崎にもどってきたとき
先代のムスメ(キイロのラブラドール)がおりましたので
夫婦で、とっても氣になるお店がありました。

「ラブラドール・レトリーバー」というお店です。

当時は、たしか、渋谷と原宿の中間あたり
明治通りから、ちょっと奥まった場所にお店がありました。

ラブラドールのシルエットをデザインして
年輩でも着ることができる
ちょっと上品&上質なアメカジ衣料品のお店
という雰囲氣でした。

夫婦で数回、高崎線に乗って買い物に行き
あれこれとまとめ買いして、愛用しておりました。

その後、
いろいろなセレクトショップにて見かけるようになり
高崎市内でも、数店舗で扱っておりましたので
いずれ、軽井沢のアウトレットに出店するのでは?と
ひそかに、夫婦で期待していたのでした。

しかし、その後、あんなに人氣のお店だったのに
いつのまにか閉店していたという情報を耳にして
とても残念に思っておりました。

デュークさんが、わが家に来てくれたとき
「ラブラドール・レトリーバー」があればなあ
と、何回も思ったものですよ。

否定しませんし、
否定する必要も資格もありませんが
ラブラドールのキャラクター商品が
「し☆むら」様というのは
どうにも真正面から受け入れられないのであります。

といいながらも、
ラブラドールがいる生活を再開したので
先日「しま★ら」様に夫婦で行って
ラブラドールキャラクターのししゅう入りポロシャツを
おそろいで買ってきて
結婚20ン年にして、初めてのペアルックという
なかなかキモチ悪いことをやっていたのです。

そんなとき
「ラブラドール・レトリーバー」のお店が再開した(!)
というウワサを聞きましたので
さっそくネット検索して
お店に電話してみたのであります。

しかし、電話が鳴るものの
何回かけても、誰も出ないので
ひょっとしたら、ネット販売オンリーで
商品を置いてる店舗は営業してないのでは?
と思ったのです。

後に調べたら
たまたま電話した日が定休日だったようなので
都内出張のとき
仕事終了後に、行ってみました。

新店舗は、旧店舗よりも原宿駅に近いとのことで
人ごみにオロオロしながらもさがすと
キディランドの手前を、右に入ったところに
お店を発見いたしました。(つづく)



久しぶりの「カツ丼」




「ほしの食堂」がなくなって
もう、しばらく経ちました。

タマゴが入ったカツ丼に関しては
味・お値段・ボリュームを総合すると
「ほしの食堂」が世界一だと確信しておりました。

注・「カツ丼」は、世界中の日本料理店で食べられますが
  アメリカでも中国でも、そのお味ときたら(以下自粛)

「ほしの食堂」無きあと
何回か、カツ丼を食べたのですが
比べるレベルにも至らないというより
悲しくなってしまう内容であったので
「お心づかいいただいて出された」
「それしか選択肢がない」
という状況以外では
自分でおカネを払ってカツ丼を食べることは
もうやめようと決めたのでした。

つまり「カツ丼断ち」ってなことです。

さて、先日、ある方から
「ねんりん」という、
グリルを中心とした食堂を教えていただき
夫婦で行ってみたら
メニュー豊富
家庭的な味
お値ごろ
と、三拍子そろった、
なかなかナイスなお店なのでした。

メニューに「カツ丼」がありましたので
上記のとおりで
ひさーしぶりに、自分の意志で
カツ丼を注文してみました。

なんつったて「ほしの食堂」は
自分にとっては、世界一ですから
お味は、ちょいと及びませんが
それでも、再度、
カツ丼を注文できるお店をみつけて
ちょっとうれしく思ったのでありました。


失って初めてわかる



最近テレビをつけると
ちょっと前のニュースが「モリトモ」で
最近のニュースが「カケ」って騒いでおり
それに付け加えて、
内部告発した役人のお偉いさんが
「社会勉強(をいをい)」してたことが是か非か?って
まあ、はっきり言って、わたくしにとっては
どうでもいいことなのであります。

そんなことよりも
東日本では「カール」が買えなくなるらしいですよ。

しかも、わたくしは
「カールといえばカレー味」派なのですが
「カレー味」は、生産そのものが中止なのだそうですよ!

つまり、カレー味のカールは
もう食べられないということです。

そっちのほうが
「モリカケ問題(おそば屋かよ)なんかより
はるかに重大でありますよ。

「カール」は、ものゴコロついたときから
アタリマエのように売っていて
ナイスなCMとともに
自分が生きている間は、
ずーっと
お店に行けば買えるということに
なんの疑問もありませんでしたよ。

大ファンってなわけではありませんが
存在がアタリマエすぎて
まさか、関東地方では
今後入手困難な
稀少なお菓子になるなんて
思ってもおりませんでした。

ネットでニュースを見た翌日には
既にカレー味は、
どこの店頭にもありませんでした。

われわれニンゲンは
目の前に、アタリマエのように存在していたものが
なくなるとなってから
初めてその存在の価値に氣づいて
騒いであわてるってなことを
延々と繰り返しております。

自分もふくめて
つくづく学習能力がないってなことなんでしょうね。

アタリマエで平凡なことにこそ
感謝しなくちゃいけないのかもですね。

「カール」に続いて「かっぱえびせん」も
ってなことにならないことを祈ります。


21年間分の感謝の氣持ちをこめて



5月最後の日曜日は
21年間お世話になったクルマと、
お別れしてきました。

いちおう。小ぎれいなスタイルに身をつつみ
神奈川県の相模原市の専門店に引き取っていただきました。

なぜ、わざわざ相模原まで出かけたかということですが

最初、ためしに、近所の「ガ☆バー」様に査定いただいたら
あっさり「お値段つかず」だったのであります。

まあ、もう、部品が無いレベルだから
それもしかたないですわな。

で、インターネットで、関東エリアの中古車専門店を検索して
何軒かに電話してみたら
相模原の「ドクターV」というお店の店長さんが
「もし、買い手がいなかったとしても
 買い取らせていただいたうえで
 部品を交換用として使わせていただきます。」
とのお話だったので
これは、大切に扱っていただけるのでは?
と思ったからなのであります。

おカネにならないことは
最初から覚悟しておりましたのですが
家庭を持って、
イヌに息子たちと
どんどん家族が増えて
われわれ夫婦の喜怒哀楽がつまったクルマなので
少しでも、良い待遇をしていただけるお店がいいな
と思ったのです。

休日は、
朝から運転できない状態になってることが多いので
奥さまが運転することが多かったのですが
今回は最後なので
わたくしが運転させていただきました。

21年間で14万キロだから
それほど酷使していないとはいうものの
エンジンはすこぶる快調で
高速を運転していても、
まったくストレスはありませんでした。

願わくば、誰かが乗ってくれて
良い思いでをつくっていただけたら
うれしく思います。

足りない部品を補完して
そういうカタチで生き続けたとしても
それはそれでいいんですけどね。

名残惜しいのですが
本当にいいクルマに出会うことができて感謝です。

21年間ありがとうございます。




プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR