中華蕎麦「あお木」つくね丼



おまけです。

「あお木」様は
メニューが絞り込まれております。

ラーメン以外にあったサイドメニューで
「つくね丼」をオーダーしてみました。

ラーメンには「つくね」が入っておりますが
これが、なかなかイケるのであります。

その「つくね」がのったごはんなので
そりゃ、美味しいわということになります。

ラーメンだけでは、ちょいと納得できねえ
ってな人は、オーダーしてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

中華蕎麦「あお木」にぼしラーメン



わたくしがオーダーしたのは
「にぼしラーメン」です。

麺は、同じく料金アップの
ちぢれ麺にしてみました。

にぼし系のラーメンが好きだから
というわけではなくて
単純に、違うのをオーダーしたほうが
味をお試しできるからということです。

で、お味のほうですが
にぼしの風味はほどほどで

注・以前、渋谷でいただいた、にぼしラーメンの有名店は
  美味しかったですが、にぼしの味が強烈で
  そこまでやらなくてもってな感じでありました。

あっさりなんですが、しっかりと味があり
スープがモチモチの麺と絶妙にからんで
とても美味でありました。

インターネットで高評価な、
高崎市内のラーメン屋さんで
あっさり系のお店に数件行きましたが
自分としては、あっさり系なら
「あお木」様が一番好みかもしれんなと思いました。

たまにある、イヤな食後感が残りませんでしたので
魔法の白い粉(味の☆)のたぐいは
未使用か、使用していたとしてもごくわずかかな
と感じました。

自分は「しょうゆ」より「にぼし」が好みですが
ウチの奥さまは、次回も「しょうゆ」とのことですので
どちらも試してみてはいかがでしょうか?

中華蕎麦「あお木」しょうゆラーメン



ウチの奥さまがオーダーしたのが
いちばんベーシックな
「しょうゆラーメン」です。

料金50円アップで
ちぢれ麺にしてみました。

新しくて、ゆったりスペースの店内は
清潔感があります。

BGMは「ボサノバ」で
ラーメン屋さんではないようなイメージです。

お店のご主人(まだ若いです)と、
店員さんの女性(奥さまかな?)も
にこやかで、
応対の感じがとてもGOODです。

たまに、有名人氣店で
ミョーに高飛車なお店がありますが

わたくし
「おれはお客様=神様だゾ!」なんて
千円程度のお支払いしかしないのに
偉ぶるようなファッキン野郎ではありませんけど

「なんでおカネ払って、えばられなきゃいけねえんだよ?」
とは思いますので、
そういうお店は、
ご遠慮させていただくのであります。

「あお木」様は、さすがウチの奥さまイチオシだけあって
居心地がいいお店なのであります。
(続きます)

中華蕎麦「あお木」



わたくし
日本人は「ラーメン」に対する探究心とこだわりが
ちょいと、尋常ではないなと思っております。

で、「おメーはどうなの?」
と聞かれたら

超人氣店に、延々と行列して食べるくらいなら
化学調味料はご愛嬌として
「幸☆苑」の、
みそねぎラーメン+半チャーハン+ギョーザ
のセット:千円未満で十分よ
ってな感じであります。

では、「ラーメンにキョーミないの?」
と聞かれたら
決してそんなことはないんですけど
なにせラーメン百店舗百様だから
こだわり始めたらキリがないので
つまり、まあ
メンドくさいということなのであります。

数年前までの
「マイラーメンランキング」は以下のとおりです。

1:蒲郡「マルナカ『タンタン麺』」
2:東京恵比寿「香月」
3:高崎「東竜『肉みそラーメン』」
4:浜松「三太」
5位以下はナシ

ってな感じでありました。

ムショーに食べたくなって
わざわざ行っていたお店が上記4店舗です。

しかし、その中で「香月」と「東竜」は
お店がなくなってしまいました。

となると、高崎には、上記「☆楽苑」以外には・・・
と思われるかもしれませんが
実はそうではないのであります。

SNSなどで調べてみると
「東竜」がなくなった反動ってなわけじゃないでしょうけど
有名店の「一風堂」をはじめとして
とにかく高崎市内には
氣合いが入りまくりの
個性豊かなこだわりのラーメン屋さんが
続々とオープンしているようなのであります。

奥さまを誘って
氣になるお店に、
ヒマそうな時間帯を選んで
(並ぶのイヤなので)
あちこち行ってみましたが
どのお店も、
「最近のラーメン屋さんって
 生半可なことをやってたら
 生き残っていけないんだな。
ということが、ヒシヒシと伝わってきます。

いつのまに、高崎のラーメン市場は
こんなにレベルが上がったんだ?と
感心させられてしまうのであります。

そんな中で、ウチの奥さまが
「一番好きだ」と言っているお店が
「中華蕎麦『あお木』」様です。

高崎北駅の近くにあり
お店の近くに駐車場もあります。
(続きます)


高崎ビューホテル



「高崎ビューホテル」がクローズする
というニュースが発表されて、しばらく経ちます。

自分は、そんなに行く機会もないのですが
ビューホテルといえば
駅に隣接している「メトロポリタン」と並んで
高崎市内の、諸々の会合や宴会をおこなうホテルです。

ビューホテルは、駅から少し距離があり
駐車場も限られているので
駅に隣接しているメトロポリタンのほうが
便利のようにも感じるのですが
仕事関連の会合では、
どちらかといえば、
ビューホテルが会場となることが多いかもしれません。

ビューホテルのほうが、歴史があるということに加えて
近くが「柳川町」なので
二次会・三次会に行きやすいということも
かなりあると思われます。

高校の同窓会も
ビューホテルで開催されることが前提でしたが
幹事年度をこなしたときに
長年にわたってお願いしてきただけあって
さすがに慣れたもんだなと感心いたしました。

ビューホテルの中にある
鉄板ステーキのお店「鏑」は
高崎では高級なお店でありますので
わが家では、父が存命中から
数年に一度、特別な日にのみ出かけるお店でありました。

今回、次男が高校を卒業しましたので
おそらく最後ということで
母を誘って、家族で食事をしてきました。

もう、行く機会が無いと思うと
とても寂しくなりました。

「無くなって初めて存在の大きさに氣づく」
ということは、よくあることですが
高崎市内の会合や宴会の多くを受け持ってきた
ビューホテルがなくなってしまうということは
小さな出来事ではないと感じています。

高校の同窓会は
次回からどうなるんでしょうか?

朝倉熟柿「ふゆ」



九州に行くようになって二年経ちますが
九州のおみやげで、お菓子であれば
今は、なんといっても
「博多とおりもん」がメジャーなようです。

「博多とおりもん」は
「銘菓ひよこ」をしのぐ勢いのようですが
そもそも、「ひよこ」が九州のお菓子だってことを
知ってる人って、少ないんではないでしょうか?

わたくしも、てっきり、
「ひよこ」は東京のおみやげだと思ってましたし。

で、「とおりもん」も「ひよこ」も
さしあげると、とても喜ばれますし
まず、第一に美味しいのですけど
過日、福岡・朝倉の温泉ホテルに宿泊したら
部屋出しのお菓子で
「朝倉熟柿『ふゆ』」というのがあったのです。

いただいてみたら
これが、とても美味なのであります。

見た目は、「とおりもん」にそっくりで
食感もそっくりではあるのですが

中の餡に、熟した柿が入っているのです。

わたくし、果物好きで
柿は、その果物の中でも、かなり上位なのですが
このお菓子は、柿好きな人にとっては
たまらん味わいでは?と思うのであります。

九州全土で販売されてるのかどうかは
わかりませんけど
福岡周辺で、もしみかけることがあったら
「柿」が好きだという人は
ぜひ、チョイスしてはいかがでしょうか?



小さなこだわり



インスタントラーメンをつくるとき
いくつかこだわりがあります。

「必ず、スープと麺は別の鍋でつくる。」

⇒麺を煮たあとの、ギトギトのお湯を見たら
 フツー、食べる氣にはならんと思います。

「ありあわせでかまわないから野菜たっぷり。」

ということに加えて

「麺を煮るとき「重曹」を加える」

というポイントがあります。

これは、
NHK「ためしてガッテン」で紹介されておりました。

なんでそうなるんだか?という
理論はすっかり忘れましたが
ゆでた麺が、プリプリのモチモチになるのです。

ホントですよ

「重曹」って、高いものではありませんし
一つ買えば、何回かは使えますので
いちど、試してみたらいかがでしょうか?

ただし、「重曹」を使うんなら
言うまでもなく
スープと麺は別々にしなきゃダメよ。

明星チャルメラ「ちゃんぽん」



袋入りのインスタントラーメンといえば
長年「サッポロ一番塩ラーメン」が
自分にとっては定番でありました。

最近は
「マルちゃん正麺」に浮氣しておりましたが
九州に行くようになって
自分は「ラーメン」より「ちゃんぽん」の方が好きかも?
と思って買ってみたのが
明星チャルメラ「ちゃんぽん」です。

明星チャルメラといえば
おじさんのイラストがおなじみの
ロングセラー商品でありますが

この「ちゃんぽん」は
野菜をどっさり投入して
コチュジャンを入れてピリ辛にしていただくと
かなりイケるのであります。

しばらくは、
わが家の定番ラーメンになりそうです。

がんばれサンウルブズ



自分がラグビーと出会ったのは
小学生のときで
早稲田大学の藤原優さんがあこがれでありました。

そのときは、ワールドカップが始まるなんてことは
想像もできませんでしたので
世界のラグビーなんて、別世界のお話でした。

それが、まさか
大学生のときに、ワールドカップが始まって
ワールドカップの真剣勝負の舞台で
南アフリカに勝っちゃって
日本にもプロチームができて
南半球のリーグ戦に参戦してしまうなんて

50年も経過していないのに
いったい、どれだけ話が展開してしまうんだよ
ってなもんで、
ただただ驚くばかりであります。

自分は、ラグビーが好きというよりは
(昭和の)早稲田ラグビーが好きだったので
早稲田の赤黒ジャージを着ることが夢でありましたが
(縁はなかったですけど)
今だったら、サンウルブズのジャージを着ることが夢
ということになるんでしょうね。

てなことで、レプリカジャージを買ってもらいました。

スーパーラグビーは
詳しくは観戦しておりませんので
知ったかぶりはできませんが
未だ一勝しかしていないとはいうものの
参戦初年度の去年に比べたら
チームとしては、
かなり進化発展したのではないでしょうか?

ジョセフ監督の方針は
日本代表とサンウルブズはリンクさせるということなので
南半球のタフなリーグでもまれることで
確実に日本代表は、強化されると思います。

日本開催のワールドカップにむけて
おおいに期待がもてそうですので
ぜひ、サンウルブズにはがんばってほしいと願います。

ところでわたくし
人生で初めて、体重が80キロになってしまいました。

現役時代は、体重が欲しくて欲しくて
一日5食食べても太れなかったんですけどねえ。

高校一年生のときに、80キロあったらねえ。

もっとも、当時80キロあったら
確実にプロップで
さぞかし、スクラムで押されまくったんだろうなと思います。


ブルージャイアント・シュープリーム



コンビニで、
ビッグコミックの「ブルージャイアント」を読んでいたら
思わず、泣きそうになってしまったので
こりゃヤバいと、購入しました。

ブルー・ジャイアントは大好きなマンガであり
マンガ史に残る傑作だろうなと確信してるのであります。

しかし、まあ、ストーリー展開で
しかたないのかとは思いつつも
十代トリオ「JASS]が
解散せざるをえない展開が
どうにも納得できなかったもので
後半の単行本は、購入していなかったのであります。

でも「ブルージャイアント・サプリーム」に移行して

注・表紙にも「シュープリーム」と書いてありますが
  コルトレーンがサプリームって歌ってたので
  以後はサプリームで

舞台がドイツになって
こりゃ、ここまでの流れが
いよいよ大きな本流につながり始めるのでは
と感じたものなので
「ブルージャイアント・サプリーム」の単行本も
あわせて購入してみました。

近いうちに、宮本大とハンナ・ペータースは再会して
それこそ、魂がぶつかりあうような
激熱のセッションをおこなうのだと思います。

その後、夫婦旅芸人になって
世界をまわるって展開なのかな?

ま、それでもいいんですけど。

今後が待ち遠しいので
勝手にイメージしたCDを聴いて
氣持ちを盛り上げて、
次回を待ちたいと思います。

10代トリオ「JASS」のときは
サックス・ピアノ・ドラムだったので
山下洋輔トリオの「クレイ」を聴いておりました。

今回は、若いテナーとベースの
激熱セッションということで
これしかねえだろと
エルビン・ジョーンズ「ライブ・アット・ライトハウス」

何度聴いても飽きない
ものすごいジャズです。

誌面から、
これ以上の熱氣が伝わってくることを期待して
わくわくして待ちたいと思います。


佐賀県・唐津市 大浦棚田



わたくし、わけあって、毎月九州に行っております。

だいたい、4~5日間の行程にて、
レンタカーで1000キロくらい走りますので
そりゃ、わたくしも若くはありませんもんですから
肉体的には、なかなかキツかったりするわけであります。

でもね、会社のおカネでいろんなところに行けて
そういう機会でもなければ
絶対に死ぬまで知らなかっただろうな
という体験ができる役ドクも、
けっこうあるのでありますよ。

たとえば、ここは佐賀県・唐津市の
「いろは島」という場所に向かう途中の
「大浦棚田」という場所です。

「全国棚田百選」のなかのひとつだそうですよ。

初めて行ったときは
熊本地震の前の日で
夕暮れの時刻だったのですが

小さな入り江をかこむ丘いっぱいに
水が入った棚田が広がっていて
その周辺をミカン畑
さらに桜が咲いている
人の氣配はほとんどなく
カエルの合唱が響きわたっている
というものでした。

特筆すべきは、夕暮れ時だったので
田んぼの水に夕日が反射して
一面がオレンジ色だったということです。

風景だけでなく
そこに漂っている空氣そのものが
今まで体験したことがないような
素晴らしいものでした。

思わずクルマを路肩に停めて
ぼけーっとたたずんでいると
その風景の中に
自分もとけこんでしまいたいと思ってしまいました。

翌日が、熊本地震の二波めだったので
強烈に印象に残っておりますが

日本の原風景って
しみじみいいなあと思える場所なのであります。



WBCおもしろかったけど



羽田空港のラウンジでながめた
WBC特集のナンバーです。

今回のWBCは
シロートながらに日本代表のメンバーをみて
(テレビが“サムライ”とか言ってさわいでるの、なんかイヤ。)
過去に比べて、ちょっと小粒なんじゃないの?
と思ったりもしました。

今までは、野球にそんな興味がない自分でも
メンバー全員知っておりましたが
今回は、半分くらい知りませんでしたからね。

でも、思った以上に健闘して
録画して、興奮してテレビ観戦しましたので
日本の野球って、裾野が広くて層が厚いんだなと
あらためて実感いたしました。

やっぱ、高校野球もWBCも
真剣勝負だと、
野球はおもしろくて
日本人に合ってるんだなと感じましたよ。

でも、なんかしっくりこないことが
いくつかあったのですよ。

辞退者が続出する大会が
世界一を決める大会なの?

ちょっと、試合時間長すぎじゃない?

毎回だけど、
選手は言い訳にしてないのに
「ボールがすべる」とか
「マウンドがかたい」とか
「人工芝と天然芝が」とか
「ドームと屋外球場の違いが」とか
競技環境の違いをとりあげてさわぐマスコミって
いったいなんなんだよ?

プロの最高峰の大会が
ピッチャーの球数制限してるのに
日本の高校生に
炎天下の中、連戦で何百球も投げさせていいのかよ?
その大会を主催してる大手新聞社は
人権問題が大好物なくせして
なんで問題にしないんだよ?

などなどであります。

あと、準決勝のアメリカ戦観て思ったのですけど
点差は僅差ではありましたが
あの1点差って、果てしなく大きいように感じ
ちょっと愕然といたしました。

アメリカは、あれでフルメンバーじゃないのに
往年の名選手である野球解説者で
「MLBとNPBはレベルが同じだ」
と、のたまっておられる
H本さんとか、
N村さんとか、
E本さんとかって
マジで言ってるのかよ?と思ってしまいました。

まあ、まだ歴史が浅い大会でありますから
いろいろ課題はあると思うのですが
今後も大会が盛り上がって、
進化改善発展して
各国が、ベストのフルメンバーにて
野球の国別世界一を決定する大会になって
引き続き楽しませていただきたいものだと
期待しているのであります。

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR