「スターウォーズ」第7作目



オシャレなメガネを衝動買いしてみました!

お値段は、なんと¥100円です!

って、ウソ。

こいつは、3D映画を観るときにかけるメガネです。

生まれて初めて
3Dの映画を、劇場で鑑賞してみました。

観たのは
「スターウォーズ・フォースの覚醒」です。

出張先の浜松にて
今年の一大イベントでもある「スターウォーズ」の最新作を
公開初日に劇場で観賞するという
トレンディ(死語)なことをやりましたよ。

スターウォーズ(以下SW)の第一作目が公開されたのは
自分が中学生のときだったから
今から約40年前です。

オリオン座にて、わくわくしながら観たっけな。

たしか、本国のアメリカでは、
日本公開の一年前に上映されて
とんでもないフィーバー
(死語・いいんだよ40年前なんだから)
となっておりました。

当時購読していた映画雑誌「ロードショー」にて
一年かけて、これでもかと紹介されたので
観賞前のアタマの中には
十分すぎるくらい情報がありましたが
それでも、「すげーなあ」と
感動した記憶があります。

自分は、SWマニアでありませんが

第2作目
実は、一番好きな作品です。
特に、雪原の戦闘シーン最高でした。

第3作目
最後のほうで、
ぬいぐるみみたいなのが出てきて戦闘する部分が
「んっ?」と思ったものの、
面白かったことは面白かったです。

しばらく経って公開された第4作目
時代がさかのぼってというストーリーで
CG全開の映像で
技術はとんでもなく進歩したなと感心しましたが
映画の世界観は
前3作品とは、ちょいと違ってきたなと感じました。

第5作目
考えてみたら、
いかにして、悪の化身(ダース・ベイダー)が誕生したか?
という、悲惨なストーリーなわけなので
わざわざお金をはらって、時間を使って
映画で憂鬱な氣分になることを求めていない自分としては
あまり好きにはなれませんでした。

第6作目
ダース・ベイダーが、
仲間を皆殺しにするという
さらに悲惨な内容だとのことなので
観ておりません。

という経過につき
自分にとって、SWは
最初の三作品⇒好き
次の三作品 ⇒イマイチ
だったので
世の中は、SWで盛り上がっていたようですが
まあ、別に、観なくてもいいかなと思っていたのでした。

でも、今回の第7作は
第3作のその後のストーリーだとのことで
第1作のメンバーが、ほぼフル出演と聞いて
では、観にいってみようかなと思ったのでした。

テレビのニュースとは違って
さすがに浜松は地方都市のようで
都内のように、
キャラクターのコスチュームで
マックスハイテンションの人はおりませんでしたねえ。

3Dの映画って、初めて観ましたが
すげーなと、びっくりしました。

肝心の内容ですが
ひとことで言って、面白かったです。

アメリカSF超大作を観るときのお約束で
いちいち
細かい部分にツッコまないことが肝心ですけどね。

特に、第1作から第3作が好きな人は
できたら劇場
さらにできたら3Dで観賞することをオススメします。

ネタバレはしませんが、ひとつだけ。

第1作目の、メインキャスト3人が
さすがに、じいさん&ばあさんになってて笑った。

チューバッカはそのままです。(あたりめーか)




スポンサーサイト

「す・も・の」コンプリート!



群馬県人で「上毛かるた」を知らない人は
「モグリ」と呼ばれても、しかたないと思ってましたが
最近では、どうもそうではないようです。

自分の母校である小学校でも
最近では、「かるた大会」への参加者が減っていると
聞いたことがあります。

「育成会=子ども会には参加しない」
という家庭が増えているのが
その要因でもあるようです。

今の時代は、
身心ともに、
オトナもコドモも
あわただしいんでしょうけど
他県人の親はともかく
群馬に生まれて育って
小学校のときに、
上毛かるたを、町内の子どもたちと毎晩練習して
群馬の歴史や地理を
潜在意識にすり込んでもらった過去があるのに
はたして、それを
自分の子どもに継承しなくていいのかな?
と思ってしまいます。

そういえば、わが町内でも
過去、息子が小学生だったときに
夏休みのラジオ体操をやっていたら
近所からクレームがあって
ライブでなくて、
カセットテープで時間をずらせて実行になり
いつのまにか消滅したということがありました。

自分だって、そうやって成長してきたくせに
夏休みに、
近所の子どもたちが早起きして集まって
楽しくラジオ体操しているのくらい、
大目に見てやってくれよと思ってしまうな。

なんだか最近、こういうことが多くて
無くしてはいけないものが
いつのまにか
どんどん無くなっていってるように感じます。

さて、上毛かるたですが

わたくし、もちろん、「あ」から「わ」まで
コンプリートに記憶してますですよ。

いくつか、あやしいのがありましたけど
10年前に、息子たちと対戦して、思い出しました。

「ち」に関しては
自分が現役の、40年前は
「ちからあわせる160万」が
「ちからあわせる170万」に変更となったのですが
10年前は
「ちからあわせる200万」でしたよ。

つまりね、群馬県は
30年間で、人口が30万人増えたってこと。

こうやって、子どもでさえも
自分の県の人口と、人口増減の推移を、
無意識のうちに把握できるわけですよ。

オトナで、中小営業会社の社長さんのくせに
自分が住んでる自治体の
人口を把握していないヒョーキン者って
実は、けっこういたりしますから
これは、貴重なことなんではと思うわけですよ。

上毛かるたには、「役札」というものがあり
当時のルールでは
「つ」⇒同点のときは、「つ」を取ったほうが勝ち。
「す・も・の」⇒上毛三山の札をそろえたら10点プラス。
「け・き・か・め・お」
⇒県内五大市をそろえたら20点プラス。
となっておりました。

ポーカーと違って、
相手と競って取り合うわけですから
「す・も・の」でも、なかなか難しいんですが
「け・き・か・め・お」をそろえたことは
練習でも、一回も経験したことがないと思うなあ。

そんな「す・も・の」を
ご朱印で、コンプリートしてみましたよ。

県外の皆さまにご紹介しますが
左から
「の・登る榛名のキャンプ村」⇒榛名山の「榛名神社」
「す・裾野は長し赤城山」  ⇒赤城山の「赤城神社」
「も・紅葉に映える妙義山」 ⇒妙義山の「妙義神社」
となっております。

ちなみに、三社とも、パワースポットであり
全国9万社の神社があるなかで
榛名神社⇒(なんと!)第5位!(日光東照宮・熱田神宮より上!)
赤城神社・妙義神社⇒(なぜかともに)第121位
と、なかなかの高位置につけているのであります。

上毛三山の趣きが、
まったく異なっていますので
神社もそれぞれ、独特の味わいがあります。

榛名神社は、
関東有数のパワースポットということで

※なんつっても、全国5位だからさ。
 明治神宮・伊勢神宮・出雲大社・箱根神社の次
 そうそうたるラインアップです。

いろいろなところで紹介されているので
最近では、若い人を中心に
参拝客がたくさん来ておりますが
もし、せっかく足を運ぶのであれば
「す・も・の」をコンプリートして
パワーを三乗にしてみてはいかがでしょうか?


レトリーバー2015



たとえば
この写真のどこかに
われわれ夫婦とデュークさんがうつっています。

しかし、こうやって、あらためて見てみると
すごく大がかりなイベントだったんだなと実感します。

レトリーバー



「レトリーバー」誌は、
先代のムスメがいたときから購読してますので
けっこう長いおつきあいになります。

今年は、抽選に当たりましたので
軽井沢で開催された
「レトリーバー・ミート」に参加してきました。

そのときの記事が掲載された最新号が発売されましたので
さっそく購入してきました。

長年購読している雑誌に
自分がうつっているのを見るのは
ちょいとフシギな感じがします。


さらば「肉みそラーメン」



去年の暮れに
「ほしの食堂」が閉店しました。

そして、今年の暮れは
「東竜」が閉店することになりました。

わたくし、
「ラーメン」に執念は持っておらず
有名店とはいえ
並んでまで食べるくらいなら
「幸★苑」で十分満足ってなもんで
ラーメンマニアから見たら、
フトドキものなのであります。

そんなわたくしが
ひと昔前に設定した
ラーメンベスト5が
1・蒲郡「マルナカ」タンタンメン
2・恵比寿「香月」
3・高崎「東竜」肉みそラーメン
4・浜松「三太」ネギみそラーメン
5・該当ナシ
参考
⇒高崎駅立ち食いそばコーナーの
 「ラーメン」&「みそラーメン」
ってな感じでありました。

実はわたくし
幼少のころ、ラーメンといえば
「サッポロ一番塩ラーメン」であり
お店のラーメンに関しては
あんまり美味しいと思ったことがなく
あえて、ラーメン屋さんに行って
ラーメンを食べたいと思ったことがなかったのでした。

高校に入学して
運動部仲間から
「東竜」というお店を教えられて
初めて行って食べたのが
「肉みそラーメン」でした。

おそらく、そのとき
お店で食べたラーメンが
「美味しい!」と感じた
初めての体験でした。

注)「サッポロ一番塩ラーメンは
  昔も・今も・これからも大好きです。

当時、
週末に東竜の前を通って
店内をのぞきこむと
必ず、運動部の知り合いがいた
というくらい
「東竜」は、なじみのお店でした。

そういえば、当時
「東竜のおやじは、店の前に自転車をとめると
 キャベツをとりに行くふりをして
 自転車のタイヤをパンクさせる。」
とか、まぬけな都市伝説があったっけなあ。

「東竜」は、
昭和の時代は、デパート裏通りで
高崎の中心街の一角でした。

その後、デパートや新星堂が撤退して
慈光通りがさびれてきたあとでも
「東竜」だけは、
新旧のファンでにぎわっていたのでした。

わたくしが、高崎に
家族と戻ってきた後
奥様を、最初にお連れしたのが
「東竜」でありました。

今になって思えば
「肉みそラーメン」は
昭和の時代に
高崎の街中が元氣だったころ
そこで生活していた一部の者にとっては
まさに「ソウルフード」だったのだと思います。

街中が寂れた後でも
お昼時は座ることができないくらい混んでいて
いつも2時過ぎに行っておりました。

つまり、時代と環境は大きく変化しても
ずーっと繁盛していたということなのです。

街の名店が、
時代の流れの中で
惜しまれつつなくなっていくのは
なんともやるせない氣持ちになります。

でも幸いにも
「ラーメン」に関しては
上記のうち、二店舗は健在ですので
注)恵比寿「香月」は、いつのまにか閉店。
まだ、マシかなと思わないとですね。

「カツ丼」は
「ほしの食堂」が閉店して以来
食べておりませんし。

とりあえず
長年お疲れさまでしたとしか
言いようがないようですよね。

自分にとって
昭和の高崎が
またちょっと、遠くなったように感じます。


プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR