ほうれん草バーガー



過日の日曜日は、ひさびさの完全フリーでしたが

よく考えてみたら、
今年初めての、お休みの日曜日でしたよ。

まったく、われながら、
ダンドリが悪りいなと思ってしまいます。

完全フリーってなことなので
録音しておいたラジオ番組
「安住紳一郎の日曜天国」を聴きながら
二時間、河川敷をウオーキングしたあと
プチなゼータクで、
「チンズバーガー」に行ってみましたよ。

先月行ったら、お休みだったもんで
今年初めてのチンズバーガーです。

油断すると、すぐ混雑してしまうので
11時半の開店そうそうに行ったのですが
先客が、すでにふた組もいて
待っている間に、満席になってしまいましたので
あいかわらずの人氣で、
たいしたもんだなと感心しましたよ。

都会なら、フツーかもしれませんが
ローカルな高崎で、
ハンバーガー一個千円っていったら
けっこうなモンですからねえ。

やっぱ、価値観というものは
単純に百円か千円かということではなくて
単価×量×質×満足感ってことなんでしょうね。

わたくし、ここのハンバーガーを食べてから
あんだけ好きだった、
Mバーガーのテ★ヤキバーガーを食べてませんもんね。

ということで、今回いただいたのは
新作の「ほうれん草バーガー(名称失念しました)」です。

マスターが、試食にってことで
使用しているほうれん草をくれたのですが
一瞬、「ほうれん草をナマでですか?
と思いつつ食べてみたら
まあ、美味しいんで、ビックリしましたですよ。

ほうれん草独特の、エグ味はまったく無く
甘みと歯ごたえはしっかりあって
野菜好きのわたくしとしては
大盛りのサラダにして、ナマでバキバキいただきたい
と思えるような逸品でした。

マスターに聞いたら
倉渕の若い生産者が、
こだわって栽培しているほうれん草だそうで
こういう素材をつかっているから
人氣があるんだろうなあと実感しましたですよ。

肝心のハンバーガーは?といえば
ソテーしたほうれん草の
甘みとシャキシャキ感が独特ではありますが
かなりの逸品でありました。

これを、夫婦で、日曜日の午後に
ジャズ&ボサノバなんぞを聴きながら
ビール&ハイボール片手にいただくと
「生きててよかった
と実感するのであります。





スポンサーサイト

ファースト・ミーティング



過日の土曜日は
今年最初の、コブラーズミーティングでした。

ま、ミーティングっていっても
みんなで集まって
お酒飲んだだけなんですけどね。

場所は、定番である、
本町の中華料理屋「龍翔飯店」です。

やっぱ、利害関係がなくて
氣ゴコロが知れた皆さまと飲むお酒は
ひときわ美味しいってことと

わたくし、まる一日、
お客様接客の労働をこなした後だった
ってなこともあって
(ありがたいことに、かなり忙しかったのよ)

疲れと開放感で、
お燗した紹興酒を、急ピッチでいただいたら
はっと氣づいたときには
ロレツがまわらなくなっており
次の日起きたら、
お店から家まで、どうやって帰ってきて
どうやって寝たのかってなことが
まったく記憶にありませんでしたよ。

それでも、翌朝、キチンと5時に起きて
デュークさんのお世話もちゃんとやったうえで
また労働に行った自分をホメてやりたいね。
(あたりめーだっての)

とりあえず、美味しくて楽しかったので
こういうご縁をいただくきっかけとなった
息子ふたりとソフトボールに感謝なのであります。

そういえば、この日、氣になることが二点。

ひとつは、紹興酒が適温だったってこと。

今までは、ビンをもてないくらいの
非ジョーシキレベルな熱カンだったのに
今回は、フツーにビンを持てました。

もうひとつは、お会計が、ひとり3千5百円だったこと。

このお店に来て、参千円以上払ったの
おそらく初めてですよ。

ナニかあったんだろうか?

それとも、まさかとは思いますが
お店の人が、当、駄ブログをたまたま読んで
以前、このお店のお会計について
「おそらく、計算間違いをしているにちがいない。」
って書いたのを読まれてしまったんだろうか?
(そんなわけねーだろーがよ)

でも、大のオトナが、しこたま飲み食いして
ひとり3千5百円で「高い」って感じるお店って
いろんな意味でスゴいなと思うし
われわれにとって、ありがたいお店なんだから、
感謝しないとですよね。

マイ・ラバーズ



デュークさんは、弐歳になって
なかなか、ナイスなおサンポができるようになってきました。

これは、ウチの奥様とデュークさんが
烏川の河川敷に向かっているときに
一瞬、アイコンタクトした瞬間です。

このご両名は、自分にとって
「世の中で大切なものランキング」の
最上位に位置しておりますが
その二名の意志が通い合ったという
至福の瞬間なのであります。

高崎駅西口界わいにて
エレガントにおサンポしているファミリーがいると
ウワサされるように、
これからも、日々精進したいと思うのであります。


冷凍ギョーザ



わたくし、ギョーザがとても好きなのであります。

においが、相手に迷惑かけないのであれば
毎日でもいいなってくらい好きです。

外食チェーンであれば
「王将」がいいかなあ。
(べつに、「幸楽苑」でも「日高」でもいいんですけどね。)

自分で、材料にこだわって
手づくりってのも
美味しい&お値ごろ&楽しいのでいいのですが
(後日、自己流レシピご披露いたします。)
ちょいとめんどくさいもんですから
自宅では、最近、
冷凍餃子のお世話になっております。

最近の冷凍ギョーザは
バカにできないくらい、
なかなか美味しいんであります。

お氣に入りは「味の素」か「王将」です。

なぜだか、
「ヤマダデンキ」か「モントレー」が安いので
冷蔵庫には、常備しております。

じつは、冷凍ギョーザを「鉄製のフライパン」にて
きれいで美味しく焼き上げるのって
ちょっとのコツとワザが要るのでありますよ。

「冷凍ギョーザくらい、誰だって焼けるだろうがよ。」
とおっしゃる、そこのアナタ
ナメてかかると、
フライパンの底にくっついて、はがれて
グシャグシャになったりして
けっこう、ヒサンな状態になるのです。

わたくしも、かなりの枚数焼いてみて
ようやくコツをつかんだのでありますよ。

自己流のダンドリをご紹介しますが

1:フライパンを、よくあたためて
  油を多めに入れてなじませる。

  自分は、ごま油かオリーブオイルを使います。
  良質の油(オリーブならエキストラバージン)
  を使用するのがオススメです。

2:ケムリが出てきたら、いったん火を止めて
  フライパンにギョーザを並べる。

  火をつけたまま並べると、
  最初に置いたギョーザと
  最後に置いたギョーザの焼け具合に
  差ができてしまうため。

3:並べ終わったら、強火で焼く。

4:裏返してみて、焼け色がついたら
  小麦粉をといたお湯を投入する。
  
  注)小麦粉の量が適度だと
  いい感じの羽つきギョーザになります。
  逆に小麦粉が多すぎると、こげてしまいます。
  お湯が白くなっても、トロトロしないくらいが適量。
  
  お湯の量は、ギョーザが三分の一つかるくらい。
  
  なぜ水でなくお湯かというと
  そのほうが、早く焼けるから。

5:弱火にして、ふたをして、しばらく蒸し焼きにする。

6:お湯が少なくなってきたら
  ふたをとって、強火にして、水分をとばす。
  (画像は、この段階です。)

7:水分がなくなって、ジリジリと乾いた音がしてきたら
  火を弱めて、フライパンの表面に残った小麦粉が、
  こげる寸前まで焼く。

8:金属のターナーを、ギョーザの下に慎重にさしこんで
  フライパンの底から、ギョーザをはがす。
  
  しっかりと、十分に
  フライパンの接地面の皮が焼けていると
  イッパツで、キレイにはがれますが
  十分に焼けていない状態だと
  ギョーザがやぶれて、ヒサンな状態になります。
  しかし、焼きすぎるとコゲてしまいますので
  要は、最後の見極めに注意が必要ということです。

小麦粉を、なぜ入れるのかというと
焼けた部分の小麦粉が、軽くコゲて、
カリカリの食感になるからです。

うまく焼けると、
カリカリ&モチモチのギョーザが味わえます。  

あつしくん



ケーキ屋で、
町内の住民で、
小学校からの同級生である、あつしくんが
わたくしに、ひと言の断りも、挨拶もなく
いきなりこの世からいなくなってから
早いもので、二年以上経ってしまいました。

あつしくんは、
40年以上のつきあいでしたので
自分にとっては、
「友人」というより「相棒」という存在でした。

「残ったほうが、弔辞を読む。」
ということを、
20代のときから約束していたのですが
まさか、40代で読むことになるとは
予想だにしておりませんでした。

高校時代の国語の先生で
われわれふたりの恩師でもあるY先生から
拝読した弔辞について
ラグビー以外のことで
生まれて初めて、おほめの言葉をいただきましたが
ちいともうれしくなかったってことは
言うまでもないことでしたよ。

二年が経過して
あつしくんのお店は、跡形も無くなり
ご家族も、
早々に町内からいなくなってしまいました。

このままだと、あつしくんの記憶が
少しずつ薄くなってしまうという
焦りのような氣持ちがあったのですが
実は、お墓がどこにあるのやら
存じ上げないのでした。

あつしくんは、
知人が多く、顔が広かったにもかかわらず
お墓がどこにあるのか
誰に聞いても、わからずに
ずっと、お墓参りに行けなかったのでした。

以前、町内の長老さんから
市内・赤坂にある、某お寺ではないか?と聞いて
隅から隅まで、くまなく探したものの見つからず
あつしくんの仲人さんに聞いても、
首をかしげるばかりだったのでした。

たまたま先日、
あつしくんの奥様に、久しぶりにバッタリお会いして
聖石橋手前の、「龍廣寺」だと聞いて
その足で、急いで行ってみたら
ようやく見つけましたですよ。

ここなら、ご近所だから
すぐに行けますので
ウオーキングやデュークさんのおサンポのときに
ちょこちょこ会いに行こうと思っています。

豆たった3粒ってどーゆーことだよ!



「節分」といえば、豆まきですよ!

わたくし、たとえ息子たちが成人しようとも
公私ともども、豆まきは、今でも必ずやるのであります。

なんでも、日本の、季節ごとの伝統行事は
すべて「開運行事」なのだそうですよ。

つまり、お正月の松飾りから
おおみそかの、除夜の鐘を聞きながらの年越しそばまで
めんどくさがらずに
できるだけやったほうが、ツキがくるということですよ。

何かで読んだのですが
「プラスアルファ・マイナスゼロの法則」というものがあって
義務ではないけれども
自分の意志で、継続して実行していることが、
自分にとって負担にならないのであるならば
なにもなくても、もともとだから
マイナスになることはないけど
もし、ご利益があれば、プラスのみある
ということなのだそうですよ。

これって、宗教に対する信仰も
当てはまるかもしれないですよね。

てなことで、今年も豆まきをやって
その後のお楽しみが、
豆をいただくことです。

実は、わたくし
豆まきの豆が、かなり好きなのですが
この歳になって初めて
実年齢+1個食べるもんだって知りましたよ。

ということで、今年は51個。

けっこう、食いごたえがあったりしてね。

かたや、デュークさんは3個。

41.5キロもあるのに、豆3粒って、けっこう笑える。

「たった3粒って、おメー、ナメてんのかよ。
って心の声が、聞こえてきた氣がしましたよ。

2歳になったぜよ!



わが家のデュークさんは
先月、2歳になりました。


注・最近、デューク「シニア」さんを見かけないので
  「ジュニア」は省略してます。

41.5キロに成長して
身体つきも、堂々としてきましたので
高崎市街地では、見知らぬ通行人の皆さまに
しばしば、「リッパなイヌだ」と
おほめの言葉をいただくのですが
やはり、まだまだオトナではないもんですので
ちょっと油断すると、
ガス欠になったり、ぴょこぴょこしてたりするのであります。

ま、自分も、幼少時は病弱で
運動やって身体を鍛えて
大学生になるくらいまでは
しょっちゅう病院のお世話になってたから
身体ができあがるまでは
しっかり管理してあげるのが、
親のつとめってなもんなんだろうなと思います。

ブリーダーさんのアドバイスで
デュークさんがわが家に来てから
毎日欠かさずに、生活管理表をつけております。

わたくし自身も、ある尊敬しているお方のご指導で
「まず、健康になりたいと思いなさいよ
 健康に良いと思ったことは継続しなさいよ
 そして、毎日、記録に残しなさいよ。」
といわれておりますもんで
もう10年以上日記をつけていて
天氣・氣温・起床時間・排便・体重
体温・血圧・飲酒・ラッキーカラー・歩数
という項目に加えて
その日、印象に残ったことを記録しています。

やってみて実感したことですが
具体的な数値目標を設定して
記録した数値を毎日確認していると
無意識のうちに、
生活習慣は、改善されていくものなのであります。
(健康でありたいと思わなきゃムリだけどね)

デュークさんについても
良いルーティーン=健康だと思いますので
よく観察して、記録に残して、
常に見直しながら
日々改善していこうと思います。

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR