チバさん



大学のとき、一番お世話になった先輩が
二級先輩の、チバさんです。

入学式のときに勧誘されたのがチバさんで
もともとラグビー部に入るつもりでいたので
入部すると即答して、出身高校を言ったら、
たいへん喜んでいただき
そのまま昼食をごちそうになりながら
いろいろとお話したのでした。

今思えば、いちおう自分は
全国大会の二回戦まで進出したチームの
副主将だったわけですので
逆の立場になってみれば、
なんとなく声をかけて
いきなりそんなのがつかまったとなりゃ
そりゃうれしいわなと思いますけど
それから二年間、ひときわ目をかけていただいて
かわいがっていただいたのでした。

というよりも、チバさんがいなければ
途中で、学校ごとやめていたところでした。

一年生の冬のシーズンオフのときに
とにかく、すべてが嫌になって
静かにいなくなろうと思っていたのですが
どこからか情報が伝わり
それから何度も何度も、
しまいには、親のところにまで
根氣よく電話していただいたのでした。

結局、親ぐるみで説得されてしまい
学校には、
平謝りに謝って復学させていただいたのでした。

復帰してからは、氣持ちをいれかえて
ラグビーにも、授業にも、真剣に取り組むようになり
素晴らしい同期の仲間に恵まれたこともあって
充実した時間を過ごすことができたのでした。

だから、自分にとってチバさんは
お世話になったというより
恩人というべきなのかもしれません。

稲盛和夫さん曰く
「人間は、生きている節目節目において
 誰と出会うことができるかで
 その人の人生が決まる。」
とのことですが
チバさんは自分の人生において
まさにその、何人かのひとり
という存在なのだと思っています。

大学二年生のとき
創部初の、リーグ戦1・2部入替戦出場を決めた試合にて
土砂降りの中、自分のトライで逆転勝ちしたのですが
試合終了後の祝勝会で
チバさんと抱き合って号泣したことを
今でも鮮明に記憶しています。

卒業してからは、手紙のやりとりのみで
「一度、食事に行こう。」と言われつつ
なかなかお互いのスケジュールがあわず
四半世紀が経過していました。

今年、ようやく念願が叶い
チバさんの勤務地である大阪で
再会させていただいたのでした。

話は尽きることがなく
これからは、大阪に行ったときは定例会で
ということになったのですが
先日、いきなり、病氣で入院した
という連絡をいただきました。

病名は
「大動脈乖離」というもので
調べてみたら、
場合によっては、生命にかかわる
たいへん危険な病氣なのだそうです。

幸いにも、生命にかかわる状態ではない
ということですが
じっくりと完治していただき
一日も早く、
快氣祝いで再会できることを願っております。


スポンサーサイト

渋谷で「天龍源一郎」のテーマを聴いてきたぜ。



わたくし、ふだんは
奥様孝行ができていない、ダメ夫なもんで
今年のクリスマスは
たまっている代休を、半日だけいただいて
都内に夫婦で出かけ、コンサートに行ってきました。

場所は「渋谷公会堂」
「高中正義スーパーライブ」です。

渋谷公会堂は、大学三年生の夏以来
四半世紀ぶりに、二度目です。

前回は
「オーネット・コールマン・プライムタイム」でしたが
ナニがなんだかわからんものの
とりあえず、スゲーものを体験したなあ
と感じたのを記憶しています。

今回は、タカナカさんが、約30年前にリリースした
「スーパータカナカライブ」を再現したというものです。

高校生のとき、
「スーパータカナカライブ」のLPは、よく聴きました。
(B面だけですけどね)

タカナカさんは、当時の仲間内で
とても流行ったのですが
「虹伝説」を最後に、疎遠になっていたのでした。

タカナカさんの音楽を聴くと
高校時代に戻ることができて
思わず、キュンとしてしまいます。

最近、
「ジョリー・ジャイブ」とかを聴いたりしていたのですが
たまたま入ったタワーレコードにて
「スーパータカナカライブ」を再現した
「スーパースタジオライブ」というCDを衝動買いして
タカナカさんの魅力を再認識したのでしたよ。

ライブがあるなら、ぜひとも体験したいってなことで
出かけてきたのであります。

渋谷公会堂は満席で
二階席の後ろのほうでしたが
お客の平均年齢は、
確実に50歳オーバーだったと思われます。

一階席は、いきなり総立ちでしたけど
二階席の人は、なんせトシだもんですから
おとなしく座って聴いている人がほとんどだったので
じっくり落ちついて楽しむことができました。

構成は、
「スーパータカナカライブ」の
A面4曲がオープニングで
間にいろいろとはさんで
B面4曲がエンディングというものでした。

斉藤ノブさんのパーカッションで開演して
「ブルーラグーン」のイントロが聴こえて来た瞬間に
涙腺が決壊して、
涙が、だだ漏れ状態になってしまいましたよ。

初めてナマで見る、還暦のタカナカさんは、
とってもカッコよかったのでありますよ。

ボソボソと、意味不明なことを話すMCにも
笑わせていただきました。

タカナカさんは、
曲がキモチいいのはもちろんなのですが
とにかく、ギターの音が耳に心地よいのです。

ヤマハSGと、ヘンなカラーのストラトキャスターだと
音色が全然違いますしね。

タカナカさんといえば、ヤマハSGですけど
個人的には、ストラトキャスターのほうが、
音楽にマッチしてんじゃないのかなと思いました。

あと、CDでは、わからないのですが
岡沢章さんのベースが効いてて
下半身に響くのも、なかなかのもんでした。

ジャズとかのナマ演奏を聴いたことがない人は
ベースとドラムの迫力にビックリするから
ぜひ、一度体験することをオススメします。

まあ、アタリマエかもしれませんけど
レコードでは、ほとんど聴かなかったA面4曲も
ナマで聴くと良いねー。

「珊瑚礁の妖精」なんて、うっとりしてしまいましたよ。

お待ちかねのB面4曲は、
(トロピックバード・ディスコB・レディートゥフライ・黒船)
もちろん、感激&感涙ものでしたけど
アンコールもたっぷり三曲演っていただき
アンコールの二曲目が「サンダーストーム」でした。

この曲は、知る人ぞ知る
「天龍源一郎のテーマ」です。

思わず、「キター」って思ってしまいましたけど
これって、クライマックスに演る曲で
アンコールで演る曲ではないように感じましたよ。

いずれにしても、至福の三時間を
昔、慣れ親しんだ渋谷で体験することができました。

ノーサイド精神って・・・



先週、出張先で新聞を読んでいたら
こういう記事が載っていました。

現在の、ラグビー国内トップリーグには
外国人選手がたくさんおりますが
その人たちは
「ノーサイド」という言葉を知らないというのです。

自分は、ラグビーに関して
「ノーサイド精神」
というものに感銘して始めたというわけではありませんが
ラグビーというものは、激しくぶつかり合うスポーツだけに
レフェリーが見ていないところでも紳士的にプレーして
試合が終わったら、敵味方なくノーサイド
というのは、ラグビーの基本なのだと教えられて
そのように思っておりました。

大学は、強豪チームではありませんでしたが
それでも、公式戦終了後にレセプションがあり
さっきまで戦っていた敵と
チームのブレザーを着用して
ビールを注ぎあって交流したあとに
キャプテンを中心に、部歌斉唱とエールの交換
ということを、何回か経験したことがあります。

それがいいか悪いかはともかくとして
当時は、そういうものだったのです。

そういうスポーツだったからこそ、
ユーミンの名曲もうまれたんでしょうからね。

最近は、ルールもおおはばに変わってしまい
違うスポーツを見ているような感じがするため
テレビでラグビー観戦する機会も減ってしまいました。

またこれで、ちょっと、
ラグビーが
遠い存在になってしまったような氣がします。

おかげさまで



衆議院選挙投開票日の日曜日に
コブラーズの忘年会が開催されました。

いちおう、前もって言っとくけど
もちろん選挙に行って、投票してきたし
早めに帰って、開票速報も見たから
そこんとこヨロシクってなもんで。

場所は、「わさび」でした。

11人が参加しましたけど
テキトーに三時間飲み食いして
会費ひとり二千円ちょっとだそうですよ。

安くて、ありがたいやねー。

個人の表彰があり
わたくし、二年続けて「皆勤賞」をいただきました。

今年は、員数あわせとしてしか貢献してないのに
なんだか、申しわけないなあと感じます。

いずれにしても、大きなケガや事故もなく
一年間終えることができて
全ての皆様に感謝です。

来年も、ケガと事故にだけは注意して
参加できたらいいなと感じます。

梅醤番茶



この、駄ブログの「健康」というジャンルにて
以前、カゼをひいて、発熱したときには
「生姜紅茶」を摂ると紹介しましたが

寒い季節になると、
めざめの一杯として、夫婦で飲んでいるのが
「梅醤(うめしょう)番茶」です。

以前、健康をテーマにした講演会を聴きに行ったとき
「梅醤番茶」は
昔から伝えられてきた民間療法で
科学的な根拠もあり、
すぐれた健康法だから
ぜひ習慣にするべきだと、すすめられました。

ためしてみると、手軽の上、美味しいので
続けてやっています。

こういうのって、いくらすぐれてても
まずかったり
お金がかかったり
めんどくさかったりしたら
絶対に続かないですからねえ。

実は、かなり有名なようで
書籍やネットにて、多数紹介されておりますので
仔細は、そちらを参考にしていただくとして

つくりかたは、とてもカンタンです。

要は、梅干いりのお番茶ってことですから
カンタンもなにもないのですが
いれかたには、ちょっと、コツがあります。

まず、前提として
品質の良い材料を使うことです。

基本的に、国産で、
無添加・無農薬・有機栽培のものを
選ぶべきなのだそうです。

材料は、
梅干し・お醤油・生姜・お番茶ですから
そんな高価なものではありませんし
だいいち、健康のために飲むのだから
ちょっと安いからといって
農薬使っていたり、
添加物入りの材料をつかったら
あんまり意味ないのではないでしょうかね。

以下、受け売りですが

①「お番茶」は、無農薬・有機栽培はもちろんですが
 「三年番茶」がよろしいそうです。
  なぜかというと、三年熟成されてるので、
  飲みやすく、おなかにもやさしいのだとかです。

②一番注意しなくてはいけないのは
 「梅干し」だそうです。
  実は、原材料が梅としそと天然塩だけで
  きちんと干してある梅干しは、あまり売っておりません。
  安い梅干しのほとんどは
  着色料や保存料などの添加物入りで、
  化学調味料で味付けした「梅漬け」だそうです。
  原材料(梅・しそ・天然塩のみ)をよく見て、
  「天日干し」と書いてあるものが
  ホンモノの梅干しで、よろしいそうです。
  注)お値段は「梅漬け」の倍以上しますが
    ン百円のレベルですから
    1個に換算したら、10円とか20円です。
  パッケージに記載されている
  材料をよく見て選んだほうが
  よろしいかと思われます。

手順としては(二人分)

①梅干し1個を半分に割って
 大きめの湯飲みに入れる。

②お番茶を、ヤカンに入れて
 少量の水を入れて沸かす。

注)沸かさないとお茶が出ません。
  また、沸騰したお茶は、熱すぎるので
  沸騰した後で注水してさまします。

③生姜をすりおろして、茶漉しに入れて指でおし
 生姜汁を湯のみに入れる。

④醤油を湯のみに入れて(適当)、
  割り箸で梅干しをつぶしながら
  ペースト状になるまで、よく練りこむ。

⑤お番茶が沸騰したら、注水してさまし
  湯のみに入れて、よく混ぜて飲む。

たった、これだけです。

ふたたび受け売りですが

梅干しには
◇殺菌効果 
◇クエン酸(疲労回復) 
◇血流を促進する効果

生姜には
◇身体を温める効果
◇血流を促進する効果

醤油には
◇アミノ酸が豊富
◇醗酵食品

番茶には
◇ビタミンC
◇身体を温める(注・緑茶は身体を冷やす)
◇カテキンが含まれている

という効果があるので
朝、空腹時に飲むと
◇胃腸内の不安定な悪玉菌を殺菌
◇胃腸を活性化
◇血流を促進して身体を温める
となるのだそうです。

実際に、冬の朝に飲むと
身体の中から暖かくなって
汗がにじんでくるほどです。(本当!)

冷え性で困っている人や
(わたくしは、冷え性ではありませぬ。)
冬の朝は、なかなかエンジンがかからないという人は
試してみる価値はあると思います。

ウオルター・ビショップJR「スピーク・ロウ」



ジャズを聴きかじりはじめたころ
ナニを聴いていいもんやら、サッパリわからないので
愛読していたのが
「スイング・ジャーナル」誌でした。

時代の流れなのか
しばらく前に、廃刊してしまいましたけどね。

執筆している人の中で
一番ユニークなのが、寺島靖国さんでした。

この人は、吉祥寺でジャズ喫茶を経営されているのですが
今でもご健在で、ジャズの執筆活動をされております。

この人のスタンスは
「おれは、おれの好きなものしか認めねえ。
 いったい、それの、ナニが悪りいんだ?」
という感じであり、ここまで徹底していると
すがすがしいくらいなのであります。

そのころ全盛だった
デンキ楽器を使った「フュージョン」なんて
ボロカスだし
自分が嫌いなアルバムやミュージシャンなんて
ケチョンケチョンですからね。

そんな寺島さんが
珍しく絶賛して
長い文章の論評を寄稿していたアルバムが
ウオルター・ビショップ・ジュニアの
「スピーク・ロウ」です。

絶賛してるといっても
「平凡なピアニストに、
一日だけ神が乗り移って製作された。」
とか 
「ベースのジミー・ギャリソンに引っ張られて
凡庸なピアニストが、持てる才能の全てを引き出し
これ以後は、凡庸以下に成り下がった。」
とか 
いったい、ほめてるんだか?けなしてるんだか?
ってな感じではありましたけどね。

(いちおうは、チャーリー・パーカーとも
 共演したことがある人なんだからさ。)

そう言われると、氣になりますので
かなり前(20年くらいかな?)に購入しましたが
最初に聴いた感想は

「いったいぜんたい、これのナニがそんなにいいの?」
ってな感じでした。

同じピアノトリオでも
ビル・エバンスとか
オスカー・ピーターソンとか
チック・コリアなどなどは
一聴してシロートでもわかるテクニックや
華やかさがありますので
わかりやすいわけですが
「スピーク・ロウ」は
「超絶技巧があるわけでもなく
 淡々とスタンダードを弾いてるだけの
 ジミなピアノトリオアルバムだな。」
というのが、当時の素直な感想でした。

寺島氏が、論評にて
「このアルバムは、ナガして聴くものではない。
正面から向き合って、じっくりと聴くべきだ。」
とも言っておりましたので
それ以来、
たまーに引っ張り出して聴いておりました。

20年経って(遅まきながら)
ようやく、良さがわかりましたですよ。

一聴、シンプルではありますが、
逆にシンプルなので、飽きがくることなく
聴けば聴くほど、
じんわりと音が耳にしみこんでしてきます。

ベースのジミー・ギャリソンは
ジョン・コルトレーンと組む前だったようですが
前のめりで、ブンブンいわせてつっぱしって
その後を、ピアノとドラムが追っかけていくような感じです。

特に「マイルストーンズ」の、トバシっぷりは
かなりキモチいいのであります。

寺島氏は
「たまーに、氣合をこめて聴け。」
と書かれておりましたが
聴き終わったら、すぐにまた聴きたくなります。

そういう聴きかたしたら、ダメなんだよって
寺島氏に叱られそうですけどね。

良さがわかるのに、20年もかかったから
なおさら、今のところ、
一番好きなピアノトリオアルバムです。


カツ丼にサヨナラ



高崎問屋町に生息している住民なら
知らない人はいないという
「ほしの食堂」様が、
年内で閉店することになりました。

高崎にもどってきてから、土曜日に出勤したときは
ここでお昼をいただくのが
ひとつの楽しみでありました。

最近、土曜日はめったに高崎にいないから
たまーにしか、行けませんでしたけどね。

実はわたくし「上カツ丼・¥800円」しか
いただいたことがありません。

注)「上カツ丼」とは、タマゴとタマネギがはいっている
  一般的なカツ丼のことです。
  「カツ丼」を頼むと、ソースカツ丼が出てくるらしいです。

理由は単純で、美味しいからです。

注)誤解のないようにいっときますが
  何を頼んでも美味しいらしいです。

行くたびに
「今日こそは、他のメニューを!」
と思っていながらも
はっと氣がつくと、上カツ丼を頼んでおり
最近では、ここのママさんが
「ナニにする?」と聞いてくれなくなりました。

わたくし、日本だけでなく
中国とアメリカの日本料理屋さんでも
「カツ丼」をいただいたことがありますが
個人的には、「お値段」と「味」を総合して
「ほしの食堂」を上回るカツ丼に
出あったことがありません。

つまり、自分にとっては
千円でおつりがくる「カツ丼」としては
世界ナンバーワンということなのです。

お店はいつも混んでおり
土曜日の12時過ぎに行くと
えらいことになってしまうので
早めに行くのがセオリーだったのですが
先週行ったとき、ママさんに
「こんなに忙しいのに、なんで?」と聞くと
「さびしいけど、後継者がねえ・・・」
ということなのでした。

なんだか、現代ニッポン社会の構造的な問題点を
目の当たりにしたような氣がしましたよ。

個性があって、支持されている個店が
ひとつひとつなくなっていって
全国どこでも同じの
チェーン店ばかり増えていく世の中って
はたして、それでいいのかよ!
って、思わずにはいられないよね。

いずれにしても、来年からは
二度と食べられないというのが現実です。

今後、このお店に匹敵するカツ丼を
いただくことはできるのかな?

どなたかご存知であれば
ぜひ、情報をいただきたく、
よろしくお願いいたします。

ただし、
「美味しいけど、二千円です。」
ってのはダメよ。

そんなの、美味しくて、アタリマエなんだからさ。

目の前に起こったことは
なんでも前向きに受け止めなさいと
ある人に言われたことがありますが

「ほしの食堂」の閉店は、
自分にとって
『もう50歳なんだから、健康を考えて
 カツ丼とかは、ひかえたほうがいいよ。』
という、天からのご啓示である
と考えることにしようかな。

とっても残念ではありますが
長年お世話様になりました。

いつも美味しい「上カツ丼」を、ありがとうございます!

「ほしの食堂」は、わが心の中に永遠に!

インターステラー



今年は、
「毎月一本は、映画館で映画を観る。
という目標を立てておりましたが
夏以後、ごぶさただったもんでして
過日、出張先で、レイトショーを観てまいりました。

観たのは
「インターステラー」です。

わたくしは、新作封切りの洋画に関しては
町山智浩さんの情報をアテにしております。

町山さんは、TBSラジオ「たまむすび」にて
火曜日のPM3時~3時半に毎週出演しており
(アメリカ在住なので、いつもは出演です。)
録音して聞いております。

アメリカでひと足先に観たオススメ映画を
独自の視点と感性で紹介してくれるのですが
これが、おもしれーんだ。

映画が好きな人は
一聴をオススメいたします。

聴いてると、ついつい観たくなってしまいますが
中には、もちろん趣味が合わず
ハズレなのもありますけどね。

最近、一番ハズレだったのが
「アクト・オブ・キリング」です。

つまらんってより
反体制の人間を大量虐殺して、
結果として政府から英雄扱いされてる人間が
どうやって殺したかを自慢話するドキュメンタリーなんて
けっして、おカネ払って観て
氣分いいもんじゃないってことですよ。

現在のインドネシアの裏側を知るって意味では
興味深い内容ではありましたけどね。

さて、「インターステラー」ですが
町山氏曰く

◆この映画は
  「2001年宇宙の旅」に
  「フィールド・オブ・ドリーム」を加えて
  人間関係は「北の国から」という内容である。
 (どれも観たことないけど、なんだよそりゃ)

◆映画のキーポイントになっている部分は
 たとえて言えば
 「ドラえもんの『どこでもドア』」と
 「浦島太郎の『玉手箱』」である。
 (なんやそれ?って思うでしょうけど
  これは、なかなかGOODな表現です。)

◆当作品の監督さんは
 CGがキライなので、なるべくリアルにってことで
 できる部分は、ミニチュア模型をつくって
 70ミリフィルムで撮影している。
 (だから、おカネがかかるんだとか。)
 だもんですから、昔の映画を観ているような
 懐かしい印象を受ける。
 (なるほど。)

◆作者のメッセージは
 「科学が進んだ結果が、スマホ見てるんじゃダメだろ。
  人間よ、昔のように宇宙をめざさなきゃ
  退化してしまうぞ。」ということである。
 (なるほど。)

で、わたくしの感想ですが
(ネタバレ無しね)

◇人間は、天才科学者が宇宙の果てまで行っても
 モメてる内容はくだらなくて、バカなのね。

◇話題になった
 「ゼロ・グラビティ」は観のがしましたが
 最近の宇宙映画って、臨場感がすごい。

◇これの大半がCGでないんだとしたら
 (わたしゃ、ほとんどCGだと思いましたよ。)
 そりゃたしかに、膨大な手間と費用でしょうねえ。

◇宇宙をテーマにすると
 どうしても、こういう方向にいってしまうのかしら?

◇前述した
 「どこでもドア」と「玉手箱」の設定は
 かなり斬新だと思います。

そんでもって
◇時間が長い!(たっぷり三時間)
 でも、長さは、あまり感じさせられません。
 終わって時計を見たら、
 「ええっ!もうこんな時間かよ!」とびっくりしました。

わたくし、
二時間くらいかな?と勝手に思ってて
二時間ちょいと経過したころに
「もし、これでエンディングだとしたら
 すげー後味悪くて、なんの救いもない
 鬱な映画だな。
と思っておりましたら
そこからしっかり、一時間ありましたから。

アメリカのSF超大作映画で
久々に、見ごたえのある作品を観たな
というのが感想であります。

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR