ぐんまちゃん



「ゆるキャラ」というのは
わたくしが大好きな、みうらじゅんさんがつくった造語です。

しかし、この人って、マイブームと言っているものが

◆いやげもの⇒もらって迷惑なおみやげ

◆とんまつり⇒ご当地以外の人がみたら
       どう見ても、とんまなことをしているお祭り。

◆カスハガ⇒絵葉書セットの中に1・2枚必ずある
      まったく使えない絵柄の絵葉書。

◆ヘンヌキ⇒凝りすぎて、異様なデザインの栓抜き。

◆ヌートラ⇒ヌードの絵柄のトランプ

◆ギャップ⇒まぬけな刺繍がはいっているキャップ

などなど、
いい歳して、ナニ考えてんだってなもんで。

「ゆるキャラ」というのは、自分の見解では
みうらじゅんさんが言い始めた当初は
「地域で、真剣に考えたものの、
 微妙にズレてしまって、
 ゆるゆるで、失笑をかっている
 一般的に知られていない、
 マイナーご当地キャラクターを
 暖かい目で見つつ、おもしろがる。」
というコンセプトだったと思うのです。

それが、いつのまにやら、
最初から
「ゆるキャラ」グランプリをめざすので
皆さん、応援よろしくお願いしますってのは
ちょっと、「ゆるキャラ」という本質から
逸脱しつつあるんではないの?
と感じてしまいます。

だから、最近では
好感がもてる「ゆるキャラ」と
そうでないのとに、わかれるように感じます。

企画当初から、力みすぎてて、
ムリヤリ盛り上げようとしてるのは、ちょっとねー。

そんななかでも、地元の「ぐんまちゃん」は
いつのまにか、すっかり浸透しておりましたので
身内びいきとかではなくて
かなり、いいセンをいっているのでは?と思っています。

県庁の職員さんが考案したってのも
素朴で、ナイスなところです。

最近では、高崎市内や、県内のあちこちで見かけて
すっかりとなじんでおりますし。
なんと言っても、
地域のチビっ子たちに、ビックリするほど大人氣なところが
あざとい大人が、ムリヤリ盛り上がっているだけではない
ということの、証明なのではないかと思います。

デザインも、スッキリしていてかわいいので
ゆるキャラグランプリにて
二年連続で第三位というのも、わかるような氣がします。

別に、グランプリなんかとらなくてもいいから
群馬県内の隅々まで根付いて
末永く
地域のシンボルになってくれたらいいのではないかな
と思っています。
スポンサーサイト

鳥獣戯画



わたくし、収集癖は、あまりないのですが

※)というよりも、なにせバカなもんで
  集め始めると、キリがなくなってしまう反面で、
  財源はないしってことだから
  自粛してるんですけどね。

ラブラドール・レトリーバーのグッズと
「鳥獣戯画」がデザインされているアイテムは
おカネに余裕があれば、ゲットすることにしています。

「鳥獣戯画」って、大好きなのよ。

ナニがいいんだ?って、あの、ゆるゆるなところですよ。

だってさ、カエルとウサギが相撲をとって
ウサギが投げ飛ばされて
ギャラリーのカエルが喜んでんだよ。

あんな大昔に、このセンスって
いったいどんな人が描いたんだか?
とっても興味があります。

今回ゲットしたアイテムは
「鳥獣戯画」を保有している「高山寺」のご朱印帳です。

親せきの、フーミンが関西旅行に行ったので
お土産にいただきました。

注)親せきというのは、イヌ同士が姉弟ということなのです。

ナイスなアイテムを、ありがとうございます。

今使っている、二冊目がいっぱいになったら
第三冊目として、活躍していただこうと思います。

剣菱



過日、大学の同級生が訪ねてくれましたが
メンバーは、体連のOB&OGだったので

注)わが母校では「体育会」のことを「体連」といいます

昔をしのんで、乾杯のお酒は
「剣菱」にしてみました。

学生時代は、他の体連部会に持参するお酒は
「剣菱」と指定されておりました。

だから、今でも、店頭で「剣菱」のラベルを見かけると
足腰が立たなくなるまで飲まされた
ラグビー部のコンパを思い出します。

全然さわやかな思い出じゃねえなあ。

おれ、一年生のときの新歓コンパで
意識がスッ飛ぶまで、日本酒を飲まされて
それ以後、日本酒のにおいをかぐだけで
キモチ悪くなってしまうので
二年間、日本酒は、一滴も飲めなかったということがあります。

でもさ、お酒って、
そうやって身心ともに覚えていくもんではないかと思うな。
(当時の運動部の飲ませ方は、いかがなもんかとは思うが。)

飲んだこともないくせして
いろんな会合で、お酒をすすめられたとき
「わたし、日本酒はちょっと。」
とか言って、飲もうともしないやつってキライだなー。

先輩や上司にすすめられたら
とりあえずは、いただいてみて
一回くらいは、二日酔いを体験してみなくちゃね。

四半世紀前に、わたくしに、
さんざん、ゲ★を吐かせてくれた「剣菱」も
今となって、おちついて味わってみると
キリっと引き締まった味がします。

武骨な飲み口が、
運動部ご推奨のポイントだったのでしょうかね?

ちなみに、この日のランチのメインディッシュは
「チンズバーガー」だったので
もちろん、「剣菱」をグイグイとあおったわけではなく
お猪口で、ちょびっとだけ口にしただけでした。




榛名神社のご朱印



こちらが、榛名神社のご朱印です。

なかなか、味わいのあるタッチであります。

以下、聞いた話ですが
榛名神社のパワーは強力なので
敷地に入ってから、
良き思いも悪しき思いも増幅されるので
ネガティブなことを考えると
逆効果になってしまうとのことです。

もし行かれる人は
門をくぐったら、ひたすらポジティブに
ということを意識されたほうがよろしいみたいです。

榛名神社のご朱印帳



これが、榛名神社オリジナルのご朱印帳です。

やはり、一番パワーがある
本殿と巨大な奇岩がモチーフになっています。

榛名神社は、クルマで40分もあれば来れますので
身心ともに、ガス欠状態のときは
時間を見つけて、パワーをいただきに来ることにしました。

だもんで、このご朱印帳は、榛名神社専用にしました。

参拝するごとに、
ご朱印をいただいてこようかと思っております。

(そういうことをするのが正しいのかどうかは、
 わかりませんけれどもね。)

榛名神社



学生時代の同級生と、榛名神社に行ってきたっす。

榛名は、いまや高崎市って、
なんとなく、実感がわかないやねえ。

小学校のとき、サッカーの合宿で
(おれ、小・中の6年間サッカー部。)
榛名富士に登ったり

中学校のとき、高原学校で、
榛名湖でカッター(注・デカいボート)をこいだりしましたが
なぜか、榛名神社は、全然行こうとも思いませんでした。

ま、フツー、キョーミないわな。

でも最近、神社めぐりが、マイブームだってことと
昨今のパワースポットブームで
榛名神社には、たまに行くようになりました。

なんつったって、インターネットの
「全国神社パワースポットランキング」で
堂々の第四位ですから。

一位:明治神宮
二位:伊勢神宮内宮
三位:出雲大社

これの次だってんだから、すごいことですよ。

大神神社とか、日光東照宮とか、熱田神宮とかよりも
上位にいるってことだからねえ。

だから、いざ行ってみると
若いカップルから中高年のツアーまで
想像以上に人がおります。

氣候が良いときに行くと
駐車場がいっぱいで、渋滞しているから
注意が必要です。

最近では、世界遺産の富岡製糸場のツアーで
伊香保温泉に泊まって、榛名神社に来る
というオプションもあるみたいなので
大型バスも、けっこう来ています。

榛名神社は、
榛名山の中腹(標高900メートル)にあるので
自然と一体になっているところが
オススメポイントであります。

春・夏・秋・冬それぞれ行きましたが
どの季節もおもむきがあって
甲乙つけがたいものがあります。

この画像は、島田秀平さんが
「一番パワーを感じる」と言っていたポイントです。

全国でも有数・関東では屈指のパワースポットだそうです。

浅草・鮒金の佃煮




学生時代の同級生が訪ねてきてくれました。

お江戸の下町娘が持ってきてくれたおみやげが
浅草の老舗である、『鮒金』の佃煮です。

ありふれたスイーツとかじゃなくて
「佃煮」ってとこが、なかなかシブくて
たいへん、センスがよろしいのではないかと存じます。

それにしても、老舗の江戸前佃煮って
「うーん、なるほど!」っていう
味わい深さです。

どれも特長があって美味しいので
こりゃ、しばらく、ゴハンや晩酌のときに
チビチビ食べる楽しみができたわいと思ったら
賞味期限は二週間だそうですよ。

佃煮って、保存食だと思ってましたけど
やっぱ、ちゃんとつくった食べ物は
防腐剤や保存添加物とかを入れてないからなんでしょうね。

いずれにしても、楽しみながらいただきます。

ユキコさん、ありがとうございます。



パワースポット第一位



こちらが、
全国パワースポットランキング
栄えある神社部門第一位
『明治神宮」のご朱印です。

明治神宮って、明治天皇と皇后の御陵なんだってね。

そんなこと知らねーのは、おメーぐらいだよってか。

てことは、まだ新しい神社なわけですが
それにしては、さすがに堂々たる風格です。

おそらく、
重々検討されて、あそこの場所になったのでしょうけど
よくもまあ、都心のど真ん中に
あれだけ広大な敷地を確保したよね。

いつになったら本殿にたどり着くのかってもんだしね。

そう考えると、東京って、
世界でも有数な、近代的な大都市の反面で
ところどころに、そこそこの広さの自然エリアがあるから
不思議な街なんだなと思います。

そういうこともあってか
外国人の観光客も、たくさん来ておりました。

場所も行きやすいので
都内に出かけたとき、身心が不調だったら
時間をつくって、パワーチャージしてきたいなと思います。


明治神宮



ご朱印帳がいっぱいになりましたので
二冊めをゲットしました。

一号が「お伊勢さま」のだったので
二号は、パワースポットランキング第一位の
「明治神宮」でゲットしてきました。

しかし、神道系の学校に在籍してて
学生時代に、原宿には、ちょくちょく行っていたのに
明治神宮が、
原宿駅のすぐ裏にあることを知らなかったわたくしって
かなりのボンクラなのかしら?

注)原宿に行っていた理由は
  1)竹下通りに、ラグビーショップがあったから。
  2)クラブの納会をやるお寿司屋が
   同じく竹下通りにあったから。
  だったからです。
  くれぐれも、オシャレな目的ではありません。

地下鉄の、明治神宮前という駅でおりて地上に出たら
いきなり原宿駅だったんで、のけぞってしまいましたよ。

できれば、学生時代にもどって
「神道概論」をしっかり勉強したいと思いますが
こういうのを、典型的な、
「あとのまつり」っていうんだろうね。

ボンパパのカレーパン



小腹がすいたとき、コンビニとかにフラっとはいって
ついつい買ってしまうのが「カレーパン」です。

「カレーパン」は、パンの中で一番好きですが
お値ごろ価格でありながら
コンビニの量産品も
こだわったお店の手づくりのも
どれも、それなりに美味しくて
ほとんどハズレがないのがうれしいところです。

今のところ
「お値段」と「味」を比較した満足度で
一番好きなのが
「ボンパパ」様の「大辛カレーパン・¥165円」です。

カリカリのパンをかじると
濃厚で、しっかりと辛さがあるカレーが入っています。

くりかえしますが
時間帯によっては売り切れております。

今回は、たまたま1個残っててラッキー!

ボンパパ



「パン」は
菓子パンから惣菜パンまで、
もちろん好きですけど
わたくしにとっては、“主食”としてより
“おやつ”的な食べ物なのであります。

そして、「パン屋さん」と、ひと言で言っても
全国に出荷している大手メーカー様から
小規模で、
徹底的にこだわって作ったパンを売ってるお店まで
まあ、いろいろありますもんで
単純に比較できないように感じます。

自分は、パンに関しては
特別なこだわりや執着心はないので
「お値ごろ」
「手軽に買いにいける」
「安心・安全」
そんでもって「美味しい」ってのが
ポイントでしょうかねえ。

となると、自分にとって
今のところナンバーワンのパン屋さんは
「ボンパパ」様かもしれないです。

ハナミズキ通りの、セブンイレブンの交差点を曲がり
真木病院様の近くにあるお店ですが
初めてここの食パンをトーストで食べたときは
美味しくてビックリしましたよ。

お値段も良心的なので
パン好きのかたは、一度足を運んでみてはいかがでしょう。

ただし、手作りだから、品数は少ないんで
時間帯によっては売り切れてしまっています。
あしからず。

ひさびさの雑魚釣り



わが家の水槽が、ちょいとさびしくなってきたので

注)専門家に言わせれば、ちょうどいいくらいの密度
  ってなことかもしれませんが。

ひさびさに、採集活動に行ってきました。

場所はヒミツの、烏川水系支流です。

ちょっと、水深が浅いものの
足場は良く
蚊がおらず
魚影は濃くという
ナイスな場所なのであります。

「釣る」のが目的ではなく
「飼育する」のが目的であり
大物でなく、小物をねらってますので
(5センチ以上はリリース)
できるだけ個体を傷つけないように
1号のハリのカエシをペンチでつぶし
0.4号のハリスに0.8号の道糸
シモリウキというしかけです。

傷つけないようにするため
アタリにあわせない
ハリを飲み込まないように注意する
ということがポイントなので
なかなかハリにのせるのに、コツが必要です。

ウキが動いたら、そーっと引き上げる感じですが
ハリにカエシがないもんで
アタリマエのように、
お魚がポロポロと落っこちます。

でも、そのやりとりが、なかなか繊細で
90円(エサ(サシ)代)で、けっこう楽しめます。

この日は、時間がなかったので
30分で10匹でした。

基本的に
「オイカワ」がターゲットなのですが
(理由⇒水槽に入れるとキレイだから)
アブラハヤとモツゴ(クチボソ)がアタックしてくるので
この日は「オイカワ」は
一匹しかゲットできませんでした。

日淡(日本の淡水魚のこと)って
キョーミが無い人には、みんな同じに見えるし
一見ジミなんですけど
よーく観ると、キレイで
それぞれに特長があって
観賞してると飽きないものなのですよ。

レディ・トゥ・フライ



左が、1979年に、日本武道館での
高中正義さんのコンサートを収録した
「スーパータカナカライブ」
(LP発売は1980年)

そして、右が、今年、新譜としてリリースされた
「スーパースタジオライブ」です。

収録されているのは、基本的に同じ曲です。

おまけで2曲追加収録されてますが
はっきり言って、いらないと思う。
(なんでよけいなことするんだろ?)

34年前のライブを
前作にほぼ忠実に
スタジオ録音で再現した内容です。

タカナカさん、34年も経過したもんですから
今となっては還暦(61歳)だそうですよ。

タワーレコードで試聴して
ほんとに久々に新譜のCDを購入しました。

高校生のとき、LPレコードを購入するのは
お金がないもんで
そりゃ、切実なものでしたが
「スーパータカナカライブ」は
自分しか持っていなかったので
かなり多くの友人に、かしてあげた記憶があります。

タカナカさんには、高校一年生のとき
「ジョリー・ジャイヴ」の「ブルー・ラグーン」で
心をわしづかみにされたのでしたよ。

その後に購入した
「スーパータカナカライブ」は
(B面だけだけど)まあ、夢中になって聴いたのでした。

考えてみたら
A面ってほとんど聴いてないなあ。

「トロピック・バード」から一氣に盛り上がって
エンディングの「黒船」になると
夏の夕日を見ているような
名残りおしい氣分になったものです。

当時は、熱しやすく冷めやすかったもんですから
高校二年生のとき、「虹伝説」のころに
なんとなくタカナカ熱がさめてしまったので
(「虹伝説」も名盤ですが)
残念ながら、
ギター小僧には、なりませんでしたけどね。

当時、わが家に、
まだ珍しかったビデオデッキがあったのですが
平日の夕方に放映されていた
「ステレオ音楽館(だったっけな?)」という番組で
(この番組、今思えば、すごくいい番組でしたよ。)
タカナカさんのライブを録画して
高校の同級生が、たくさん観にきました。

「レディ・トゥ・フライ」のソロで
2弦が切れるシーンを、今でも思い出しますよ。

「レディ・トゥ・フライ」って、
タカナカさんの曲の中で一番好きです。

というより、自分にとっては
バカで、イタくて、どうしようもないくらいダサくて
わけもわからず熱かったという
高校時代を思い出させる曲なんだと思います。

今年、「スーパータカナカライブ」のCDをなにげなく購入して
電車に乗って、ウオークマンで
「レディ・トゥ・フライ」を聴いていたら、
思わず涙が
ボロボロボロボロ出てきてしまいましたよ。

ミミちゃんのキーボードと
土岐英史さんのソプラノサックスをバックに
エフェクターをかけて、ギュンギュンに鳴っている
タカナカさんのギターを聴くと
夏の青空を突き抜けて
10代の自分に出会えるような氣がします。

34年経過したタカナカさんって、
はたしてどうなのかな?
と思って聴いてみましたが
(タカナカさんの新作なんて、久しぶりに聴きましたから。)
ヌケのいいドラムとパーカッションにのって
キレキレの演奏をしてるのは
さすがだなあと思いましたよ。

ミミちゃんのキーボードがないのが
ちょっとさびしいかなと感じましたけどね。

ミミちゃんのキーボードって
「レディ・トゥ・フライ」に欠かせないってわかりました。

タカナカさん、34年経って、
年の功だけ「コク」が出たなって感じるアルバムです。

20代の若さで突っ走る「レディ・トゥ・フライ」と
還暦過ぎて
味のある音で聴かせる「レディ・トゥ・フライ」と
聴きくらべてみるのも楽しいかもしれませんよ。

ちなみに、「ディスコB」は、新作のほうが好きです。


プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR