ケンダイとヤチヨ




群馬県の、代表校は、健大高崎高校に決定しました。

注)画像は、三回戦の、前橋育英高校戦に勝った後です。
  たしかに、この試合が、事実上の決勝戦だったかもね。
  いい試合をナマ観戦できて、ラッキーでしたよ。

わたくし、母校以外では
「公立高校」「高崎市所在」ってのが、
応援するポイントです。

やっぱ、地元であり、野球環境も十分でないってチームを
応援したくなるもんですよ。

ってなことで、母校が敗退した後
準決勝までは、
高崎経済大付属高校を応援しておりました。

高崎市の公立高校ってことに加えて
Aさんのご子息が在籍してますしね。

優勝したら、Aさんには、
真っ白な灰になるまで祝杯をあげていただこうと思ってたのに
あと一歩で、残念だったなー。

Aさんには、こんどは、われわれ自身の祝勝会で
真っ白な灰になるまで飲んでいただく
ってことを目標にしたいものであります。

そういえば、準決勝の4チームは
すべて元女子高だって。

群女vs桐丘 高市女vs伊勢崎女の準決勝って
世の中は変わるもんだなーとしみじみ思いましたよ。

決勝戦の、健大(元群女)vs伊勢崎清明(元伊勢女)の試合は
おビールとハイボールなんぞをいただきながら
テレビ観戦いたしました。

高崎の私立高校野球強化校vs伊勢崎の県立高校ってなことで
特に、どちらを応援するということでなく観戦しましたが
決勝戦らしい、引き締まったナイスゲームでした。

いちおう言っとくけど
おれは、健大の野球部が、
全国から選手を集めて、野球強化に特化した体制で
実績をあげてるってことになんの文句も批判もないからな。

それどころか、目的をもって、選手を集めて、インフラをつくり
具体的&計画的に投資&強化して
短期間で、全国の上位をねらえる体制をつくりあげたんだから
見事なもんだと、賞賛しております。

私立高校が、自校の存続と向上のために
それぞれの特長をつくって
あの手この手で、全国から生徒を募集するのなんて
きわめて健全な努力なんじゃないのかなと思うな。

それに、健大って、監督さん曰く
「授業をサボる部員は許さん」ってな体制だそうだから
ひと昔前の、スポーツオンリーの学生とは
まったくちがうようです。

グラウンド整備のとき、全員で整列して
感謝の礼するのなんて、しっかりしてるなと感心します。

そうやって、全国から選手を集めて
集中的に鍛えてる私立高校チームに
地元出身者中心の公立高校チームが健闘してしまうというところが
また、高校野球の醍醐味なんだと思うな。

まさに、そんな内容の群馬県大会決勝戦でした。

観てて、氣持ちが良かったよ!

こうして群馬代表になったということで
健大には、全国で旋風を巻き起こしていただきたい!

なんたって、特長あるチームなんだからさ。

「機動破壊」なんて言葉、聞いたことないもんね。

以前、講演会で拝聴した、監督さんの言葉を記載しましたが
全国大会出場が決まったので、削除しました。
(高崎市民として
地元チームの情報出さないのアタリマエ)

ひとつだけ紹介すると、
「長打は、どれだけ鍛えても、確実に打てるとは限らないが
 守備と走塁は、鍛えた分だけ強化して進化できるので
 徹底して重視する。
 塁に出たら、走塁で相手を崩して
 自分の流れにもっていく。」
というような、内容だったと記憶しています。

これって、わが家の息子ふたりが、
小学校でソフトボールをやっていたとき
宿敵の「八千代クラブ(現八千代ジャガーズ)」が
得意としている戦術に似ています。

当時の八千代クラブは
鍛えられた守備に加えて、
攻撃は、バントで出塁して
執拗に離塁と盗塁を繰り返して
バッテリーと内野を揺さぶり
常にひとつ先の塁をねらって、相手のミスを誘う
という戦法のチームでした。

大会で対戦すると、
走塁でかきまわされて自滅して敗戦
ということを何度も何度も味わって、
悔しい思いをさせられたものです。

しばらく前の関東大会で、
東京の強豪チームが、八千代クラブの揺さぶりに翻弄されて
(おそらく、そんなことをされた経験がないので、パニックになり。)
エースが崩れて負けたという試合がありました。

だから、数年前に健大の試合を初めて観たとき
「八千代の高校野球バージョンみたいだな」
と思ったものでした。

全国の強豪高校で
「超高校級のエースに加えて切れ目のない重量打線」
なんてチームと対戦すると、
健大の本領が発揮されて、
全国の高校野球ファンを
びっくりさせるような試合をしてくれるんではないかな?と
ひそかに期待しているのであります。

走りまくってガンバレ! 健大高崎高校!

スポンサーサイト

デュークさんの夏休み



梅雨があけたと思ったら
いきなりの猛暑日となってしまいましたよ。

しかしさ、子どものころの記憶をたどると、
夏休みに、30℃と聞くと「今日は暑いな」ってなもんで
35℃なんて、ひと夏に何日あるか?ってより、
ほとんど聞いたことがない
ってなもんではなかったでしょうかね?

最近では、朝起きたらすでに30℃で
日中35℃オーバーがアタリマエって、なんやそれだよね。

今では、東海や関西に行っても
「おたくは暑くてたいへんね」と同情される始末です。

まったく、いつから北関東は
全国でも有数の暑いエリアになったんでしょうかね?

これで、冬が暖かければ、まだいいんですけど
冬は風が吹き荒れて寒いってんだから
とってもタチが悪いよね。

なんかで聞いたのですが
東北や北海道は、寒さ対策のみ考えた住宅なので
冬の室内は、暖かいとのことですけど
北関東は、暑さと寒さ両方なので
どちらかのみの対策を考慮した住宅にするわけにいかず
ひょっとしたら、
「日本で一番、冬寒く・夏暑い地域」
なんではないか?とのことです。

そんなもんで日本一になっても
ぜんぜんうれしくないっての。

さて、わが家には
真夏でも毛皮のデュークさんがおりますので
涼を探しに、水辺に行ってみたのでした。

水が汚いとかわいそうだし
病氣になったらたいへんなので
とりあえず行ってみたのが、
上野村の手前の神流川です。

淵をのぞくと、ウグイの幼魚がたくさんいましたので
おそらく、流れの中には、ヤマメくらいはいるんではないかな?
と思えるくらい、水がキレイでした。

惜しむらくは、
「流れがなくて深い」という場所がありませんでしたので
デュークさんを泳がせるということができなかったことです。

しかし、クルマで一時間弱も走れば
水がキレイな場所に行けますので
環境には恵まれているのだと思います。

ま、それだけ、イナカってことなんでしょうけどね。

この夏は、地図とネットで調べて
デュークさんが、
安心して水遊び&スイミングができるポイントを
さがしてみたいと思います。

わしらの負け越しが決まった日に



まだ、梅雨明けしない、三連休の中日
わがコブラーズは、ホームである河川敷グラウンドにて
「常磐町」さんと対戦したのでありました。

そういえば、学校は夏休みなんだよね。

つい、この前、大雪で騒いでたのに
時の移ろいは、早いものですのう。

ここまで、2勝5敗という戦績なので
あとひとつ負けると、今シーズンのリーグ戦が
負け越しとなるために
もう、ひとつも落とせないのでしたが
結果は4vs12で、完敗でした。

つまり、あと2試合残して、
今シーズンの負け越しが決定したということです。

わたくしは、未だ腰痛が完治していないために
出場はいたしませんでした。

もし、おれがいたとしても、
結果は変わらなかっただろってのが
悲しいとこなんだけどさ。

今シーズンのここまでは
メンバーみんなが、ソフトボールとリーグに慣れて
戦力も、大はばにアップしたのですが
それが原因かどうか
ちょっと、集中力が欠けてしまっていたのかもね。

先シーズンは、
連投でがんばるゴトーくんを、
攻守でサポートしなくては
ってなことで、
自分を含めて、みんな、もっと集中していて
必死で試合していたように思えてなりません。

今シーズンは、攻守ともに凡ミスが多いのは
集中力の欠如と油断が原因のように感じます。

自分も、今回、腰痛になってみて
はたして、あと何年できるのか?
と思い知らされましたので
あと2試合、60分間集中して、
大切に試合したいものです。

この日は、高校野球の県予選で
二回戦屈指の好カードである
前橋育英高vs健大高崎高の試合が
城南球場であるということで、
試合終了後に、有志で観戦に行きました。

なんたって、育英は、昨夏の甲子園初出場で初優勝
しかも、去年、優勝ピッチャーのエースが健在!

対する健大は、
近年、全国大会に出場しても、
上位に進出する新興強豪高ってことで
秋・春の大会で、育英がずっこけていなけりゃ
ベスト4以上で対戦すべきカードなのでした。

行ってみたら、すげー行列で、
新聞によると、1万2千人だったそうです。

城南球場には、小学生のときから行ってるけど
こんな行列、初めてみたよ。

あの大混雑の中、
周囲から、無言のひんしゅくを浴びながら
席を確保いただいたAさん、ありがとうございます。
(わたくしには、とてもできません。)

試合は、白熱した好ゲームであり
結果は、2vs6で、健大高崎の逆転勝ちでした。

プロ野球のスカウトが11球団から来ていたそうですが
高校ビッグ3のピッチャーが、たった2試合投げただけで
敗退してしまいました。

わたくし、野球は、どシロウトでありますが
プロでやっていこうとしたら
たとえ調子がイマイチであったとしても
県予選くらいは、
相手を、
ムリヤリにでもねじ伏せるくらいのマンパワーがないと
ちょいと、厳しいのではないのかな?

いずれにしても、一発勝負のトーナメントは
難しいものだと実感しました。

一方、勝った健大高崎は
群馬県では初めての
全国から選手を集めて強化する
いわゆる「高校野球のプロ」
ではないかと思うな。

春のセンバツの前に、沖縄でキャンプしちゃうとかね。

自分は、
高崎の学校でありながら、高崎の選手がほとんどいない
ということに、多少の違和感はあるものの
私立の学校が、ルールの範疇でなにをやろうと
マスコミなどがあれこれ言うのは、
おかしいだろと思っています。

また、こういう学校が出てくると
それぞれの学校の刺激になって、
群馬県全体のレベルがアップするから
いいことなんじゃないのかね?

自分の同級生には、
県内高校野球部の監督と部長がひとりずつおりますが
ふたりとも、多忙な教職の合い間に時間をつくって
高校生の指導をやっています。

プロのような高校生チームに
環境が恵まれていないチームが挑んで
勝つこともあるというのが、
高校野球の醍醐味のひとつなんではないでしょうか?

ま、細かいことはともかくとして、
高校野球は清々しくて、
観てて氣持ちがいいねと感じた日曜日でした。

烏森神社・水天宮



都内に出張したときに
よく行く場所と、
お取引先様の近くにある神社2社です。

烏森神社は、新橋駅から徒歩3分です。

PSランキング282位です。

新橋は、
駅前に「ニューしんばしビル」という雑居ビルがあり
おそらく、そこの金券ショップは、日本一安いので
都内出張したときは、時間をつくって
キップやら切手やらハガキやらを
おつかいに行っています。

50円切手が45円だから
積り積ると、バカになんないっすよ。

烏森神社は、
「ニューしんばしビル」の近くにあるとのことですが
そんな神社あったかいな?ってなもんで
毎月行っているのに、まったく氣づかなかったのでした。

いざ行ってみると
ビルの谷間に、ひっそりとありました。

目標を定めて行って
発見したときの喜びも
神社めぐりの楽しみのひとつです。

小さな神社ですが
通りがかる人が、ひんぱんに参拝しており
サラリーマンの街を守ってるんだなと思いましたよ。

水天宮は、
もともと、人形町駅から徒歩2分ですが
現在は、建て直しているようで
仮社殿が、浜町駅、明治座のそばにあります。

学卒後、最初に勤務した会社の
東京事務所が、以前建っていた場所の近くです。

こちらは、PSランキング128位です。

そして、「東京五社」のひとつでもあります。

仮の社殿ではありますが
どうやら、水天宮は、安産を祈願する神社のようで
平日にもかかわらず、
若い夫婦でにぎわっており
なんとも、幸せムードが漂っているのでありました。

今、書店に行くと、
「ご朱印」に関する書籍が、いろいろ並んでいます。

その多くに、「烏森神社」のご朱印が紹介されています。

理由は、カラフルで、かわいいからだとか。

駅から近いことだし、
ご朱印マニアの人は、ぜひ、烏森神社に行くべきかもです。

いずれにしても、東京は、
人がたくさんいる、にぎやかな場所に
パワースポットの神社が、たくさん点在しています。

できれば、
出張の昼休みに、あわただしく参拝するのでなく
プライベートで都内に出かけて
ゆっくりと探索してみたいと思うのであります。


二週続けて逆転サヨナラ負け(ありゃま)



今週は、とんでもない台風が上陸しました。

わたくし、天氣予報で、上陸してピークと予測されてる日に
東海エリアへの出張予定を組んでたもんで
かなりビビりながら出かけてきましたが
一日だけ、ずぶぬれになっただけだったので
(泣きそうになったけどね)
被害最小限でよかったと思うのでした。

ヘタしたら、交通機関がマヒして
帰ってこれないかもと思いましたのでね。

そういえば、先週は、試合後に腰痛になり
かなり不自由いたしました。

最近、スパイクで、かたい土の上を走ると
腰にくることがありますので
注意しなくてはいかんなと思いました。

週末は、リーグ戦後半の
「ノーバンズ」さんとの一戦です。

場所は、烏川の河川敷です。

腰は、だいぶよくなったのですが
この日は、久々に打撃の鬼・カネコさんも参加して
人数に、少しの余裕があったので、
大事をとって出場は辞退させていただき
土手でのタマ拾いをさせていただきました。

ここは、人どおりが多いので
注意が必要ですからね。

結果は、8vs9の、逆転サヨナラ負けでした。

先週に続けて、二試合連続ですよ。

ありゃまってなもんだよね。
(ありゃまじゃねえだろっての)

まあ、先週の負けっぷりは、
ちょっといただけませんでしたが
この試合は、白熱した、良い試合ではありました。

ノーバンズさんは、
われわれが全然ダメだった去年とおととしの二年間
なぜか連勝してきた相手ではありますが
バッティングが良いチームです。

それに、この試合は、
相手の外野陣の守備が素晴らしく
普通だったら、あと何点か入っていたところ
好守備で流れを断ち切られ
逆に相手は、守備で流れをつくって
チャンスを確実にモノにしてたって感じでしょうか?

いずれにしても、昨年勝利した相手に二連敗し
今シーズンは、勝ち越しはできなくなりました。

やはり、勝負事は、
なかなか簡単にはいかないということですよね。

ここで悪い流れを切って
残り三試合、なんとか全勝して、
昨年以上の結果を残したいものです。

皆さま、がんばりましょう!


朝陽の中で逆転サヨナラ負け(おいおいおい)



ようやく週末の雨がやんだので
半月ぶりのブルースカイリーグです。

しかしさ、お天氣に関しては
誰のせいでもないんだけど
半月ごとに試合っての、なんとかならんものかね?

こちとら、ヤングメンじゃないんだから
半月も経ってしまうと
毎度毎度ゼロにリセットされちゃって
なかなか感覚がつかめなくて、弱ったものです。

特に、この日は、早朝で身体が目覚めてないのに加えて
梅雨独特の重たーい空氣だもんで
びっくりするほど身体が重く
全然動かないんで、ちょいとびっくりしました。

あららと思ったら、翌日からひどい腰痛で
さすがフィフティーズにもなると
イチローさんをちっとは見習って
十分に身体のケアをしなくちゃいかんなと
思い知らされたのでした。

今回のお相手は、スリースターズさん。

場所は、北部小で、6時プレーボールです。

昨年は、打線が大爆発して
23VS3というスコアで、大勝したのでした。

わたくしも、4打数3安打・ホームランと3塁打一本ずつ
打点4と、大当たりしたのでありました。

思えば、これが悪かったのかもね。

今年は、去年より、確実に戦力アップしてるし
去年は大勝してるし
相手は、ここまで全敗だしってなことで
無意識のうちに油断しちゃったんでしょうね。

結果は、逆転サヨナラ負け。

自分も力んで快音ナシ。

相手に、今期初白星を進呈してしまったのでした。

内容は、
勝ちゲームだったのに
雑に攻撃してチャンスを簡単につぶし
逆に、ミスで相手に点を献上するという
典型的なダメ試合でありました。

これじゃ、シュンタローくん、かわいそうだよね。

おじさんたちが使えなくって、もうしわけないです。

考えてみたら、おととしは惜敗してるんだから
謙虚に試合しないといかんよね。

やっぱ、初心にもどって
チャレンジャー精神で
いつもメンバーギリギリで、
連戦連敗のなか、必死でやってた
リーグ参加当初のことを思い出さないとね。

いずれにしても、トータルで10試合しかなく
今期も、あと4試合しかないのですから
一試合一試合を、大切にしなくちゃいかんなと
痛感させられたのでした。

若宮八幡社・洲崎神社



名古屋は、6年間生活した土地です。

大学を卒業して、新卒で就職した会社が
名古屋本社(当時)だったので
退社直前に結婚するまで、
会社の寮でお世話になりました。

自分にとっては、第2or第3の故郷です。

大学の卒業式の数日後
見知らぬ土地での、新たな生活をするために
父親と新幹線に乗りながら
(注・入社式は、親同伴だったため。)
期待と不安でドキドキしたのを覚えています。

最初は、
ナゴヤ独特の雰囲氣と、人間関係に馴染むのに
多少苦労しましたが
当時は、バブルで、景氣も絶好調であり
上司・同僚・同期・仕事に恵まれて
とても充実した日々を過ごさせていただきました。

だから、今でも、出張でナゴヤに来ると
ちょっと、キュンとしてしまいます。

そんなナゴヤにて、
移動の合間に、神社に行ってきました。

若宮大通り沿いにある二社で

「パルコ」のそばにあるのが
「若宮八幡社」⇒PSランキング454位

名古屋駅のそばにあるのが
「洲崎神社」⇒PSランキング402位です。

もちろん、ナゴヤにいたときは、知らんかったけどね。

洲崎神社にお参りしたとき、ふと見たら
「SKE48のメンバー(個人名は失念)が、
 総選挙で上位にはいりますように。」
ってな絵馬が、たくさんかかっておりました。


さくらんぼ



高校の同級生である、Nくんから
さくらんぼが届きました!

Nくんは、高校2・3年と同じクラスであり
お互いの家に宿泊したことがある仲です。

N体大出身なので、スポーツ万能ですが
スキー部出身なだけに、スキーはプロ級です。

今まで自分が会った、全ての知人の中で
スキーについては、ダントツでナンバーワンです。

そんなNくんは、福島県の五色沼の近くで
ペンションを経営しています。

「ペンション楓」という名前のペンションで
奥様手づくりの「ビーフシチュー」は
旅行雑誌で賞をとったくらいの逸品のようだし
同じく手づくりのパンも、とっても美味です。

トラベル情報誌やネットとかでも評価が高いので
そちら方面(猪苗代湖)に旅行される人は
ぜひ、訪問してみてくださいませ。

さて、このさくらんぼですが
いやー、びっくりするくらい美味でした。

Nくん曰く、何年に一度のアタリ年だそうですが
こんなに美味なさくらんぼは、初めて食べたかも。

しかし、こういうのって、勢いよくいただくと
あっという間に無くなっちゃうし
かといって、大切にいただきすぎると
鮮度が落ちて、まずくなったり
最悪、ダメになったりだから、
ころあいが難しいところだよね。

いずれにしても、Nくん、ありがとうございます。

高崎に帰省したら、いつでも連絡ください。

同期のみんなに声かけて待ってるよ。



盲導犬



出張先で常宿にしている
とある地方都市のビジネスホテルにて
最近、たまに、
盲導犬を連れたマッサージ士さんを見かけます。

先日宿泊したときに
1Fのバックヤードに、ケージが置いてありました。

中には、盲導犬である
クロのラブラドール・レトリーバーが待機しておりました。

わが家のデューク・ジュニアさんよりも
アタマひとつくらい小さな個体でした。

パートナーのお仕事が終わるのを
じっと待っている姿は、
いじましくて、涙が出そうになりました。

注)もちろん、ちょっかい出してないからね。

わたくし、足ウラ以外のマッサージは
あまり得意ではないのですが
少しでも協力できればってなことで
こんど、マッサージをオーダーしてみようかと思っています。

いのちみじかし



先日、お天氣がよかったので、市内をウオーキングしてたとき
なにげなく植え込みをのぞいたら
ミツバチがおかしな動きをしておりました。

「あれ?」と思ってよくみたら
ミツバチが、カマキリの子どもに
捕食されておりました。

自然界は、弱肉強食とはわかっているものの
生命とは、儚いものだなと感じましたですよ。

そういうことを言っているわたくしも
ハッと氣づいたら、50歳になりました。

生まれてから、半世紀も経過してしまいましたよ。

全然成長してる実感はないのに
カラダの機能だけは、確実に低下してるってやつですか?

思い返してみれば、いろいろあった50年ではありますが
おかげさまで、高校・大学・社会人の、各段階での仲間と
伴侶には恵まれましたので
そこそこ充実していたのではないかなと思います。

ここから、100歳まで生きれば、あと半世紀。

おやじが亡くなった年まで生きても、あと四半世紀。

まだまだやることはたくさんありますので
身心ともに、健康を維持していきたいと思います。

みなさん、よろしくおつき合いください!


プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR