オーネット・コールマン「ゴールデンサークル」



まさか、「オーネット・コールマン」に
どっぷりハマってしまうとは思いませんでしたよ。

この人って、
フレーズはヨタヨタだし、音はスカスカだし
フリージャズってより、
ただ単にヘタクソなだけなんじゃないの?
って思ったりしましたが
独特の音と演奏に、こっちの耳がなじんで
ある日、ふと感性のチューニングが合ってしまうと
アリジゴクのようにぬけられなくなります。

オーネット・コールマンといえば
なんといっても、
「ゴールデンサークル」なのではないでしょうか?

ドラムとウッドベースの、シンプルなトリオによる
ストックホルムのクラブでのライブです。

今となってはなつかしい
「スイングジャーナル」誌にて
1967年の、第一回年間最優秀ディスク賞です。

ちなみに、翌年の第二回も
最優秀は、オーネット・コールマンの
「クロイドン・コンサート」だったはずです。

30ン年前、まだジャズを聴き始めたてのころ
オーネット・コールマンといえば
フリージャズのパイオニアとかで
なんだか怖そうな人でしたが
このアルバムは、大絶賛されておりましたので
こわいもの聴きたさで、
ナケナシのおカネでLPレコードを購入してみたら

「いったい、ナニがいいんだか、さっぱりわかんねー。
ってな感じでした。

これをほめたたえてる人たちって
ハダカの王様状態なんじゃないの?
って思ったくらいです。

当然、このレコードは
「失敗したな」ってなもんで
その後、
ほとんどターンテーブルに乗ることはありませんでした。

で、月日は流れて、
音楽はCDからネット配信の時代になり
いろんなジャズのガイドブックを読んでいると
どれを読んでも、
やはり、このアルバムは絶賛されていますので
では、もう一回聴いてみるかってな感じで
CDを購入してみました。

そのとき、参考になったのが
後藤雅洋さんの解説でした。

いわく
「ヨーロピアン・エコーズ」
プップ プップと繰り返しているだけの曲だが(おいおい)
高速回転すると「ダンシング・イン・ユア・ヘッド」になる。
(なるほどっ!)
オーネット・コールマン以外には演奏できない曲。
(そりゃそうだ。)

「ディー・ディー」
この曲が、年月が経って、
ナベサダの「カリフォルニアシャワー」に進化した。
(なるほどっ!)

「ドーン」
オーネット・コールマンが、
独特の解釈で演奏する「身も心も」である。
(なるほどっ!)

ってな感じです。
(やっぱ、プロの評論家ってスゴいね。)

一曲めの「フェイセス・アンド・プレイシス」だけは
最初から、なんとなくわかりましたし

CDに追加されていた「ドーナッツ」は
フツーの、ノリが良いジャズなので
誰でも違和感ないのではないでしょうか?

なんとなく理解できてしまうと
シンプルだけど、強力にスイングするリズムの上を
浮遊するようにひらひらしている
オーネット・コールマンのアルトサックスが
たまらなくキモチよくなってしまいます。

でもって、いちどキモチよくなると
何度繰り返し聴いても飽きないってところが
60年代最高の名盤といわれる所以なのかもしれません。

わたくし、それがわかるのに
30年かかりましたが。
オーネット・コールマンが演奏する
トランペットは、ギリギリ許せるものの
バイオリンは、カンベンしてくれよ
って思ってしまうということは
完全に理解するのには、
あと30年くらいかかるってことなんでしょうか?

スポンサーサイト

38.5キロ



AKB48の新曲が「ラブラドール・レトリバー」だって。

そんでもって、いきなり146万枚販売して
過去最高だってよ。すげー!

大島優子とか、主要メンバーが何人かいなくなったのに
もはや、その程度じゃビクともしないんでしょうか?

この曲の影響で
ラブラドールは脚光をあびるのかしら?

今の時代は、小型イヌブームで
ラブラドールは、
ホントに好きな人のみ飼っているイヌだけど
以前のハスキーやゴールデンみたいに
今回のAKBの歌で、
一時的なブームになって
軽い氣持ちで飼おうとする人が増えないことを願いたいものです。

飼育放棄したり、
もうけ優先で、ムリした繁殖をした結果
おかしな個体が増えたりする事態にだけは
なっていただきたくないですよね。

ラブラドールって、
お利口でかわいさ満点のイヌではあるけど
デカいし、お利口の分だけいたずらするから
中途半端な氣持ちじゃ、飼うの難しいと思います。

さて
我が家のラブラドールである、デューク・ジュニアさんは
よく寝て・よく食べて・よく遊んで
順調すぎるくらいに生育しているのでした。

先日、ドクター・ヨコサカのところに行ったら
体重38.5キロでした。

やせてるくせに、40キロ弱なんだから
がっしり肉がつきはじめたら、どうなるんでしょ?

最近、ウチの奥様よりも、デカく見えますよ。

それに、トリプルスター様のイヌは、
「お手手がデカい」という特徴があります。

わたくし、何の自慢にもならんのですが
お手手がデカいのですけど

注)手形と比べたら、貴乃花親方とほぼ同じです。

そのわたくしと比べても、こんな感じです。

おメーは、シロクマかっての。



真清田神社・熱田神宮



先週、東海エリアに出張して
浜松~尾張一宮間を東海道線で動きましたので
移動途中に参拝して、ご朱印をゲットしてきました。

尾張一宮の「真清田神社」は、PSランキング203位です。
「ますみだじんじゃ」と読むのだそうです。

※)PS⇒パワースポットの略

尾張一宮は、ここ数年
もっぱら「名鉄百貨店」側に行くので
商店街がわの出口のそばに
こんな立派な神社があるのに、
ちょっと、びっくりしました。

ひょっとして、「一宮」という地名は
この神社からきているのかもです。

もう一社は「熱田神宮」です。
PSランキングは、さすがに上位の14位です。

名古屋でというより、全国的に有名な神社ですが
6年もナゴヤで生活していたのに
参拝に行ったのは、初めてかもです。

さすがに境内広くてびっくり。

大学生のとき、瑞穂で試合したとき来たかもしれないけど
はっきり覚えてないです。

当時は、神道の学校に所属してたのに
神社になんて、ほとんど興味なかったもんね。

今思えば、もったいないことをしましたよ。
(ま、だいたいそんなもんだよね。)

今、時間を逆行させてくれたら
しっかりと勉強して
卒論のテーマにしてしまいますけどね(本当よ)。

チンズバーガー



(つづく)
注文したのは
お店の名前をつけている「チンズバーガー」です。

30分ほど待って
(混んでいるうえに手づくりなので、
 それなりに時間がかかるようです。)
でてきたのがこちらです。

1個¥1,080円です。

1個¥1,000円のハンバーガーって
おそらく、生まれて食べるんだろうなと思いつつ
紙をあけると
「これ、どうやって食べるんだ?
ってくらい分厚いです。

ダブルバーガーとかだと、
おそらく口に入れるの不可能だね。

で、肝心のお味はというと
「美味い!」です。

これまたネットの情報ですが
◆パンは、お隣の、こだわりパン屋さんの
 「このえパン」様にオーダーして
 さらにこだわっている、特注品。
◆お肉は、ステーキ用の上質肉。
だとのことです。

食べた感じでは、野菜も、有機栽培とかの
そうとうこだわった素材だと思われます。

ポテトフライも、オニオンフライも美味でしたし。

これは、
ハンバーガーチェーンのハンバーガーと比較して
高い・安いと言っていること自体が
そもそもナンセンスなのであって
似ているけど別の食べものと考えたほうがよさそうです。

ちょっとリッチなランチを食べたいなってときには
ぴったりかもしれませんよ。

チンズ・バーガー・マーケット



自分の知り合いや、知り合いの知り合いが、
フェイスブックやらブログやらで絶賛しているお店があります。

本町・このえパンの隣にある
「チンズ・バーガー・マーケット」です。

ハンバーガーの専門店ですが
いつお店の前を通りかかっても
お客様でにぎわっています。

情報収集してみたら
(ネットって便利ね)
◆お店の名前の「チン」とは、オーナーさんのあだな。
◆ハンバーガー1個で、¥1000円くらいするらしいが
 ボリュームがあるので、1個でそこそこ満腹になるらしい。
◆オーナーさんは、栄養学を勉強してきているのだそうで
 お肉・パン・野菜ともに、素材には徹底してこだわっている
 (1個¥1000円なんだから、そりゃそうだろうね。)
てなことでした。

こりゃ、一度、いただいてみなきゃね
ということで、日曜日に、奥様と行ってみました。

日曜日は、11:30オープンのようなので
混む前にってなことで、開店時間にあわせて行ったら
なんと、すでに、テーブル席は、ほぼ、うまっていましたよ。

駐車場は、台数を停められないみたいなので
クルマでくる人は
できれば、近所のコインパーキングにでも駐車したほうがいいかもです。

オーナーさんは、感じが良いし
店内はアメリカンな雰囲氣で
なかなかよろしいのではと思ったのでした。(つづく)

日枝神社・小網神社



「ご朱印集め」を、いざ始めてみると
思ってたよりも楽しくって、ちょっとびっくりです。

わたくしの場合、
お仕事で、全国に行けるという役ドクがあるわけですが。

せっかくだから、ルールとテーマを決めようってなことで

『ルール』
出張先で行くときは、あくまでも営業活動の行動範囲内で行く。
そのために、わざわざ時間とおカネを使わない。

会社のおカネと時間だから、アタリマエよね。

『テーマ』
全国パワースポットランキング
上位500社以内の神社に行く。

ちなみに、全国に、神社って8万8千社あるらしいですよ。

基本的に、神社ってパワースポットだっていわれてるけど
上位500っていったら、全体の1%以内だから
かなりのものってことよね。

いちおう、パワースポットランキングのサイトを
リンクに貼りつけときましたので
興味のある人はごらんください。

そのランキングって、ナニが基準なのって?

そんなこと、おれが知るわけねえだろおがあっ!

ま、そういうわけで
都内に出張したときに行ってきたのが
「日枝(ひえ)神社(45位)」と
「小網神社(59位)」です。
注)日枝神社は、日本橋摂社です。

2社とも、ベスト100位以内なんだから
なかなかのものではないでしょうか?

都内に出張となると
中央区・日本橋の
「堀留町」とか「横山町」とかに行くことが多いのですが
(センイ関係の業界人じゃないと、わかんねえだろうなあ。)
この2社とも、日本橋界わいから歩いていける
中央区の、いわば、都心のど真ん中にあります。

街角の案内図を見ても
はたして、こんなビルの中に、ほんとに神社があるんかいな?
と思ってしまうロケーションなので
発見したときは、ちょっと感激します。

両方とも、小ぢんまりとした規模ですが
(そりゃそうだわな)
ビルの空間にはさまれたパワースポットって
なかなか雰囲氣がありました。




プチ里帰り



ソフトボールから帰宅後
シャワーをあびて、朝酌なんぞをしてから
デュークジュニアさんの実家である
「トリプルスター」様へ、D・Jさんのごはんをいただきに行きました。

それにしても、6時プレーボールで、ひと試合して
お酒をいただいたあとだから(おいおい)
いちにちが長いことね。

おじゃましたら、
デュークさんの兄弟が3名来ておりました。

男の子の「オリバー」さんに
女の子の「ココ」さんと「ルーチェ」さんです。

おばあさんである、「アンジェラ」さんもいましたよ。

同じ日に生まれた兄弟でも
それぞれに個性があって、おもしろいものです。

アタリマエではありますが
イヌも、
「男の子らしい」「女の子らしい」がありますしね。

8名兄弟の中では、
どうやら、デュークさんが一番大きいようです。

ケージがせまくなって、買い換えたときは
「おいおい」って思ったけど
もう、こうなったら、
ギネスに載るくらいデカくなってくれよって思うな。

デュークさんの顔は、
女の子のルーチェさんに一番似ています。

つまり、カッコいいっつーことよ。
(ムスコの自慢して、ナニが悪りーんだよ)

生後16ヶ月経過して
それぞれ順調に育っている兄弟を見て
お互いに、喜び合ったり、情報交換したりして
充実した時間を過ごしたのでした。

もはや、この皆様とは
「親せき」であり、「ソウル・メイト」ですね。

コブラーズの皆様も、
トリプルスターの皆様も
この歳になって、
利害関係ナシでおつき合いができるご縁をいただけるのは
ほんとうにありがたいことだなと実感した日曜日でした。


Aさん



和田多中戦にボロ負けして、
「ありゃま」と思っていたら
(ありゃまじゃねえだろっつーの)
チームメイトのAさんに
お酒をいただきました!

Aさんは、わがチームの「渦の中心」にいて
いわゆる「ムードメーカー」という人でありますが
わたくしとは、生年月日が近く
血液型も同じなのであります。

つまり、「姓名判断」以外の占いは
九星は「九紫火星」
動物占い(なつかしいなー)は「虎」
星座は「かに座」
血液型は「B型」
ってなことで、
個人情報に基づいて占いをすると、
同じ結果になります。
(お互い、よろこばしいかどうかは、さておきだけどさ。)

チームの中では、年長者コンビ(昭和30年代生まれ)なので
わたくしも、Aさんを見習って
チームの雰囲氣を盛り上げなくてはと思うのでした。

とにかく、お酒ありがとうございます。

じっくりいただきながら
今回の大敗について、考えてみたいと思います。

そんなことしてる以前に、ストレッチと素振りしろってか?

こてんぱん



日曜日は、久々のブルースカイリーグでした。

わがコブラーズは
開幕して、二試合消化(1勝1敗)したと思ったら
いきなり、一ヶ月ブランクって、なんやそれだよね。

おかげで、身心ともに
すっかりゼロにリセットですよ。

てなことを前提として
(以下、言いわけです。)

第三試合のお相手は、強豪の「和田多中」さんでした。

結果は1VS19(おいおい)

わたくし、1打数0安打。

今シーズン、まだ、塁に出てないです。

もっとも、三回しか打席に立ってないけどさ。

今回は、なにせ久々だったもんで
目覚まし時計三つ準備したのに(4時起床)
はっと氣づいたら、集合時間でしたよ。

目覚ましをとめた記憶が無いんですけど。

会場がご近所で助かりました。

もっとも、テーピングしてる時間がなかったので
ケガしないか?ってことが氣になって
ちょっとヒヤヒヤしてしまいましたよ。

今回は、大量失点の半分は
久々の試合でカンがつかめず、自滅して献上したもの。

残りの半分は、昨シーズン善戦したことによる
油断ってなものだろうね。

もっとも、昨年は、相手チームのエースが不在でしたが。

いずれにしても、参戦当初(二年前)の
「ラグビーのようなスコア」に
逆戻りしてしまいましたので
初心に返って、謙虚な氣持ちでやらにゃいかんなと
実感させられたのでした。

「サウンド・オブ・ミュージック」



「午前十時の映画館(でよかったっけ?)」
のラインナップがリニューアルいたしました。

今回、「サウンド・オブ・ミュージック」が上映されてましたので
おふくろと奥様の強い要望で、
伊勢崎ムービックスに行ってきましたぜ。

「サウンド・オブ・ミュージック」は
だいぶ前に、
故・淀川長治さんの「日曜映画劇場(でよかったっけ?)」
でテレビ放映されたとき、家族で見ましたが
当時、小学生だったか中学生だった高校生だったかの自分には
(ほとんど覚えてないってことね)
セリフのたびに、いきなり歌いだすミュージカルというものは
(だからさ、それがミュージカルってもんだろっての。)
ちょいとなじめなかったもので
ほとんど印象に残っていないのでした。

だから、個人的には、特に観たいとも思わなかったのですが
「映画鑑賞友の会・会員3名」のうち
2人がぜひというもんですから
「ま、しゃーないわな。」ってなノリで行ってきたのでした。

で、感想は?というと
「いやー、映画って本当にいいものですね!」って感じです。
(それは、淀川さんのセリフじゃねえだろっての。)

自分が生まれたころに封切られたらしいので
50年前の作品ではありますが
「名作」ってものは、時代を超えて色あせないもんだなと
強く実感しましたよ。

デジタル・リマスタリングされて映像がキレイになってるので
風景が美しいし
実話を基にしたストーリーも泣かせる内容だし
とにかく、作品全体に、「氣品」を感じさせられました。

ジュリー・アンドリュースって
これとか「メリー・ポピンズ」とか、
ワン・アンド・オンリーのミュージカル女優で
リメイクしたくても、
今、できる女優がいないんだろうなって思います。

50年前に、こんな作品つくっておきながら
最近のハリウッド映画って
大半は、下品で中身カラッポだから
実は、退化してんじゃないの?と思ってしまいます。

言っとくけど、現代アメリカ映画を
批判してるわけじゃないからな。
(いちおう、お断り入れとかないと、
 かみついてくるのがいるからさ。)

最近のハリウッド大作は、それはそれで
何も考えずに、リラックスして観れるってことで
十分に楽しませていただいてるわけですよ。

ジュリー・アンドリュースだって
このころから20年後に
「10(テン)」とかで、お下劣な役をやってて
「過去の栄光が」って思ったりもするけど
そっちもいい味出してますしね。
(「テン」のジュリー・アンドリュース、かなり好きです。
 DVDもってるし。)

ま、結局
「映画はテレビでなく、映画館で観ないとね。
「昔の名作は、一見する価値あり。
ということを、実感させられた作品でありました。

ところで
「おいおい、おめーの言ってることと
 銭湯でおなじみの、ケロリンおけは
 何の関連があるんだよ?」
と思われたかもしれませんが
この「ケロロ軍曹バージョン・ケロリンおけ」は、
映画を観おわったあとに、
ウチの奥様が、映画館の売店で衝動買いしたものです。

下宿時代の、武蔵小山の銭湯を思い出して
なつかしいなー。

やっぱ「ケロリンおけ」でお風呂入ると
雰囲氣が出ていいね!

「サウンド・オブ・ミュージック」とは
何の関係もないけどさ。

高崎神社・護国神社



2ページめは、やっぱ地元だろってなことで
「高崎神社」と「護国神社」です。

高崎神社は、家族で初もうではもちろんですが
毎週欠かさず参拝してますし

護国神社は、高校のご近所ってこと以前に
幼稚園と小学校低学年のときには
遠足の定番コースでしたからね。

ともに、自分にとっては
幼少時からなじみの深い神社なのであります。

こうして、それぞれの筆跡をみてみると
高崎神社は、「ど真ん中の、正統なタッチ。」
護国神社は、「個性的な、味わいのあるタッチ。」
それぞれの特長が出ているなと感じます。

これから、全国各地の神社にて
どんなご朱印をいただけるものなのか?
かなり楽しみになってきましたよ!

伊勢神宮外宮・二見輿玉神社



最初のページは、やっぱお伊勢さまだろってことで
「伊勢神宮・外宮」です。

そして、同じ三重県の
「二見輿玉神社」です。

「伊勢神宮・内宮」は
シメってことで、一番最後のページを予定してます。

ちなみに、
「神社」「パワースポット」でネット検索してみたら
全国の神社の
「パワースポットランキング」というものが見つかりました。

それによると
外宮が27位 二見輿玉神社が43位とのことでした。

そんなもんなの?って思われるかもしれませんが
神社は、基本的にパワースポットだといいますし
全国に、神社がいくつあるのか?を考えてみれば
ベスト50以内って、かなり上位なのでは?と思います。

ベスト3は
1:明治神宮
2:伊勢神宮・内宮
3:出雲大社
なんだそうです。

出雲大社は、死ぬまでに絶対に行く予定です。

明治神宮は、行く氣になればいつでも行けますので
こんど都内に出たとき
時間をつくって行ってこようと思っています。

料金は、ともに¥300円でした。

だいたい、そのお値段が相場なのでしょうかね?

それにしても、外宮のご朱印は、シブイなー

二見輿玉神社のほうは
年輩の女性が、
ダイナミックなタッチで書いてくださいましたが
比較すると、シンプルさが際立ってますね。

外宮は、去年式年遷宮だったし
おそらく、忙しいときは、人が多すぎて
じっくり書いてるヒマがないからなんでしょうかね?

でも、ま、それにしても
もうちょっと書いていただいてもいいんでは?
と思ってしまいましたが。



ホントに人氣みたいね



三重県で、クルマで営業まわりをしていると
鳥羽市街地から佐川急便様に、
荷物発送をお願いに行く道中に
夫婦岩で有名な
「二見輿玉神社」があります。

やっぱ、「夫婦円満」でいたいもんですから
いつも寄り道して参拝しておりますが
早速、ご朱印をいただきに行ってきました。

そしたら、若い女性が行列しちゃってて
たしかに、ひそかなブームだなと実感したのでした。

シンプル・イズ・ベスト



三重県に出張したとき
NHKテレビの「おはよう日本」を見ていたら
最近、「ご朱印収集」が、ひそかなブームであり
サークル活動をしている皆さんもおられるとかでした。

パワースポット人氣からの展開でしょうかね?

わたくし、
神道系の学校を卒業してるってことはともかくとして

三重県に出張したときは
時間の調整ができれば、
必ず、お伊勢さまに参拝に行きますし

自宅にいるときは、最低でも週に一回は
高崎神社に参拝に行きますので

せっかく行くのだから
「ご朱印」を集めるってのは
なかなか楽しそうじゃないかい?
ってなことで
さっそく、はじめることにいたしました。

ご朱印帳は、お伊勢さまでゲットするのがいいなと思って
さっそくわけていただいてきましたよ。

一冊¥1000円です。

よくいえば「シンプル・イズ・ベスト」
言い方変えれば「味も素っ氣もない」
って感じのデザインですかね?

ま、飽きがこなくて、よろしいんではないでしょうか?

これから、「神社」をターゲットに
(お寺もやると、キリがないから。)
全国いろいろ行ってみて
コツコツ集めていきたいと思っております。

イヌがいる生活



デューク・ジュニアさんは
「狂犬病」の予防注射を処置していただきました。

もちろん、高校2年生のとき、後ろの席だった
ドクター・ヨコサカにお願いしました。

注射スミってことで
「犬」シールをいただいたようで
出張から帰宅すると、門に貼ってありました。

思えば、我が家の門に「犬シール」は、
6年ぶりの復活です。

亡きムスメのことを思い出して
ちょっと、おセンチになってしまいましたよ。

これから、帰宅して
このシールを目撃するたびに
イヌと生活している幸福感を感じるのだと思います。

平凡な日常のしあわせ。



「しあわせだから感謝するのではない。
 感謝しているからしあわせなのだ。」

「楽しいから笑っているのではない。
 笑っているから楽しくなるのだ。」

どなたが言ったことかは知りませんが
わたくしが大好きで
いつも、意識している言葉です。

平凡な日常の中で
ほんの些細なことに
「幸福感」「楽しさ」「感謝」を感じると
人生は、豊かなものになると言われていますが
最近、しあわせを感じさせてくれる、
上位のできごとがこちらです。

「デュークさんの、へそ天お寝む姿」です。

精神的にも、経済的にも、こういう環境
つまり
デュークさんが
へそ天で寝られるような環境を維持できるように
日々、精進しなくてはいけないなと思います。
 

ごきげんデュークさん



新しいオモチャを買ってもらって
ニコニコ顔のデュークさんです。

高崎市街地におさんぽに出かけて
よく「いくつですか?」と聞かれますが
「15ヶ月です」と応えると
とってもびっくりされます。
(わたくし、ちょっとどや顔。)

クレッセンド



わたくし、はずかしながら
「たなおろし」
「整理整頓」
「断捨離」
ということが苦手であります。

断捨離の、やましたひでこさん本人に
お酒を飲みながら
マンツーマンでご教授されたことがあるのですが
なかなか捨てられないんだよねー。

でも、今年、50歳になるもんで
そんなことも言ってられませんから
とりあえず、
まず人間関係から整理していこうと思っております。

今後は、公私ともども
「この人と、ぜひおつきあいさせていただきたい。」
と思えるおかたと、おつきあいしていきたいと思います。

今まで、ムリしておつきあいして
プラスになったことって、ほぼ皆無ですからね。

だから、わたくしのことを
「氣にくわねえ」って思ってるおかたは
ムリしてお近づきいただかなくても大丈夫ですから
そこんとこ、よろしくお願いします。

さて、そんなわけで
問屋町で、もっとも敬愛している先輩であるTさんに同行して
ジャズ喫茶に行ってきました。

お店の名前は「クレッセンド」です。

高崎北高校のそばにあります。

もともと、オーディオとレコードのお店だったそうですが
飲食OKのお店に変えたのだそうです。

昼はジャズ喫茶・夜はジャズバーってとこでしょうかね。

マスターが、とてもフレンドリーなかたで
売り物のLPレコードを、どんどんかけてくれます。

もちろん、マスターは
スジガネ入りのジャズオタクですけどね。

お食事とお酒(日本酒とバーボンね)をいただきながら
二十年ぶりくらいで、LPレコードを聴きましたよ。

しかも、アンプは、真空管だって。

いやー、やっぱり、曲の始めと終わりに
プツッ・プツッってノイズがはいるLPレコードはいいなあ。

それと、こういうお店では、
なんたって50年代と60年代だね。

マスターとTさんと
ジャズのオタク談義に花を咲かせてたら
アッという間に4時間ですよ。

OKだってんなら、ストックのレコード全部聴くまで
何日でもいられるなー。
(迷惑だっての)

我が家で、眠っているLPレコードは
聴きたくても、機械が無いですから
この機会に「断捨離」して
このお店に寄贈させていただこうと思っております。

あえて、ワガママを言わせていただくと
スピーカーがJBLだと
さらにテンション上がったんだけどなー。

Tさん・マスター、至福の時間をありがとうございます。

また、よろしくお願いいたします。

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR