オセロ・モリノウ「イッツ・アバウト・タイム」



「JAZZの名盤ガイド」という類の本をよく読みますが
紹介されているCDは、どこの店頭を探しても見当たらない
というものがほとんどです。

長年、
「入手できないCDを紹介するなんて
 ずいぶん不親切だな」
と思っておりましたが
実は、違った意味があるのではと
最近思うようになりました。

最近、ネットの時代になってから
CDの売れ行きは、年々落ちているようです。

中でも、JAZZなんて、
一部の超有名アルバム以外は
店頭から在庫がなくなったら、再リリース予定がなく
そのまま、この世からフェードアウトしてしまう
というものが、実は、たくさんあるのだと思います。

だから、誰かが地道に情報を発信し続けて
この世に
痕跡を残しておかねばならないってことなんでしょうね。

わたくしのコレクションで、
珍盤でありながら、実は、かなりの名盤で
ずっと愛聴しているCD
オセロ・モリノウの「イッツ・アバウト・タイム」です。

オセロ・モリノウといえば、
スチールドラムの神業的な名手です。

※)スチール・ドラムとは、
  夏になるとよく耳にするカリブっぽい音楽で
 「コキン・ポキン・テレテレテレテレ」
  って音を出してる打楽器ね。
  ドラム缶をぶった切ってつくるらしいですよ。

ジャコ・パストリアスが、
ウエザー・リポートを脱退したあと
ソロで活動していたときに、よく競演してましたので
この人の演奏を、ナニゲに耳にしたことがある人は、
けっこう多いと思います。

わたくし、高校三年生のときに、運良く
伝説の
「オーレックス・ジャズフェスティバル・日本武道館公演」に行き
ジャコ・パストリアス・ビッグバンドをナマで聴きましたが
(とんでもなくスゴかったぜ!)
オセロ・モリノウは、そこでの主軸メンバーでありました。

ピーター・アースキンの前に陣どって
金属音を出し続けるミュージシャンを見て
いったいあれは、なんなんだ?と、
衝撃を受けたのでありました。

それから、30年経った今でも、
ずっと氣になるミュージシャンですが
大学時代に、
新宿PIT-INNでライブしたのに行かなかったのが、
未だに悔やまれてならないのでありました。

ま、よっぽどのモノズキでもなければ
この人のことは知らないと思いますけど
ぜひ、ジャコ・パストリアス関係以外でも
音楽ファンの記憶の中に
残っていってほしいと思っているのでした。

ところで、「名盤」の定義って、なんでしょうかね?

わたくしにとっては
「アルバムの全曲を、ストレスなく聴くことができて
 何度も聴きたくなるもの。」
ということです。

どんなに有名なアルバムであっても
だいたい、何曲か、
「いらね」って曲が収録されてますので
全曲GOOD!って、意外と少ないですよ。

かの「サキソフォン・コロッサス」にしたって、
個人的には、
二曲目の「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラブ・イズ」は
ダサくって、聴いてられませんしねえ。

この「イッツ・アバウト・タイム」というアルバムは
バラエティに富んだ内容でありながら
駄演奏・駄曲がまったく無いという、
隠れ名盤なのであります。

ゲストの、ランディ・ブレッカーやボビー・ミンツァーに
けっしてヒケをとることなく
電氣楽器による、8ビートのファンクや
16ビートのリズムにのって
スチール・ドラムの金属音が縦横無尽に駆け回るのは
ほんとうに聴いていてカイカンなのです!

飽きることなく、定期的に聴きたくなるアルバムで
聴けば、カリブの青い空と海が目にうかぶようです。

もし、どこかで見かけたら、
ダマされたと思って、即ゲットしてくださいませ!
スポンサーサイト

丸沼釣行-3



この日は、念のため、
フリースのベストなんぞを持っていきましたが
ダウンジャケットの人がフツーにおりましたので
もし、フリースが無かったら
あまりの寒さに、早々にギブアップしてたと思います。

10月の、標高1500メートルをナメちゃいかんね。

水につかって風にさらされて
すっかり冷えきった状態で、食堂で注文した
「山菜そば・¥710円」

観光地価格で、ちょっと高めなんじゃないの?
と思いつついただいたら
そば粉たっぷり(100%ではないそうです)の
重厚感のあるおそばに、おいしいだし汁で
寒い状態でいただいてるってのを差し引いても
これは、なかなかなんではないかい?
と思ったのでありました。

ここは、釣り人以外に、ハイカーのご夫婦や
イヌをつれたご家族も、たくさん来ておりました。

ホテルが隣接していますので、
前泊して、ゆっくりお酒&お風呂をいただいて熟睡したうえで
釣りOR散策もいいなあと思ったのでした。

デューク・ジュニアを連れてきて、
泳がしてあげるのもナイスかもね。


丸沼釣行-2



さすがに、スタイリングからキャスティングまで
ビシっとキマっているムラカミさんです。

この日は、残念ながら、二人ともボーズでありました。

ってより、わたくしが見たかぎりでは
この日、この場所において
ルアーマン&フライマンで
お魚を釣り上げていた人は、皆無だったと思います。

近くで、エサ釣りをしていた人は
ニジマスらしきお魚を、何匹かゲットしてしてたけどね。

わたくしも、浮き釣りセット&ミミズを持参していたのですが
「ニジマスって、釣り堀行って、エサつけて釣れば
 もういらねってくらい釣れるわなあ。
 だから、まあ、いいや。
ってなことで、ルアーを投げ続けたのでありました。

ま、自然に触れ合って、キモチよかったからいいんだよ
って、くどいようだけど、まけおしみじゃないからね。

丸沼釣行



ムラカミさんが、丸沼に行くと聞いたので
お願いして、同行してきました。

集合は、午前3時半。

ブルースカイリーグより早いです。

前日は、さっさと寝なきゃいかんのですが
わたくし、朝はダメなもんで
早起きしなければいけない前日は
寝過ごすんではないか?とキンチョーして
なかなか寝られないという習性があります。
(コドモかよ)

というわけで、3時間弱の睡眠時間で
ほとんどクルマがいない関越自動車道と
初めての、真っ暗闇の山道を走るのは
とってもこわいのでありました。

帰りに氣づいたんですが
吹き割りの滝を通過したり
大きなショッピングセンターがあったりで
暗くて、ぜんぜん氣づかなかったよ。

なんとか現地に到着したのは、5時過ぎですが
釣り券を購入する人が行列してたのには
ちょっとビックリでした。

明るくなってくると、
標高1500メートルの澄んだ空氣の中に
湖&山&釣り人という
素晴らしいロケーションで、
ニッポンの自然はいいなあと思うのでした。

10月中旬なのに、紅葉が遅れてるのが
ちょっと残念ではありましたが
キレイな水に腰までつかって、
ルアーを投げるのは、とてもキモチよいもんでした。

残念ながらボーズだったのと
風が吹くと冬の寒さだったのが残念でしたが
自然にとけこんでキモチよかったから、まあいいや。
(いっとくけど、まけおしみじゃねーからな)

ビッグシューター



三重県に出張して、
志摩市・磯部という町のビジネスホテルに宿泊しました。

夜はヒマだったので。ホテル周辺を散策してみると
道路ぞいに、ぽつんとパチンコ屋さんがありました。

20年以上ぶりに、パチンコ屋さんの店内をのぞいてみると
なんと、「ビッグシューター」がありました。

「ビッグシューター」とは、わたくしが学生時代に
いわゆる「羽根パチ」の主流だった機種です。

未だに現役で活躍しているとは思わなかったので
懐かしさのあまり、20年以上ぶりにやってみようかと思ったら
タマを購入するシステムが、わからないでやんの。

社会人になってからは、ほとんどやったことがないし
特にこの10年ではゼロなので
いわゆる、浦島太郎ですからね。

恥を忍んで、店員のお姉さん(20代)を呼んで
教えていただきましたが、
半分くらいしか意味がわかりませんでしたよ。

パチンコ台だって、「ビッグシューター」以外は
やりかたがわからないしね。

やっぱ、四半世紀前の、百円玉を入れて買うしくみがいいね。

わたくしが、学生時代は
ラグビー部の仲間内でパチンコがはやっていましたので
練習が終わって下宿に帰るとき
しょっちゅう、最寄駅前のパチンコ屋さんに寄って、
パチンコをやってから帰宅しておりました。

当時はお金がなく、パチンコで生活費をなくす度胸もなかったので
もっぱら「羽根パチ」をやっていて
負けても、ン千円という、ささやかなギャンブルでありました。

体育会ラグビー部所属で、食費が無いってんじゃ
お話になりませんからねえ。

お財布に、多少お金があるときは
ドラム回転式の「フィーバー」も、たまーにやりました。

「7」と「BAR」がそろうとフィーバーで
7⇒7とそろって、よっしゃ!と思った直後
スイカがくると腹が立ったなあ。

その後、デジタルのスリーセブンになってからは
味氣ないので、羽根パチ専門になったのでした。

当時、やっていた台は、順番に
「ゼロタイガー」
「レッドライオン」
「ロイヤルキング」
そして、学生時代の後半に一世を風靡したのが
「ビッグシューター」だったのでした。

上段の穴に入ったタマが下に落ちて
下段真ん中のアタリに入って
「テッテケケー・テレレテッテケテー・テーレーリラー」
という、脱力感たっぷりのファンファーレが鳴ると、
ドキドキしたものでした。

当時は、換金することはほとんどなく
タバコ(結婚前まで喫煙してましたので⇒現在は嫌煙家よ)
カンヅメや冷凍食品
カルピス
おかし
日用雑貨
なんかと交換していたなあ。

大勝ちしたときは、お米なんかもゲットしたりしてね。

われながらセコいね。

でもね、パチンコなんて、千円で十分遊べたんだから
サラ金とかで借金して、自己破産とかしてる人って
ぜんぜん意味わかんないし、信じらんないよ。

この日は、千円でファンファーレを二回鳴らし
飽きてしまったので、帰るとき、タマを交換して
結局、チョコレート三個をゲットしました。

20年以上ぶりにやってみてだけど
学生時代のときみたいにドキドキしなかったし
今後、パチンコって、一生やらなくてもいいわと思ったし
おそらく、もうパチンコに、
お金を使うことはないだろうなと思ったのは
ワタクシが、トシをとったからでしょうかね?

学生時代が遠のいたことを実感して
ちょっぴりせつなくなりました。



おらたち熱いよね!(またサヨナラ負けだったけどさ)



ブルースカイリーグの最終戦は
ホームグラウンドの、聖石橋球場にて(そんなものねーよ)
「貝沢クラブ」さんと対戦です。

二シーズン目の今期は、ここまで4勝5敗です。

つまり、この一戦をとるかどうかで
五分五分で終わるか、負け越しで終わるかという
かなり重要な一戦ということになります。

しかし、そういうときにかぎって、運動会とかがあって
サトちゃん&アボさんの南小コンビは来ねーわ
大魔神カネコさんは来ねーわという事態となりました。

そんな中でも、久々に、モトジマさんが
「はやぶさ」のようにもどってきたという
うれしい出来事もあったのでした。

試合は、最近、好調時の必勝パターンであった、
先行たたみかけ・オラオラ攻撃ができず
攻撃がちぐはぐなうえに、相手外野陣の好捕もあって
無失点のうちに、あらあらあらと点をとられるという
よろしくない流れとなってしまいました。

おまけに、試合途中で、のこのこやってきたじじい数名に
当日のグラウンド使用権についてクレームをつけられ、
中断して、どっちらけとなってしまったのでした。

ホント、じじいという生き物は、空氣読めないし
他人の話を聞かないから、困ったものであります。

いい歳こいて、みっともないと思わないんだろかと
不思議になってしまいましたよ。

でも、ブルースカイリーグの皆さんって
誰もキレることなく、グラウンド譲ってやったんだから
オトナなんだなと感心いたしました。

で、ワケのわかんないじじいにジャマされて
ハッと氣づいたら、0vs7で最終回となっておりました。

しかし、ここで終わらないのが、今年の我々であります。

そこから、スリーランホームラン3本で、なんと逆転ですよ!

わたくし、この日は、まったくタイミング合わずで2凡退でしたが
クレーマーのじいさんが火をつけてくれたのか
三打席めは、ジャストミートのレフトオーバーで
逆転ホームランですよ。

今シーズン、二本目です。

最終回に、一挙9点は、アツかったっすねえ。

ま、最終回のウラの守備で、2アウトまでとりながら
押し出しフォアボールでサヨナラ負けして
結局、シーズン負け越しちゃうとこが
われわれも、まだまだ修行の足らないところではありますが。

試合後、あら町のガストにて
有志で反省会をおこないました。

早起きして運動したあとに
氣心の知れた仲間と飲むビール&ハイボールって、
たまらないっすねえ。

おかげさまで、この半年
充実した週末を過ごすことができました。

すばらしい皆様と出会えたご縁に、心から感謝です。

これからも、楽しくやりましょう!


テーピング



早春に開幕した、中年早朝ソフトボールリーグ である
ブルースカイリーグも、ようやく最終戦をむかえたのでした。

期間は長かったけど、試合数は10試合です。

ナニをそんなにモタモタやってんの?って思われるかもしれませんが
梅雨どきに、毎週順延だったということに加えて
酷暑の時期にやると、
われわれおじさんという生き物は、死んでしまうため
真夏はお休みになるからです。

ガチでやると、古傷の再発がこわいので
大学四年生のとき以来、右足首にテーピングするようになって、
早いもので二年経ちました。

だいぶ、昔の感覚が戻ってきましたよ。

大学時代は、毎日巻いてましたからね。

帰ってきて、テープを切るときは
ケガしなかったという安堵感と開放感で
ほんとにホッとするものです。

本氣になってやらなきゃつまらんけど
ケガはしたくありませんからねえ。

とにかくこれで、スネ毛をそるのも、来春までお休みであります。

2シーズンめも、大きなケガなく終了することができました。

しかも、内容はともかくとして
2年連続で皆勤ですよ。

来年も、試合に出られるかどうかは別にして
引き続き、楽しく参加できるように
身体のケアをしないとなと思います。

「タルカス」クラシック・ミーツ・ロック



そういうわけで、
「タルカス」ミーツ・ザ・クラシックをゲットしてきました。

ぐちょぐちょのプログレ・ロックを 
いったい、どうゆうふうにアレンジしてオーケストラで演奏するのかな?
と思っておりましたが
壮大な、大河ドラマのサウンドトラックのように生まれ変わっていて
びっくりするのと同時に
やっぱ、プロの音楽家ってすごいなと思ったのでした。

ま、でも、わたくしは、
EL&Pが演奏する、オリジナルのほうが好きかもしれないな。

とりあえず、オリジナルが好きな人はぜひ。

タワーレコードの、クラシックCDコーナーなんて行ったことないから
どこをさがしていいいかわかんなくって、途方にくれちゃったよ。

ちなみに、クラシックCDの売れ筋だってさ。

ひとつだけいえるのは
わたくし、フィギュアコレクターでも、おたくでもありませんが
「タルカス」のフィギュアが売ってたら
確実に衝動買いしてしまうだろうな。

旭ポンズ



結婚して一年くらい経ったころ
まだ、関西に在住しておりましたが
関西のローカルテレビを見ていたとき
やしきたかじんさんが
「八尾市の会社が造っている
 『旭ポンズ』がメチャクチャ美味い!
 わしは、高級しゃぶしゃぶ屋や
 高級てっちり屋に行くときでも
 こっそり持っていく!」
と力説&大絶賛しておりました。

たかじんさんの歌は好きなので
(キャラクターはともかく )
興味を持って、探してみましたが
20年前当時は、なかなか見つかりませんでした。

どうやら、手造りの少量生産につき
流通経路が限られていたようなのでした。

大型店に卸せるほどの数がないので
昔ながらの商店街の専門店とかで販売されておりました。

じっさいに、わたくしがようやく現物を発見したのは
天神橋筋商店街の、食料品店でした。

先日、久々に歩いてみたら、
そのお店は、もう無かったけどね。

とりあえず、お鍋をやって食べてみたら
まあ、美味しくてたまげましたよ。

ポン酢で、こんなに変わるもんなのかと実感しましたね。

以来、我が家は、ポン酢に関しては
入手できる限り、ずっと「旭ポンズ」です。

最近では、生産量を増やしたのか
新大阪駅の売店とか、いろいろな場所で目にしたり
ネットでも買えたりするので、便利になりました。

お世話になってる人に、あちこち配りましたが
とても高い確率で、追加リクエストをいただきます。

なかなか買えない、マボロシの商品じゃなくなっても
味は落ちてないから、ご心配無く。

最近、お氣に入りなのが
ゆでたブロッコリーに、旭ポンズをつけて食べることです。

これが、びっくりするくらい美味いんです!

美味しくてヘルシーだから
おかずにも、お酒のおつまみにもオススメよ。

タルカス



大学生のときに、
ジャズ系の雑誌にて(ジャズライフだったかな?)で
「ジャズっぽいロックアルバム」
という特集で紹介されており
ジャケットのインパクトで衝動買いした
EL&Pの「タルカス」

自分でも、
このアルバムが、好きだか嫌いなんだが、
未だによくわかりませんけど 
出会って30年経過してた今となっても、
たまに聴いております。
(だからさ、そういうのを、“好き”っていうんだよっ!)

特に、LP時代に、A面をまるまるつかった
「タルカス」という曲です。

注)わたくし、LP時代は、B面を聴いたことが
 ほとんどありませんでした。

ブキミなテンポで疾走するドラムとベースのまわりを
オルガンがまとわりつく、
なんともいえない氣持ち悪さは
たまーに、ムショーに聴きたくなります。

そういえば、以前、
タワーレコードのクラシックコーナーに
「タルカス」をクラシック風にアレンジしたとかいう
クラシックのCDがありましたが
ちょっと、こわいもの見たさで、聴いてみたいような気がします。

マハロくん



9月に、デューク・ジュニアの実家に出かけたとき出会った
クロラブの「マハロ」くん。

トリプルスター様の出身ではないそうですが
マハロくんの足が調子悪くなったとき
オーナーさんがインターネットであちこち調べて、
相談に来たのだそうです。

オーナーのY様ご夫婦は、岡山のかただそうです。

わたくし、お仕事で、大阪まではしょっちゅう行きますし
広島も、以前は、たまーに行っておりましたが
岡山は、たしか湯郷と美作というところに
二回だけ行ったことがあったっけ。

すげー遠かった記憶がありますが
(そりゃ、その二箇所は
 岡山県でも、そーとーイナカだからじゃねーか?)
こちらのご夫婦は、なんとクルマでやってきたとかで。

わたくし、高速道路を運転してると
すぐ眠たくなるもんだから
絶対にムリだな。

と言いつつも、もしD・Jに何かあれば
たとえ鹿児島までだって、行っちゃうんだろうなあ。

なんたって、大切な家族ですからね。

ご主人さまの思いが伝わってか
マハロくんは、とってもお利口ちゃんでした。

我が家のD・Jくんにも、
ぜひ見習っていただきたいと思ったのでした。

お酒



わたくしは、ゴハンと同じくらい、お酒が好きであります。

ふだん飲むお酒は
「お値ごろ」で「美味しい」というのが基本ですが
最近では
ワイン⇒蒼龍無添加わいん各種(アカ・シロ・ブルーベリー)
バーボン⇒IWハーパー
ウイスキー⇒シーバス
ハイボール用ウイスキー⇒バランタイン
いも焼酎⇒海童
びんビール⇒キリン・ハートランド
かんビール⇒キリン・クラシックラガー
発泡酒⇒キリン・淡麗
ってのが定番です。

困ったのは日本酒です。

10年以上にわたって愛飲してきた
群馬県・前橋市・駒形の「森本酒造」がつくっている
「黒松正泉・自然酒」が廃番になってしまったからです。

このお酒は、一升瓶が三千円でおつりがくるお値段でありながら
クセがなく爽やかな反面、芳醇で深い味わいでしたので
日本酒は、一生これにしようと思っていたのになあ・・・

無農薬のお米をつかった、こだわったお酒でしたので
採算が合わなかったのかもね。

一升五千円といわれても、不思議じゃないレベルでしたから。

わたくしにとって、日本酒ランキングで
100点満点にて、満点なのは
「黒松正泉・自然酒」の樽酒のみです。
びっくりするくらい美味しいのにクセがないので
必ず飲みすぎてしまうという逸品です。

これ以上のお酒に、生涯めぐりあえる自信がないけど
今後、出会えたらいいなあ。

二番目が、同じく「黒松正泉・自然酒」のびん入りです。
こちらは、100点満点の97点かな。

それだけ、樽バージョンが絶品だったということです。

どっちにしても、今となっては入手できませんので
100点を求めて、新たなマイ・日本酒を探さなくてはです。

条件は
◆純米酒
◆一升びんで三千円以内
 ※)高いお酒が美味しいのなんて、アタリマエです。
  それに、お値ごろでなくては、氣軽に飲めません。
◆入手しやすい
ということです。

ちなみに、「黒松正泉・自然酒」と出会う前に
一番好きだったお酒がこちらです。

山形県・鶴岡市・加藤嘉八郎酒造
「大山・純米酒」です。

久々に飲んだら、相変わらず美味しいのですが
「黒松正泉・純米酒」を知った後だと
ちょっと及ばず、95点って感じかなあ。

どなたか、上記条件に合うお酒で
オススメの銘柄があったら、教えてくださいませ!




烏川



過日、聖石橋グラウンドにて、早朝ソフトボールの試合をしたあと
聖石橋から、烏川をながめて見ると
流線型の魚が、しきりにライズしておりました。

ひょっとして、サクラマスかな?
と思って、ムラカミさんにメールしてみましたら
「鮎かウグイじゃねーの?」とのことでした。

近くを泳いでた鯉と比較しても
20センチ以上はあると思われましたので
鮎ではないと思われます。

ウグイだったとしても、かなりデカいんではと思われます。

ウグイだって、尺クラスになると
かなり引くからねえ。

寒くなる前に、時間をつくって、
ちょっと偵察に行ってみようかなと思います。

サンバソウ



我が家の息子2号=高校受験生は
部活を引退して、勢いが有り余っているのに加えて
久しく釣りに行ってなくて欲求不満なので
奥様が、新潟の堤防に連れて行ってきましたよ。

なぜだかわかりませんが
管理釣り場や、淡水はイヤなんだそうで
海釣りがいいんだそうです。

海なし県に生息してるんだから
めんどくさいこと言うなっての。

そもそも、とりあえずは、身近なところで慣れるのが
順番だろと思いますけどねえ。

わたくしも、ぜひ行きたかったのですが
お仕事につき、断念したのでした。

お天氣にも恵まれたようで
奥様から
「オヤビッチャらしき魚がたくさん釣れた。」
というメールが届きました。

注)
「オヤビッチャ」とは、堤防で釣りをしているとよってくる
俗に言う「エサとり」という類のお魚です。
海水に棲むブルーギル  といった感じですが
口が小さくて、なかなか針にかからないので
釣るのは、けっこう難しかったりします。
チョウチョウウオも同様です。

一部を持ち帰ってきたので見てみたら
オヤビッチャどころか、イシダイでやんの。

高級魚のイシダイと、海のブルーギルを間違えんなっての。

ま、このサイズだと、イシダイというより、サンバソウですけどね。

さすがに磯の王様だけあって
手のひらサイズであったとしても、けっこう引くので
フナ用の浮き釣り仕掛けで釣ると
けっこう楽しめたりします。

ま、資源の保護のため、基本的にはリリースしますけどね。

テイクアウトしてきた分は
成仏していただくため、素焼きにしていただきましたが
臭みもなくて、とても美味でありました。

同じく堤防で釣れる「グレ(メジナ)」は
ちょっとくさみがあります。

このサイズだと、身の部分が小さいのが
ちょっと残念ではありました。
プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR