お見合い



ウチのムスメが天国に行って6年経ちましたが 
今年は、おやじも天国に行ってしまいました。 

まあ、おそらく、今頃は、あちらで散歩三昧なんでしょうけどね。

もうじき、息子たちも、家からいなくなってしまうのでしょうから
奥様と会議を開いて、
メンバーを補充することにいたしました。

今さら、高齢出産ってわけにもいきませんので 
養子をむかえることにいたしました。

たまたま、奥様が愛読していた
ラブラドール・レトリーバーのブリーダーさんのブログにて
画像の犬が、見るからに素晴らしいので
見学に行ってみることにしました。

埼玉県・東松山市・吉見にある
「トリプルスター・ラブラドール」さんです。

いやー、ひさびさに感動しましたよ。

今までに、見たことがないような
ほれぼれとするような見事な犬たちが、ぞろぞろおりました。

一番大きな個体は、クロだったので
クマかと思いましたよ。

ラブラドール好きのわたくしが
ビビって、そばに寄れなかったくらいの迫力でした。

犬も素晴らしいのですが、それ以上に
ブリーダーさんご夫婦の
ラブラドール愛には、感銘を受けました。

お話を聴いてみると
目からウロコがおちるようなことを
たくさんご指導いただきました。

わが家は、キイロがご所望につき
生後60日のちびっ子キイロ軍団と面会したら
これが、また、素晴らしい以外の言葉が見つからなくてねえ。

もう、夫婦で、メロメロになってしまいましたよ。

そういうわけで、こちらのボーイと、養子縁組させていただく方向で
お話させていただいております。

名前は「デューク(DUKE)・JR(ジュニア)」です。

ジャズというより、アメリカ音楽の巨人である
「デューク・エリントン」からいただきました。

「デューク」とは
「貴族の中の貴族」「公爵」という意味があります。

ま、ゴルゴ13も「デューク東郷」だけどさ。

「JR(ジュニア)」というのは、ここの実家に
すでにキイロの、「デューク」さんというあんちゃんがいるから
その、弟分ってなことで。

略して、「D・J」ってとこでしょうかね。

高貴なムスコに恥じないように
われわれも凛としなきゃねと思います。

「デューク」は、桜が散って、新入生が街にあふれ始めたころ
わが家にやってくる予定です。



スポンサーサイト

ナカソネさん



おやじの49日に
中曽根康弘様・弘文様親子から
見事なお花をいただきました。

弘文様には、ご多忙にもかかわらず
葬儀にご会葬いただき、すばらしい弔辞も読んでいただいて
恐縮甚だに感じます。

東京に出かけて、御礼申し上げないと
バチが当たるどころか
おやじが夢に出てきて、怒られそうです。

今さら、説教されるのも、カンベンしてほしいので
夫婦で出かけることにいたしました。

しかし、おやじも、
まさか、康弘大先生に見送られるとは
健康だったときには、夢にも思っていなかっただろうなあ。

人間は、健康で長生きしたものが勝ちだってことだと思います。

マルちゃん正麺「豚骨味」



「マルちゃん正麺」は、2012年度のヒット商品らしいですね。

お値段は、ちょっとお高いですが
インスタントの袋入りラーメンとはいえないお味で
初めて食べたときは、ちょっとびっくりしました。

日本の食品メーカーって、ホントにすごいと思います。

個人的には、ライバルの「ラ王」のほうが
ちょっと好きかなと思っていたときに
なかなか売っていない「マルちゃん正麺・豚骨味」を
食べてみたら、これがなかなかのもんで。

自分の中では、
長年にわたって、インスタントラーメン不動の一位だった
「サッポロ一番塩ラーメン」を、抜いたかもしれません。

「お値段×味=満足度」ですから、
「サッポロ一番塩ラーメン」か?
「マルちゃん正麺豚骨味」か?
自分にとって、どっちが上か?
ビミョーなところではあります。

「豚骨味」は、不思議なことに、スーパーでは見かけません。
なんでですかねえ?

そんでもって
会社のとなりの「ドン・キホーテ」には、フツーに売られています。

実は、シリーズの中では、ワケあり商品なんでしょうかね?


ガーリックライス



鉄板焼きといえば、お肉と並んでお楽しみが
「ガーリックライス」です。

ま、早い話が、ニンニク多めの焼き飯=チャーハンですが
これを食べないと、鉄板焼きを食べた氣がいたしません。

赤出汁とおしんこをつけて、贅沢なステーキ定食ですが
こういう料理をいただくと
しみじみと、日本に生まれてよかったと実感いたします。

こんな、お肉料理は、日本でしか味わえませんぜ。

上州牛



こちらが、丹精に焼いていただいた上州牛です。

わたくし、肉食ではないのですが
こういうお肉であったら、いくらでも食べられますねえ。

素材も、焼き加減もよろしいので
ちょこっと塩をつけるだけで
美味しくいただけました。

また、このお塩が、「モンゴルの岩塩」だったようで
お肉に合うというのが、実感できましたよ。

フランベ



実はわたくし「フランベ」って、
一体全体何のためにやってんだか
さっぱりわかりませんけど
やっぱ、お肉を焼くときに、炎があがると
わくわくしますよね。

今、思い出しましたけど
昔、料理していて
「泡盛」でフランベしたら
火柱があがって、
天井が、ちょっと焦げそうになったことがあったんで
自宅でやるときは、注意したほうがいいですぜ。

日本人クオリティ



お肉を焼いていただいているのを見ると
日本人シェフの、仕事のていねいさと繊細さに
感心させられますね。

アメリカに行ったとき
Tボーンステーキなんぞは、一回食べて飽きましたんで
そりゃ、ニッポンの鉄板焼きが
アメリカで繁盛するわけだわと思います。

鉄板焼「鏑」



納骨法要と、49日が、無事に終了いたしました。

約一年間におよぶ介護生活は
今、振り返ってみれば、身心ともにハードなものでしたよ。

誰でも、通過する道だとは思いますが
こればっかりは、当事者になってみないと
わかりませんからねえ。

特に、オフクロは大変だったと思います。

というわけで、納骨法要のあとは
ご苦労様会をかねた“おきよめ”です。

身内だけで、ちょっと奮発して「鉄板焼」です。

場所は、高崎ビューホテルにある「鏑」です。

ここに来るのって、何年ぶりだろ?

ま、自分が知る限りでは
高崎で、一番美味しくお肉をいただけるお店ですね。

お値段も、なかなかだから、めったには来れないけどさ。

たまには、家族で来れるように、仕事がんばらなきゃね。


リーチ



50歳を目前にして
こういことを言うのも、いかがなものとは思いますが
わたくし、「森永チョコボール」が大好きであります。

すべてのお菓子の中で、一番うまいと思うね。

会社の引き出しには、常備してあります。
(おれ、だいじょうぶかよ。)

そして、チョコボールといえば、なんといっても
「金のエンゼル・銀のエンゼル・おもちゃのカンヅメ」ですよねえ。

48年生きてきて、初めてのリーチとなりました。

言っときますけど、「おもちゃのカンヅメ」は
ゲットしても、公開しないので、あしからずね。

おやじの遺品



おやじの遺品を整理していたら、こういうものが出てきました。

今から25年前、大学4年生のときに
名古屋の瑞穂グラウンドで開催された
「全国地区対抗大学ラグビー大会」に出場しました。
運よく、優勝することができたのですが
マイナーな大会とはいえ、いちおう、“全国”という冠の大会につき
祝勝会を開催したのでした。

学生でなく、保護者も招待されて
そのときの招待状と、記念品が、保管されておりました。

なんか、こういうのって、自分が親になってみると
しみじみ、わかるような氣がするね。

わたくしも、長男が小学校のとき
初めて買ってきてくれたおみやげのストラップは
今となってはボロボロだけど
いまだにサイフにつけてるもんね。

親になってみてわかる親心ってやつでしょうかねえ。

「闇の奥」



中学校のときに、コッポラ監督の「地獄の黙示録」が上映されました。

今まで、何回観ても、なんだかよくわからのに
「なんか、すげーな 」 と、圧倒される映画です。

20年前に、インフルエンザで寝こんでるときに、ビデオを観たら
バッド・トリップ状態になったことがあります。

「地獄の黙示録」の原案といわれているのが
コンラッドの「闇の奥」です。

難解と聞きながら、何度かチャレンジしたものの
わけわかんなくて、数ページでギブアップしてきました。

というわけで、リベンジのつもりで読んでみました。
(翻訳版ではないので、内容はぜんぜん違うんだけどさ。)

密林の奥地に、小人を求めて消えていった博士を
探索にでかける人たちのお話です。

「和歌山毒カレー事件」や「チベット弾圧」など、
時代や時間軸をこえて、思いもかけぬものとリンクしながら
密林の中に入っていくスリルは、奇妙な浮遊感があります。

スラスラ読める内容ではありませんが
不思議な読後感があります。

これは、フィクションなんでしょうか?

それとも、実話なのでしょうか?



高崎駅のみそラーメン



高崎駅の、立ち食いそばコーナーのラーメンは
週刊朝日に掲載されたことがある
知る人ぞ知るラーメンです。

幸楽苑のラーメンが、一杯¥290円ということを考えると
立ち食いそばで、一杯¥400円というお値段は
はたして、どんなもんかね?とも思ったりしますが
量もほどほどで、なにより美味しいので
駅に用事があって出かけたとき、小腹がすいていると
つい食べたくなります。

先日行ってみたら、みそラーメンが、メニューにありました。

一杯¥450円でしたが、試してみると
いやー、しょうゆラーメン以上になかなかのもんでしたよ。

というより、「お値段×味×量=満足度」とすると
これを、満足度で上回るみそラーメンって
高崎市内に、あんまりないんじゃないんかね?
と思えてしまうできばえです。

高崎駅周辺にお出かけのときは
お試ししてはいかがでしょうか?

注)わたくし、関係者ではありませんので。念のため。

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR