加島屋



おふくろが、いただきものを、おすそ分けしてくれました。

「加島屋」の「さけ茶漬」と「いくら醤油漬」セットです。

いやー、これ以上うれしいいただきものはないかもね。

ただただひとこと「美味いっす!」

日本人に生まれたことを、心底感謝したくなる逸品ですね。

しかし、これを食べちゃうと、
一般の鮭フレークを食べられなくなるのが、困ったとこでさ。

お金持ちになって、これが、冷蔵庫に常備されてるようになりたいっす。

楽しみながら食べようと思ってたら
出張から帰ってきたら、無くなってました。

男子高校生と中学生がいるツラさでしょうかねえ。

スポンサーサイト

山田風太郎「風来忍法帖」



わたくしの本だなには
読んでない本が山となっております。

女性の服といっしょで、
本は、読むのも好きだけど、
買うことが好きなんだよと
屁理屈を言ってみる。

さて、ひさびさに、
インフルエンザなんぞにかかっちまったもんで
安静にしてると、なにもやることないから
ひたすら、惰眠と読書のリフレインでした。

でも、最近のインフルエンザが、根性ないんだか
はたまた、最近のおクスリが強力なのかはわかりませぬが
3日で、ほとんど治ってしまいましたので
5冊しか、読めませんでしたけどね。

そのうちの一冊が
山田風太郎著「風来忍法帖」です。

山田風太郎先生は、
昭和の、ウラの文豪&巨匠だと思います。

今から、20年くらい前に
自分が好きな作家が、
のきなみ、山田風太郎の「甲賀忍法帖」を絶賛してるもんで
どれどれと読んでみたら、
まあ、ぶっとびましたよ。

奇妙・キテレツなキャラクターが
想像を絶するようなストーリーで
縦横無尽に暴れまわる内容であり
今のマンガ家とか、映画関係者とかは
実は、かなり多くの人間が
影響を受けてるなと思いましたよ。

この内容を、
いったい、何年前に書いたんだい?ってなもんで。

ただし、放送禁止用語は、どかどか出てきますし
人は、無造作に、どんどん殺されてくし
女性は、おもちゃみたいに犯されまくっちゃうしで
生命倫理のかけらもなくて
エロ・グロ・バイオレンスがごちゃごちゃなもんで
あまり表にでないのかもね。

そんなメチャクチャな内容でも
なんだか、カラっとしてて
陰湿でないのが、巨匠たるゆえんです。

いっとき、はまりまくって、
文庫本を片っぱしから読んでた時期がありました。

なかに、短編小説で、
「陰茎人」というのがありました。
「陰茎人」とは、鼻が「ち☆ぽ」だという人のお話です。

そんなやつ、いるわけねえだろっての。

「風来忍法帖」は、そのころまとめ買いして
忘れてた一冊だったようです。

題材は、なんと、「のぼうの城」と同じく
「忍城」です。

「のぼうの城」⇒「水の城」と読んで
埼玉県・行田市に実在していた「忍城」について
興味が深まったところに、なんたるグッドタイミング!

久々に読む、風太郎先生は、
あいかわらずの、
エロ・グロ・バイオレンスでメチャクチャな内容ですが
おもしろさバツグンで、
分厚い文庫本をイッキ読みしました。

「のぼうの城」を読んだり、映画観た人は
ぜひ、こちらもいかがでしょうか?

脳みそが、とけそうになりますぜ。

水の城



昨年、「のぼうの城」の映画を観にいきました。

なかなか面白かったので、数年ぶりに、原作を読みかえしてみて
こちらも、やはり面白かったわけですが
この、「忍城」というのは実在のお城であり
石田三成率いる、豊臣軍の大群に負けなかった史実があったというのは
ちょっと、驚きです。

映画もヒットしたようで
本屋さんに、コーナーが設置されて
DVDのCM映像が流されておりますが
そこに、別の作家が書いた、
忍城戦記が並んでいるのを発見しました。

「水の城」風野真知雄著です。

さっそく読んでみましたが、
こちらのほうが、淡々と描写しているため
史実に近いような感じがします。

まあ、「のぼうの城」は、
かなりエンターテイメントを意識してますからね。

でも、好みの問題はあるかもしれませんが
どちらも面白いです。

まあ、作家の力量もさることながら、
忍城攻防がきわめて面白い史実ということなんでしょうね。

以前、「世界不思議発見」でやってたはずなんで
見逃したのが、ものすごく残念です。

舞台が、行田ってのが、また、なんともシブいな。

ご近所に、こんなワクワクする歴史の舞台があったとは
やっぱり、歴史は奥が深いですね。

焼きまんじゅうパン



群馬のご当地パン をご紹介します。

「焼きまんじゅうパン」だってよ。

焼きまんじゅうは、上州のソウルフードとか
ネットに書かれてたけどさ
わし、50年弱の人生で、お金出して焼きまんじゅうを食べたことって
数えるほどしかないぞ。

まあ、とにかく、買って食べてみましたよ。

感想はというと、たしかに焼きまんじゅうの味がするね。

焼きまんじゅうのミソだれが、パンにぬってあるんだから
アタリマエっていえば、アタリマエですが。

焼きまんじゅうより、ちょっと、食感が重いかも。

焼きまんじゅうって、意外と軽いからね。

じっさいの焼きまんじゅうもですけど
手とクチがベタベタするのが、ちょっと難点ですかね。

焼いて食べるとおいしいとか、ネットにかかれてたから
次回は、そのようにしてみようかな。



お家でカラオケ



クリスマスとお年玉で
性懲りもなく、新しいゲーム機を購入してきたと思ったら
お正月早々、カラオケを熱唱している
我が家の息子たちです。

なんとかという、新しい任天堂のゲーム機は
カラオケができるらしくて
なんと、曲数が、9万曲だそうです。

すごい世の中になったものだと思いますが
たのむから、少しは、勉強してくれっての。

久我山がんばれ!



高校ラグビーは、氣がつけば準決勝です。

それにしても、TBSには腹が立つなあ。

高校ラグビーの放送を、大幅に削りやがってさあ。

それでいて、ボクシングの亀田兄弟なんかをヨイショしやがってさ。

そんなことしてるTBSからは、テレビの放映権を剥奪していただきたい。

こうなったら、TBSは、ラジオだけでいいよ。

まあ、そんなことはともかくとして
今回は、国学院久我山高校が、準決勝進出しております。

久我山といえば、われわれのときの第62回大会を
圧倒的な強さで優勝しました。

30年以上にわたって、激戦区の東京の強豪であり続けるって
すごいことだと思います。

そのうえ、最近では、都内でも有数の難関高校でありながら
ラグビーに限らず、いろんなスポーツも強くて
ほんとうに、たいしたものだと感心させられます。

久我山OBは、先輩も後輩も、同期の仲間もいるしね。

ぜひぜひ、久々に全国制覇してほしい!

あとふたつ、がんばれ久我山!

大学選手権準決勝



最近のラグビーって、
どの試合もおんなじような内容で
デカいほうがチカラまかせに
大量得点で勝つって展開が多いようです。

小さいのが、知恵と工夫とガッツで食い下がる
ラグビーの醍醐味は、いったいどこにいったんだよっての。

はっきり言って、つまらん試合が多いので
ほとんどテレビ観戦しておりませんでした。

今年の大学選手権の準決勝を観たら
まあ、帝京大VS早稲田大はおもしろくなかったのですが
東海大VS筑波大は、久々に、ラグビーを観ておもしろいと感じました。

最近は、筑波大が強いようです。

われわれのときから、いい選手がいるにはいたけど
なんたって、国立大で、しかも、レベルの高い大学だから
有力選手を集めてる学校と対戦するのは
なかなか厳しいようでした。


わたくしの現役時代は、監督が筑波大OBだったし(当時の東教育大)
一年上と、二年上の先輩も
筑波大でプレーしておりましたが
なかなか、当時の交流戦進出も厳しかったと記憶しています。

今回のメンバーを見てみると
ラグビー有名校でない高校出身者が多いので
強化システムが、しっかりしてるということでしょうか?

いずれにしても、筑波大が、大学選手権決勝進出とは
すばらしい快挙だと感じます。

きびきびしたプレーが、たいへん氣持ちよくて
好感もてましたしね。

ということで、今年は、筑波大を応援します。

できれば、国立大の初優勝を成し遂げていただき
新しい時代を切り拓いてほしいなと思います

メジロ



いたんだり、かたくなったミカンを庭に置いておくと
メジロくんがやってきます。

これが、かわいいんだ。

度胸があるんだか、人なつっこいんだか
なかなか逃げないしね。

昨年までは、2羽が常連さんで
おそらく夫婦かなと思っていたのですが
今年は、2ペア・4羽に増えました。

遠慮せず、春先まで
どんどん仲間を連れてきてくれたまえ。

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR