マッコリ

マッコリ

最近、韓国に行ったとき、飲んでいるお酒です。

なぜか日本でもブームになってる
「マッコリ」です。
正式には、「マッコルリ」って言うのかな?

しかし、なんで、こんなもんがブームなんでしょ?
まあ、美味いけどさ。

原料がお米だから、日本人の口には
合うのかもです。

ワタクシは、
韓国での取引先である、
具さんという社長さんが
「マッコリには、ヤクルトの10倍乳酸菌が入ってるから
 身体に良いんですよ。」(ホントかよ?)
と言ってたもんだから、飲むようになりました。

たしかに、屁は良く出るようになるので
腸内が活性化されてるように感じます。

こうやって、陶器の器に入ってるマッコリを
ひょうたんでついで飲むと
なかなか味わいがあります。

チャミスル(韓国の焼酎)よりも、
アルコール度数は低いです。
ビールより、ちょっと強いくらいでしょうか?

だもんで、下戸の人でも、ちょっとなら飲めるみたいです。

冷えたマッコリは、口あたりが良く
ついつい飲みすぎます。

カロリーは高そうなので
体重が増えてるのは
こいつのせいかもです。

スポンサーサイト

メックス

メックス

韓国のソウルに初めて行ってから
もう10年以上経ちましたが
ソウルの街は、どんどん変化しています。

最初は、かなり違和感があり
外国に来てるなあという感慨がありましたが
今では、言葉とお金が違ってて
パスポートが無いと行けないということ以外では
日本国内に出かけるのと、ほとんど感覚は変わりません。

回数を重ねるごとに
自分自身が同化されつつあるということかもです。

よく、韓国人に間違われるしね。

おメーらみたいに、いいかげんじゃねえっての。

せっかく行ってるから、ミニ情報を、小出しにご披露します。

ちなみにワタクシ、これだけの回数訪韓してるのに
韓国語は、まったく話せません。 ナサケネー。
日本語が通じるんで、必要ないからですけどね。

でも、ハングル文字を読むことはできます。
ハングル文字は、ちょっとその氣になれば
読むことができるようになりますが
韓国人は、ビックリしますよ。
韓国人と仲良くなりたければ、マスターするのがオススメかも。

さて、韓国では、ビールのことを、「メッチュ」といいます。

食堂に行って、「ビールください」は「メッチュ・チュセヨ」でOK。

韓国は、自分にとってですが、ビールがあんまり美味しくありません。
(台湾とベトナムは美味しかったです)
キリン党のワタクシにとっては。味がうすいんです。
安いのはありがたいですけどね。

生ビールも、普通の食堂では出してくれないので
さがさないと飲むことができません。

コクのあるビールが好みの人には
ちょっと物足りないかも。

画像のビールは、韓国製の中では、一番好みと感じてる
「メックス」です。
「マックス」でないのがミソね。

モルツ100%らしいです。
そのためか、ちょっと割高です。

快便

快便

韓国に行ったとき
コンビニでよく買うのがこちらです。

そのまま発音すると「コェビョン」です。
漢字で書くと「快便」です。

これは、いったい何なのか?というと、ヨーグルトドリンクです。

しかし、ヨーグルトドリンクに「快便」というネーミングは
いかにも韓国人らしい、ステキなセンスです。

前のパッケージのときは
腸のイラストが描かれていて、その中に、快便の文字が
デザインされておりました。

頼むから、ちっとはアタマ使ってくれよと思います。

以前、おみやげに買ってきて配ったら
下剤と勘違いされて、皆さん、氣味悪がって飲んでいただけませんでしたよ。

実は、なかなか美味しいんで、ワタクシは氣にいっております。

バーベキュー



コブラーズの試合が終わった後に
バーベキューに参加しました。

高崎南小ソフトボールクラブが
大会がひと段落したので、開催したバーベキューにお誘いいただき
夫婦で行ってきました。

引退して、もうちょっとで一年近くになりますが
新顔も増えており、喜ばしいかぎりです。
少子化の影響をうけて、メンバー確保が常の課題ですが
なんとかずっと継続されていき
在籍した皆様には、我が家同様に
楽しく充実した週末を過ごしていただきたいものです。

とりあえず、最後の大会で、ひと花咲かせてほしいと願っております。

秋空の下で飲み食いするのは、とても氣持ちが良いひとときでした。

そのため、ちょっと飲みすぎました。

聖石橋グラウンドにて

コブラーズ

昨日は、わがコブラーズのホームグラウンドである
聖石橋下の、河川敷グラウンドにて
「親友クラブ」さんと、練習試合をおこないました。

お天氣なうえに、風も無く、しかも暑くも寒くもないという
これ以上はないと思われる、最高のコンディションでした。

結果は、21対14で敗戦でした。

しかし、なんだよ21対14ってさ。

ラグビーだったら、見てておもしろいナイスゲームですが
ソフトボールですからねえ。

まあ、おもしろかったけどさ。

ワタクシは、8番ライトで先発しました。
ギリギリの人員につき、フル出場です。
七回は、長かったです。

ピッチャーがいないという
非常事態につき、一番若い、ゴトーくんが投げました。
強打のチーム相手に、
なかなかナイスピッチングだったのではないでしょうか?

ワタクシの結果は、外野フライ2本に
内野のエラーで出塁したのが1本です。
とりあえず、ホームを踏みましたが
しばらくヒットがないから、そろそろ尻に火がついています。

減量して身軽になって、バット振っておかないとヤバイかも。

画像は、試合後、両チームで仲良く
グラウンド整備しているところです。

結果はともかく、とても氣持ちよい日曜日を過ごすことができました。

皆さん、ありがとうございます。

スマイル

スマイル

ジャズの名曲って
数え切れないくらいありますが
最近、グッときたのが
チャップリンが「モダン・タイムス」用につくった曲である
「スマイル」です。

おそらく皆さんも、実際に聴いてみたら、
耳にしたことがある曲だと思いますが
しみじみと心が洗われる名曲です。

この3枚のCDは、違った表現の「スマイル」を聴くことができます。

上が、ナット・キング・コールの「アンフォゲッタブル」。
まさに、王道のスタンダード・ヴォーカルです。

左下が、ケニー・ドーハムの「マタドール」。
ドラムのJC・モーゼスが、ハイハットを踏みまくるリズムにのって
ケニー・ドーハムと、ジャッキー・マクリーンが突っ走ります。
特に、うめき声をあげながら、ピアノを弾きまくる、ボビー・ティモンズが最高です。

右下が、デヴィッド・サンボーンの「クローサー」。
夜の闇夜にとけてしまうような
胸が苦しくなる演奏です。

ナット・キング・コールは、このCDは入手困難かもしれませんが
店頭にある、どれかのCDには収録されているはずです。

他の2枚は、比較的簡単に入手できると思います。

聴き比べてみると楽しいですし
こういう曲に出会うと
ジャズを好きで良かったと実感できます。



寺田のコロッケ

寺田

おそらく、ワタクシが一番好きな食べ物は
「寺田のコロッケ」です。

町内のお肉やさんがあげるコロッケですが
我が家は、ここで、お肉を買ったことがありません。

ずーっと、コロッケのみです。

モノゴコロついたときから食べてましたんで
いわゆる「ソウルフード」というもんでしょう。

昔、小さかったころ
町内の「南銀座商店街」もにぎやかでしたが
寺田に行くと、ものすごい勢いでコロッケをあげてるにもかかわらず
またたく間に売れていくので
見ていて、すげーなあと、子ども心に感心したものでした。

そのときの勢いはないものの
今でも、夕方になると、行列ができており
クルマで買いに来ている人もいます。

「肉の寺田」は、高崎市役所から
南銀座商店街・シンフォニアに向かう交差点そば
吉川医院の向かいにあります。

ちなみに、ポテトサラダもベリーナイスですぜ。

高崎市内にお住まいなら
一度、ぜひ、ご賞味いただきたく思います。

お値段は、1個¥60円です。

昔は1個¥10円でしたが。

漁場

漁場

ワタクシは、雑魚専門で、しかも小物ばかりねらうという
自称、日本一セコい釣り師であります。

なぜかといえば、釣ることよりも
飼育するのが目的であり
小さい個体のほうが、水槽環境になじみやすいみたいだからです。

1号ハリのかえしをペンチでつぶし
シモリウキでアタリをとります。
エサは、安いので、もっぱらサシです。

ここは、数年前から、たまに行っているポイントです。
烏川水系の支流ですが、場所はナイショです。

ほぼ入れ食いで、ビシビシ釣れます。

今までに釣った魚種は
オイカワ
カワムツ
アブラハヤ
モツゴ
モロコ
です。

たまーに、でかいコイがやってきます。

びっくりしたのは、以前、でかい魚がやってきたので
「コイかな?」と思ったら
なんと、ライギョでした。

最近、ライギョも少なくなりましたが
まだまだがんばって生息しているのをみて
安心しました。

ここのポイントは、魚影も濃く
ちょっとずつ自然が戻ってきているように感じますので
うれしいかぎりです。

あじへいラーメン

あじへいラーメン

仕事では、三重県の営業担当なので
一ヶ月に最低一回は、伊賀から志摩まで
レンタカーでまわってきます。

最近、志摩で夕食をとっているのが
「あじへいラーメン」です。

どうやら、三重県周辺のチェーン店のようで
いつも家族連れのお客様で繁盛していますので、
このへんでは人氣のお店のようです。

これが、看板メニューの「あじへいラーメン」です。

小学校時代に、「包丁人味平」を読んでいた世代としては
なかなかそそられる名前ではありますが
ドラム缶でスープをつくっているわけでもなく
一本麺でもないというのが
ちょっと残念なところです。

詳しくは、漫画を読んでみてください。

今思うと、「包丁人味平」は
かなりいかがなものか?という漫画ではありましたが。

こちらのお店には、たまたま入ってみたのですが
なかなか美味しかったので、氣に入っています。

「あじへいラーメン」を初めて食べたとき
「おやっ?」と思いました。

あくまでも個人的な感想ですが
大阪のミナミとかにある人氣のラーメン屋さん「神座(かむくら)」に
味が似てるかもと感じました。

白菜がたっぷり入って、あっさり味のスープと
細めの麺です。

ラーメンマニアではありませんので
ラーメンそのものは、たまにしか食べませんが
「あじへいラーメン」は、
ラーメンだけでなく、ギョーザもチャーハンも
なかなかのお味です。

とりあえず、食事する場所がみつかってよかった。


栃尾の油揚げ

あぶらあげ

「壱丁目壱番地」に行ったときに
おつまみで必ず頼むのがこちらです。

「栃尾の油揚げ」です。

最初の会社に勤務していたとき
新潟県・栃尾市のメーカーさんにお世話になってましたが
訪問したときにご馳走いただいたのが最初です。

まあ、新潟といえば、お米・お魚をはじめとして
何を食べても美味しいのですが
この油揚げは、なかなかのインパクトでした。

もちろん美味しいのですが、でかくて分厚くて
なかなかの食べ応えです。

店頭や、飲食店のメニューで見かけたら
ぜひ、お試しください。

ただし、かなりのボリュームですよ。

壱丁目壱番地

もつなべ

昨日は、「もつ鍋」を食べに行きました。

お店は、「壱丁目壱番地」です。

高崎北駅から、徒歩2分・スポーツデポの通り向かいです。

メンバーは、我が家夫婦・Hさん夫婦・Tさん夫婦でした。

男性陣は、ワタクシが真ん中で、Hさんがひとつ上・Tさんがひとつ下です。

歳が近い世代で、損得関係がなく、氣心が知れたメンバーと飲み食いするのは
ほんとうに楽しいものです。

子どもたちが、誰も参加していないというのは
うれしくもあり、ちょっと寂しいものでもありますが
子どもの成長というのは、そういうものなんでしょうね。

ここのもつ鍋は、とってもヘルシーであり
お酒もすすみました。

お酒がすすみすぎて、
Hさんご夫婦が、そろって自爆したのも
なかなかステキでした。

とにかく、美味しい&楽しいひとときでした。

Hさん・Tさん、また、よろしくお願いします。



なんばタワーレコード

タワーレコード

週に必ず一回は、本屋さんと
全国どこかのタワーレコードに行くワタクシです。

ジャズのCDの品揃えは、
今では、タワーレコードとディスクユニオンしか、
頼りにならなくなりました。

本とCDだけは、おサイフにお金があればの話ですが
衝動買いをしています。

ワタクシにとって、一番幸せな時間は
お酒を飲みながら、本を読んで、CDを聴いているときなので
本とCDに投資しないと、何のために生きてるのか
わかんなくなりますからね。

大阪に出張したとき、夕食後、難波のタワーレコードに行きましたら
こういうサービスをやっておりました。

「40歳以上はポイント2倍」

もちろん、目をつけてたCDを持って、レジに行きましたよ。

そしたら

「すいません、¥4000円以上お買い上げのお客様に限ります。」

だそうです。

まあ、欲しいCDは、たくさんありますから
追加で買いましたよ。

店員さんに聞きましたら
このサービスは、難波店のみなんだそうです。

さすが、大阪商人ってやつでしょうか?

ポンジュース

ポンジュース

こだわったらキリがないので
コンビニとかでも、普通に買えるジュースで
一番好きなのは、伊藤園さんの「充実野菜」ですが
最近では、こちらも氣に入っています。

ポンジュース「国産温州みかんジュース」です。

三ケ日みかんの、美味しい個体を凝縮した味がします。

朝飲むと、体内にビタミンがしみこんでいくような氣がします。

ペット霊園

ペットお墓

ご先祖様のお墓参りに行ったときには、
もちろんこちらにも立ち寄ります。

われわれの愛娘である、ラブラドール・レトリーバーの
「ララ」が眠っている、ペット霊園です。

だるまで有名な、少林山のそばにあります。

13年の生涯を終えて天国に行ったのが
今から四年前ですから
時が経つのは早いものだと思います。

今でも、盲導犬をみかけると
一緒に生活していたときのことを
懐かしく思い出します。

お墓参り

お墓
お盆のときは、行けなかったので。
お墓参りに行ってきました。

我が家のお墓は、今、世界遺産登録候補で
話題になっている
富岡製糸場のそばにあります。

最近、息子たちも忙しくなってきたので
なかなか時間調整ができず
四人そろってお参りするのが
難しくなってきました。

一年に数回は、家族で行きたいものです。

我が家のお墓は、墓石が11あります。

どの墓石がどなたのものなんだか
両親が健在のうちに、確認しとかにゃいかんなと
思っております。

表彰式

表彰式

高崎市民スポーツ大会というのは、今回が第66回なんだそうです。
ということは、ウチのオフクロさんが、小学生のときからあるということで
そんな由緒ある大会に、思いつきで出場し
しかも準優勝してしまったわれわれって・・・

ま、世の中、そんなもんかもしれません。

そういう大会だから、ちゃんと、表彰式や
記念撮影というものもありました。

ワタクシ、恥ずかしながら最年長ということで
代表で、賞状をいただきました。

なんもしてないのに、申し訳ないですねえ。

でも、25年ぶりに、表彰式で賞状を受け取るのは
なかなか氣持ちよかったのですよ。

大会が始まってから、一回戦から決勝戦まで
週末が充実した半月を過ごさせていただきました。

皆さん、ありがとうございます。

次の機会も、楽しくやりましょう。

準優勝

コブラ

わが、コブラーズは、結成以来、初めて出場した公式大会にて
なんと、準優勝してしまいましたあっ!!

決勝の相手は、群馬町を拠点にしているらしい
菅谷ソフトボールクラブさんでした。

スコアは、16-4。

さすがに強かったですが
初回に、当方投手陣のエンジンがかからずに
フォアボール連発で、11点とられたのが大きかったですね。

それでも、準優勝ですから、皆様お疲れ様でした。

わたくしは、7番ライトで先発しました。

守備は、危なっかしいながらも
なんとかエラーせずにすんだのですが
打撃は、一打席で、セカンドへの凡フライでした。

昭和30年代生まれは、ワタクシ一人であり
つまりチーム最長老ですから
お払い箱にならないように、精進せにゃいかんなと思います。

ヴィレッジ・ヴァンガード

・ウ・橸スィ・夲スッ・シ・橸スウ・橸スァ・晢スカ・橸スー・・セ枩convert_20110906183807

大阪に出張したとき、心斎橋のホテルに泊まりますが
近くにあるのが、こちらのお店です。

「ヴィレッジ・ヴァンガード」です。

名古屋に勤務していたとき、寮の近くにありました。

同期の地元民・Iくんに
「おそらく、あんたが氣に入る店だと思うよ。」
と言われて連れて行かれ
すっかりハマって、毎週週末には、かかさず行っておりました。

翌年、一年後輩のTくんを連れて行ったら
予想通りにハマっておりました。

もちろん、本やCDも買いましたが
ナイスなBGMが流れている店内で
怪しい本や雑貨をながめながらブラブラしているだけで、
じゅうぶんに楽しかったものです。

そのころは、まだ、多店舗化していなかったと思いますんで
今よりも、もっと、オーナーが、自分の趣味でやりたい放題の
マニアックなお店でした。

このお店を、なんと表現したらいいもんやら・・・

本も売っている雑貨屋ってな感じでしょうか?

今は、似たようなお店がありますが
25年前は、画期的でした。

高崎にも、駅前のビブレに出店してますが
どうにもしっくりこないです。

やっぱ、このお店は、
倉庫の中に、ムリヤリ並べたというムードでないとです。

心斎橋のお店は、細長くて広くないのですが
ちょっとマニア色は薄れたものの
あいかわらず、刺激がいっぱいなので
大阪出張のときは、必ず寄っています。

高崎市民大会準決勝

ドカベン

きのうは、雨が降ったりやんだりでしたが
なんとか2試合できました。

関係者の皆様、ありがとうございます。

準決勝の相手は、「中居マスターズ」さんです。

結果は、7対5で勝利しました‼

その結果、なんと、初の公式大会出場で、決勝進出です。

ワタクシは、6番・ライトで先発しました。
二打席とも外野フライで、ヒットなし。
守っては、ラグビー時代の習性で、外野フライを両手で取りにいき
軽く右手を打撲して、途中交代しました。
もうね、アホかってなもんで。

でも、勝ててよかった。

画像は、コブラーズ不動の4番バッター
「ドカベン・カネコさん」です。

打席に立っただけで、圧倒的な存在感とオーラがあります。

さすが、甲子園出場数回の名門、高商硬式野球部出身です。
しかも元4番バッターです。

強烈な打球を見せられるたびに
味方でよかったと思います。

あんな打球を、まともに食らった日にゃ
打撲程度じゃすみませんから。

というわけで、来週は、Bクラスの決勝戦です。

16チームエントリーした中での決勝進出ですからねえ。

スポーツの公式大会で決勝に進出するのって、大学4年のとき以来です。
ちょっと、ドキドキしてきたかも。

ここまできたら、なんとか優勝して、
みなさんと、おいしいお酒をいただきたいものです。

高崎市民大会2回戦

ミウラ

きのうは、台風上陸の不安定な天候ではありましたが
前週に引き続き、高崎市民大会が開催されました。

わが、コブラーズは、二回戦で「三ツ寺スピリッツ」さんと対戦し
16対5で快勝いたしました。

ワタクシは、ライトで途中出場し
とりあえずエラーもなく
1打数1安打で、ホームも踏みました。

画像は、わがチームのエースである
シュンタローくんの、ダイナミックなピッチングフォームです。

きのうも、ナイスピッチングでした。

しかし、力投するシュンタローくんも
相手の5番バッターに
レフト越えの場外ホームランを打たれました。

流通グラウンドにも、今まで、かなりの回数きましたが
あの高いネットを越えて、民家に打ち込んじゃう光景を
初めて見ましたよ。

世の中にゃ、すごい人がいるもんだと思いました。

ブラバン甲子園

ブラバン

野球に関しては、NPBとMLBは好きではありませんが
高校野球は好きなワタクシです。

NPBとMLBが好きでない理由は
1)高給取りのくせに、年がら年中「おカネ」でモメていること。
 億単位でカネもらってるくせして、
 ちょっと減俸されたくらいで、
 みっともないから涙ぐんでんじゃねえっての。
2)王さんや、長島さんみたいな華も実力もない選手が
 ダラダラとプレーするから、延々と試合が長いこと。
3)インタビューがアホ丸出しなこと。
などです。

おまえら、ちっとは、なでしこジャパンを見習えっての。

高校野球は、甲子園大会の運営と
バックの高野連と朝日新聞については
いろいろと言いたいことはありますが
プレーヤーそのものは清清しくて
全国大会も地方大会も、見ていて楽しいです。

ウチの、高校生のお兄ちゃんが
わが母校に在学中だもんですから(野球部ではありませんけど)
今年は、夫婦で、前橋の敷島球場まで、地方予選の応援に行ってきましたよ。

一回行ったら、勝って楽しかったんで、
二週続けて行ってしまいました。

考えて見たら、スタンドで応援するの、約30年ぶりですよ。

保護者の皆さんが、おそろいのスタイルで陣取ってて
応援風景はずいぶん変わりましたが
久々に、校歌と応援歌を歌って、なかなか氣持ち良かったです。

ワタクシは野球部OBでないのに
知り合いも、たくさん来てましたしね。

惜しくも、ベスト8で高商に逆転負けしましたが
自分が三年生のときも、たしかベスト8で高商に負けたんだったっけ。

キャプテンの、月形まんさく以下
あんときの、野球部のみんなは、今、どうしてることやら。

羽織袴の応援団員が、悔し泣きしているのを見て
オジサンは、ジーンときてしまいましたよ。

このCDは、高校野球の応援ソングを
高校のブラスバンドが演奏したシリーズの最新バージョンです。

やはり、今年は、AKBとか入ってたりして。

夏の暑さがもどってきて、元氣になる一枚です。

花園

花園

去年、息子が自分の母校の高校に入学したとき
オフクロさんが、ワタクシの、高校時代の記念品を出してきてくれました。

親というのは、本当にありがたいものです。

これは、高校三年生の冬に
高校ラグビーの全国大会・いわば「花園」に出場したとき
記念に買ってきたテナントです。

ワタクシは、小学生のときに、
当時の早稲田大学のラグビーを見て、衝撃を受け
高校に入ったらラグビーをやると決めておりました。

だから、第一志望の高校に合格したときも、もちろんうれしかったのですが
ラグビー部に入部したときは、もっとうれしかったものです。

当時の群馬県は、埼玉県と代表決定戦があり
埼玉県は強かったので、なかなか勝てませんでしたが
絶対に埼玉県代表に勝ってやると、毎日考えておりました。

そんな毎日でしたから、学業成績は劣悪でしたけど
充実した高校生活でした。

三年生のとき、運が良いことに、一県一校の出場枠となり
群馬県代表が、花園に出場できることになりました。

我々の同期は、一年生のとき30人以上いたのですが
いつの間にか、15人必要なのに9人になっており
新人戦も、春の大会も前橋商業に負けて
谷間の弱小年代と言われておりました。

三年生の夏合宿のころは、
同級生が、受験の準備しているのを横目に見ながら
ぜんぜん勝てなくてつらかったのですが
それでも、夢をあきらめることなく毎日練習して
秋の全国大会予選の決勝戦は、農大二高に、なんとか勝って
ずっと夢見てきたことを、実現することができました。

50年近く生きてきて、うれしかったことはたくさんありますが
花園出場が決まったときの瞬間は
間違いなく、人生で、5本の指に入る感激のひとときでした。

花園では、
一回戦は、九州の熊本工業に19-3で勝ち
二回戦は、東京の目黒高校に30-4で負けました。
このとき、目黒高校は準優勝しましたので
全国で二番目に強い学校と、
満員の花園のメインスタジアムで、ガチンコで対戦するという
夢のような時間を過ごさせていただきました。

30年前の出場校は、県立の工業高校と普通高校が中心でしたが
このとき優勝した、国学院久我山高校など
30年経った今でも出場し続けている高校もあり
その努力には、アタマが下がる思いです。

このテナントを見ると
情熱をもって、純粋に夢を追いかけていたときのことを思い出し
涙が出てきます。

日々の生活の中で、情熱が消えかかっていたら
もう一度ながめてみて
30年前の自分に、一喝入れてもらおうと思います。


プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と大学準備中の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR