湯沢・魚野川



千葉県の市原市から
デュークさんのおばさんである、ふるるさんファミリーが
遠征してくるとお聞きしたので
新潟県・湯沢市の魚野川に出かけてきましたぜ。

それにしても、ふるるさんのパパさんとママさんは
6★歳にもかかわらず
アクアラインで東京湾を越えて
首都高を通過して
関越にのって三時間半もかけて
遠征してこられたというのだから
フットワークの軽快さに感心いたしました。

ソウイフオトナニ、ワタシモナリタヰ。
って思うのであります。

ここの場所は
以前、Mさんに同行させていただいて
渓流釣りに来た場所で
生まれて初めて、ルアーで岩魚を釣った川
なのであります。

そのときは、わが家にイヌはいなかったのですが
ここの堰は、信じられないくらいに水がキレイで
しかも、水深もたっぷりあるもんですから
まさに、天然の大型プールってなことで
真夏の猛暑日に泳いで
おビールなんぞをいただいたら
さぞかしキモチいいだろうなと思ったのでした。

で、デュークさんがわが家にきてから
絶対に連れて行きたいなと思っていたのです。

で、結果は、泳がないのであります。

おメーは、リッパな水かきがあるくせによ。

水遊びは大好きなのですが
どうしても、足がつく場所にしか
行こうとしないのであります。

おメーは、その氣になれば泳げるくせによ。

今回は、泳ぎが得意なふるるさんがいるので
つられてガンガン泳ぐかなと期待したのですが
結果は、今までと同じだったのであります。

来年は、わたくしも一緒に泳いで
「すいすいドッグ」になることを目指します。





スポンサーサイト

高崎市営ドッグランにて



最近、わが家のデュークさんは
毎日、多いときは朝夕と
城南大橋の下にできた
高崎市営ドッグランに出かけるのが
定番コースとなっております。

このドッグランは
もちろん駐車場完備であり
小型犬用と、大型犬用にわかれており
大型犬用は
ソフトボールができそうなくらい広いのです。

デュークさんは、基本的にフレンドリーなので
おともだちがたくさんできたため
最近では、おサンポより、
こちらに行くのが希望のようです。

おともだちと遊ぶと
こんなナイスな表情になります。

高崎市民は、登録すれば無料で使用できますので
ありがたい限りです。

イヌが嫌いな人は
税金でこういう施設をつくることについて
ネガティブな意見もあるかもしれませんが
自然の川を破壊して
ムリヤリ護岸工事とかするよりも
よっぽど生きたおカネの使い方なのでは?
と思っているのであります。

イヌのストレスが解消されれば
無駄吠えのトラブルは減るし
街中での、大小の排泄も減りますしね。


氣にいってくれたかな?



20年以上乗ってきたクルマを買い換えて
そろそろ新車のニオイがとれてきました。

われわれ夫婦が、
クルマをセレクトしたポイントは
たったひとつで

「快適なラブラドールライフの
 おともになれるかどうか?」

です。

われわれがよくっても
主役が快適じゃないと困るなと思ってましたが
軽快に飛び乗って
この表情をしているところをみると
どうやらお氣にいりのようです。

今年は十回忌



デュークさんが、わが家にやってきて
毎日楽しいラブラドールライフをおくっておりますが
先代のムスメ[ララ子]があの世に行ってから
早いもので、今年で十年です。

以前、何かで、以下の内容を読みました。

「犬にとって一番悲しいのは
 自分が、大好きだと思っている人たちが
 悲しい顔をしているのを見ることである。
 だから、犬が臨終寸前に
 家族が犬の近くに集まって泣いていると
 犬は
 『なんでみんな泣いているんだろう?
  ひょっとしたら、
  自分は、何か悪いことをしたのだろうか?
  この人たちに、悲しい思いをさせたのだろうか?』
 と、不安で悲しい氣持ちのままで
 この世を去ることになってしまい
 それは、とてもかわいそうなことである。
 だから、犬を見送るときは
 『今までありがとう』と、
 笑顔で見送ってあげたほうが
 犬にとっては幸せなのだと思う。」

自分は、なんとなく理解できましたので
ムスメがヨボヨボで立てなくなって
食事どころか
水さえも飲めなくなってしまっても
一度も涙は見せないように
必死で我慢してきました。

それが正しいことだったのかどうかはわかりません。

でも、デュークさんがやってきた今となっても
ムスメはたまーに、忘れた頃に
夢の中に遊びにきてくれて
あいかわらず、ニコニコと笑ってくれています。


やっぱラブラドールは最高ですよ!



画像は、ホームカミングデー恒例の
集合写真撮影会・キイロチームの風景です。

ホームカミングデーに参加させていただいて
いつも感じることがあります。

それは、これだけの人数が集まっているのに
ファッキンな人がいないということです。

だいたい、いいトシになると
利害関係がある無しにかかわらず
同窓会とか
組合の会合とか
選挙の集いとか
関わろうとしなくたって
いろいろな人間関係があるわけですが
まあ、どんな会合でも
少なくとも参加メンバーの一割くらいは
自分の都合や利益しか考えてなかったり
平氣でドタキャンしたり遅刻したり
わざとやってんのかと思うくらい和を乱したりの
ファッキンな人がいるもんです。

自分はそれが嫌で
足が遠のいてしまった会合は
いくつもあります。

しかしここは、
もう参加して三年経ちますが
そういう人は、見事に皆無なのであります。

ここに集まっている皆さんは
ラブラドール愛という共通項目がありますが
ブリーダーさんも、誰彼かまわず渡すのでなく
渡す相手を選んでいるのだとしたら
その基準の範囲にいる人たちは
ラブラドール愛を中心軸とした
「ソウルメイト」なのだろうなと思うのであります。

わが師匠である、稲盛和夫様は
「ソウルメイトと同じ場所で時間を過ごすと
 魂が癒されるのでとても心地が良いのです。」
と言っておられましたが
自分もこの場所に参加させていただくと
何もしなくても、氣持ち良くなれるのであります。

ウチの母ちゃん(おふくろ)も
半年に一回、
ここに来るのが楽しみだと言っていますが
「ソウルメイト」の皆さんと時間を過ごすと
いつまでも元氣でいてくれるのではないか
と思えてしまうのであります。

だとしたら、
デュークさんにはしっかり長生きしてもらって
われわれ夫婦も身心ともに健康で
これからもまだまだ
「ソウルメイト」の皆さまと
お付き合いさせていただけたらいいな
と思うのであります。

そもそもこのご縁は
ラブラドール好き
(注・わが家はキイロのラブラドールひと筋)
が基本でありますから
やはり、ラブラドールは
幸せを運んでくるイヌなんだな
ということを実感いたします。
プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR