(おそらく)世界最強のサービス



九州に出張に行って
福岡で見かけました。

おそらく、全ての業種のお店他の中で
最強なのではないかと思っております。

「24時間・365日診察している歯医者」だってよ。

グローバル化して
ネット販売がアタリマエになって
国内流通がカヲス状態になって久しくて
もはや、何でもアリの世の中ですが

これよりスゴいのってあるのかな?

今となっては、
コンビニはそこらじゅうにあるけどさ

一年間に一分も休みが無い歯医者って
どおゆうこと?

どういうやり方で運営してるんだか?
とても興味があります。

もっとスゴいの知ってるぜってお方は
ぜひ、教えてください。


スポンサーサイト

さらば「肉みそラーメン」



去年の暮れに
「ほしの食堂」が閉店しました。

そして、今年の暮れは
「東竜」が閉店することになりました。

わたくし、
「ラーメン」に執念は持っておらず
有名店とはいえ
並んでまで食べるくらいなら
「幸★苑」で十分満足ってなもんで
ラーメンマニアから見たら、
フトドキものなのであります。

そんなわたくしが
ひと昔前に設定した
ラーメンベスト5が
1・蒲郡「マルナカ」タンタンメン
2・恵比寿「香月」
3・高崎「東竜」肉みそラーメン
4・浜松「三太」ネギみそラーメン
5・該当ナシ
参考
⇒高崎駅立ち食いそばコーナーの
 「ラーメン」&「みそラーメン」
ってな感じでありました。

実はわたくし
幼少のころ、ラーメンといえば
「サッポロ一番塩ラーメン」であり
お店のラーメンに関しては
あんまり美味しいと思ったことがなく
あえて、ラーメン屋さんに行って
ラーメンを食べたいと思ったことがなかったのでした。

高校に入学して
運動部仲間から
「東竜」というお店を教えられて
初めて行って食べたのが
「肉みそラーメン」でした。

おそらく、そのとき
お店で食べたラーメンが
「美味しい!」と感じた
初めての体験でした。

注)「サッポロ一番塩ラーメンは
  昔も・今も・これからも大好きです。

当時、
週末に東竜の前を通って
店内をのぞきこむと
必ず、運動部の知り合いがいた
というくらい
「東竜」は、なじみのお店でした。

そういえば、当時
「東竜のおやじは、店の前に自転車をとめると
 キャベツをとりに行くふりをして
 自転車のタイヤをパンクさせる。」
とか、まぬけな都市伝説があったっけなあ。

「東竜」は、
昭和の時代は、デパート裏通りで
高崎の中心街の一角でした。

その後、デパートや新星堂が撤退して
慈光通りがさびれてきたあとでも
「東竜」だけは、
新旧のファンでにぎわっていたのでした。

わたくしが、高崎に
家族と戻ってきた後
奥様を、最初にお連れしたのが
「東竜」でありました。

今になって思えば
「肉みそラーメン」は
昭和の時代に
高崎の街中が元氣だったころ
そこで生活していた一部の者にとっては
まさに「ソウルフード」だったのだと思います。

街中が寂れた後でも
お昼時は座ることができないくらい混んでいて
いつも2時過ぎに行っておりました。

つまり、時代と環境は大きく変化しても
ずーっと繁盛していたということなのです。

街の名店が、
時代の流れの中で
惜しまれつつなくなっていくのは
なんともやるせない氣持ちになります。

でも幸いにも
「ラーメン」に関しては
上記のうち、二店舗は健在ですので
注)恵比寿「香月」は、いつのまにか閉店。
まだ、マシかなと思わないとですね。

「カツ丼」は
「ほしの食堂」が閉店して以来
食べておりませんし。

とりあえず
長年お疲れさまでしたとしか
言いようがないようですよね。

自分にとって
昭和の高崎が
またちょっと、遠くなったように感じます。


カツ丼にサヨナラ



高崎問屋町に生息している住民なら
知らない人はいないという
「ほしの食堂」様が、
年内で閉店することになりました。

高崎にもどってきてから、土曜日に出勤したときは
ここでお昼をいただくのが
ひとつの楽しみでありました。

最近、土曜日はめったに高崎にいないから
たまーにしか、行けませんでしたけどね。

実はわたくし「上カツ丼・¥800円」しか
いただいたことがありません。

注)「上カツ丼」とは、タマゴとタマネギがはいっている
  一般的なカツ丼のことです。
  「カツ丼」を頼むと、ソースカツ丼が出てくるらしいです。

理由は単純で、美味しいからです。

注)誤解のないようにいっときますが
  何を頼んでも美味しいらしいです。

行くたびに
「今日こそは、他のメニューを!」
と思っていながらも
はっと氣がつくと、上カツ丼を頼んでおり
最近では、ここのママさんが
「ナニにする?」と聞いてくれなくなりました。

わたくし、日本だけでなく
中国とアメリカの日本料理屋さんでも
「カツ丼」をいただいたことがありますが
個人的には、「お値段」と「味」を総合して
「ほしの食堂」を上回るカツ丼に
出あったことがありません。

つまり、自分にとっては
千円でおつりがくる「カツ丼」としては
世界ナンバーワンということなのです。

お店はいつも混んでおり
土曜日の12時過ぎに行くと
えらいことになってしまうので
早めに行くのがセオリーだったのですが
先週行ったとき、ママさんに
「こんなに忙しいのに、なんで?」と聞くと
「さびしいけど、後継者がねえ・・・」
ということなのでした。

なんだか、現代ニッポン社会の構造的な問題点を
目の当たりにしたような氣がしましたよ。

個性があって、支持されている個店が
ひとつひとつなくなっていって
全国どこでも同じの
チェーン店ばかり増えていく世の中って
はたして、それでいいのかよ!
って、思わずにはいられないよね。

いずれにしても、来年からは
二度と食べられないというのが現実です。

今後、このお店に匹敵するカツ丼を
いただくことはできるのかな?

どなたかご存知であれば
ぜひ、情報をいただきたく、
よろしくお願いいたします。

ただし、
「美味しいけど、二千円です。」
ってのはダメよ。

そんなの、美味しくて、アタリマエなんだからさ。

目の前に起こったことは
なんでも前向きに受け止めなさいと
ある人に言われたことがありますが

「ほしの食堂」の閉店は、
自分にとって
『もう50歳なんだから、健康を考えて
 カツ丼とかは、ひかえたほうがいいよ。』
という、天からのご啓示である
と考えることにしようかな。

とっても残念ではありますが
長年お世話様になりました。

いつも美味しい「上カツ丼」を、ありがとうございます!

「ほしの食堂」は、わが心の中に永遠に!

ボンパパ



「パン」は
菓子パンから惣菜パンまで、
もちろん好きですけど
わたくしにとっては、“主食”としてより
“おやつ”的な食べ物なのであります。

そして、「パン屋さん」と、ひと言で言っても
全国に出荷している大手メーカー様から
小規模で、
徹底的にこだわって作ったパンを売ってるお店まで
まあ、いろいろありますもんで
単純に比較できないように感じます。

自分は、パンに関しては
特別なこだわりや執着心はないので
「お値ごろ」
「手軽に買いにいける」
「安心・安全」
そんでもって「美味しい」ってのが
ポイントでしょうかねえ。

となると、自分にとって
今のところナンバーワンのパン屋さんは
「ボンパパ」様かもしれないです。

ハナミズキ通りの、セブンイレブンの交差点を曲がり
真木病院様の近くにあるお店ですが
初めてここの食パンをトーストで食べたときは
美味しくてビックリしましたよ。

お値段も良心的なので
パン好きのかたは、一度足を運んでみてはいかがでしょう。

ただし、手作りだから、品数は少ないんで
時間帯によっては売り切れてしまっています。
あしからず。

どんどん一



先日、夫婦で日帰り社員旅行に出かけました。

ま、日帰りバスツアーで、温泉(万座)なんかに行くとなれば
朝からずっと、飲みっぱなしなわけですよ。

体重増加にブレーキがかからず、逆に加速してるってのに
そんなことしてていいんだろうか?と思いますが 
でも、一日楽しかったからいいや。

帰宅後は、仕上げの一杯ってことで 
高崎駅西口・ワシントンホテルとなりの
「あぶり焼き『どんどん一(いち)』」に、
夫婦で飲みに行ってきました。

このお店は、息子1号と2号が、小学生のときに
ソフトボールチームのお父ちゃん仲間で
よく飲みにきたものです。

小さなお部屋がたくさんあって
静かだし、雰囲氣いいし、料理もまずまず美味しいしで、
自分は、なかなか氣にいっています。

今回は、限定メニューの「カレイの刺身」
というのが美味しかったですねえ。

お値段は、今回、お一人あたり¥2,500円でしたので
けっこう飲み食いしたことを考えると
リーズナブルなのではないでしょうか。

しかし、しみじみ感じたけど
焼き鳥で日本酒っていいなあ。

つくづく、日本人に生まれてよかったと思うな。

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR