剣菱



過日、大学の同級生が訪ねてくれましたが
メンバーは、体連のOB&OGだったので

注)わが母校では「体育会」のことを「体連」といいます

昔をしのんで、乾杯のお酒は
「剣菱」にしてみました。

学生時代は、他の体連部会に持参するお酒は
「剣菱」と指定されておりました。

だから、今でも、店頭で「剣菱」のラベルを見かけると
足腰が立たなくなるまで飲まされた
ラグビー部のコンパを思い出します。

全然さわやかな思い出じゃねえなあ。

おれ、一年生のときの新歓コンパで
意識がスッ飛ぶまで、日本酒を飲まされて
それ以後、日本酒のにおいをかぐだけで
キモチ悪くなってしまうので
二年間、日本酒は、一滴も飲めなかったということがあります。

でもさ、お酒って、
そうやって身心ともに覚えていくもんではないかと思うな。
(当時の運動部の飲ませ方は、いかがなもんかとは思うが。)

飲んだこともないくせして
いろんな会合で、お酒をすすめられたとき
「わたし、日本酒はちょっと。」
とか言って、飲もうともしないやつってキライだなー。

先輩や上司にすすめられたら
とりあえずは、いただいてみて
一回くらいは、二日酔いを体験してみなくちゃね。

四半世紀前に、わたくしに、
さんざん、ゲ★を吐かせてくれた「剣菱」も
今となって、おちついて味わってみると
キリっと引き締まった味がします。

武骨な飲み口が、
運動部ご推奨のポイントだったのでしょうかね?

ちなみに、この日のランチのメインディッシュは
「チンズバーガー」だったので
もちろん、「剣菱」をグイグイとあおったわけではなく
お猪口で、ちょびっとだけ口にしただけでした。




スポンサーサイト

海童



わたくし、三度のゴハンの次くらいに
お酒が好きなのでありますが
ここ数年、家飲みで飲んでるのはこちらです

鹿児島・濱田酒造の芋焼酎「海童(かいどう)」です。

イモ焼酎って、学生のころは
「においがキツくて、クセがある。」というイメージでしたが
会社の、故・O専務が
「イモ焼酎は、血液をサラサラにする。」
と言ってましたもんで
どうせ飲むんなら、
健康に良いほうがいいかな?ってなことで
(こういうのを、ビンボー症っていうんだろな。)
赤いビンにひかれて
「海童」を買ってきてみたのでした。

いざ飲んでみると
お値段もそれなりだし(一升瓶で2千円台後半)
においはキツくなく
(注・最近のイモ焼酎は、クサくないけどね。)
スッキリと飲みやすいのに
しっかりと味がありますので
いっぺんで氣に入ってしまったのでした。

風味があるので、
薄めるともったいないから
飲み方はもっぱらロックです。

氷を山盛りで入れたグラスに焼酎を注ぎ
ちょっとおいて、氷とお酒がなじんだころに飲むと
とってもGOODです。

最近では、たまにコンビニでも売ってますので
カップアイスを買って
新幹線で移動中に、チビチビと飲んでおります。

あとで知ったのですが、
これをつくっている会社の社長さんは
盛和塾の塾生さんです。

数年前、世界大会で発表されておりましたが
個性があって、有名な社長さんです。

ぜひ、わたくしが元氣でお酒を飲めるうちは
お値段すえおき・クオリティ維持で
提供し続けていただきたいと願うのであります。



台湾ビール「生」



台湾に行って、ナニがうれしいかっていうと
現地のビールが美味しいということです。

わたくし、アジアは
中国(10都市以上)
韓国(ソウルのみ)
台湾(台北のみ)
ベトナム(ホーチミンのみ・1回だけ)
と訪問したことがあり、
ベトナム以外の各国は
そこそこの回数行ったことがあります。

特に、韓国は、ソウルしか知りませんが
そろそろ訪問回数100回になりますので
もう、すっかりおなかいっぱいです。

上記4カ国を「ビール」ということで考察すると
あくまで個人的な順位は

第1位・台湾

第2位・ベトナム

第3位・韓国

第4位・中国

となります。

日本も含めて、すべて、「お米」が主食のため
味覚のベースは共通の部分がありますので
「こりゃ、いかんわ。」
というシロモノはないので、ご安心を。

暑かったということを差し引いても
意外にも、ベトナムのビールは美味しかったです。

「555(バーバーバーと読む)」というビールがポピュラーですが
コクがあって、なかなかだなと思いましたですよ。

逆に、韓国・中国の、
いわゆる「反日タッグ」二カ国のビールは
飲み口が、ずいぶん軽く・悪くいえば薄い感じなので
ビール好きの人には、ちょっと物足りないかもですね。

そうは言ってもさ、
青島ビール(中国)にしても、ハイト(韓国)にしても
「バドワイザー」よりは好きだなー。

韓国でビールを飲むのであれば
「MEXX(メックス)」というブランドがあり
これは、ちょっと高いものの、モルツ100%なので
韓国ビールの中では、よろしいんではないかと思います。

「台湾ビール」の「生」は 
自分が知る限りでは、
海外のビールで、いちばん美味しいと思うな。

食事に行って、これがあると、うれしくなります。

とは言ってもさ、
やっぱり、日本のビールのほうが美味しいですよ。

各国の皆さんが、クチをそろえて
日本のビールはうまいって力説してるんだから
わたくしの、自国身びいき発言じゃないと思うよ。

ま、各国とも、ビールはとてもリーズナブルな飲み物で
(以前、中国に行ったら、水より安かったよ。どーゆーこと?)
日本製ビールは高額品だから
うまくて当然かもしれないですけどね。

無風(ムカデ)



今年のお正月の“おとそ”ってなことで買ってきて
なかなかイケたお酒がこちらです。

岐阜県・養老
玉泉堂酒造㈱
「無風(むかで)・純米酒」です。

いちおういっときますが
中にムカデが入ってる
「ムカデ酒」ってわけじゃないからね。

わたくし、昆虫・魚などの小動物は大好きですが
危害を加えたり、キモチ悪かったり、
特に、毒があるものは、もちろん大嫌いです。

ムカデなんて、蚊やブヨとならんで
一番嫌いな昆虫かもしれないな。

だもんで、このラベルは、
ちょっと、いかがなものかと思うわけですよ。

「ムカデ」のイメージなんて
なんか、泥臭くて・ニガそうだもんね。

でもね、クセがなくって、すっきりしてて
それでいて、しっかりと味があって、おいしーんだこれが。

特に、ウチの奥様が、なかなかお氣に入りだったもんで
リピートして買ってきましたよ。

今回は、「純米酒・生原酒」というのがあったので
そっちをセレクトしてみました。

なんかね、水みたいなクチあたりで
あとからジワジワと、お酒の味が追いかけてくるって感じで
とにかく、爽やかで、飲みやすいお酒です。

一升瓶にて
手仕事純米酒が¥2,100円
手仕事純米酒生原酒が¥2,400円と
お値段も、なかなか良心的です。

日本酒党のかたは
とりあえず、四合びんでお試しになってはいかがでしょうか?

飲み初め



元旦といえば
初もうでに行って、社会人駅伝を観戦したあとは
お笑い番組をみて、
アタマ空っぽの状態で、わははと笑い 
おせちをつまみに、ひたすら日本酒をいただく
というのが恒例です。

毎年、確実に、体重が2キロくらい増えますが
これが、正しいお正月のすごしかたではないかと思っております。

今年は、このようなお酒を飲んでみました。

「無風(ムカデ(^_^;))手仕事純米酒(岐阜・養老・玉泉堂酒造)」

「妖怪泣かせの超辛口
 子泣き爺じゃ夢みるぞ
 こなき純米超辛口(なげーよ(^_^;))(鳥取・境港・千代むすび酒造)」

の二本です。

ともに、ラベルだけ見ると、おいおいおいって感じですが
キレがあって、なかなか美味しいお酒でありました。

元旦から、手酌で二日酔いになっている、おれって何者?

今年も、たくさんの、美味しいお酒に出会いたいものであります。

プロフィール

いとしのデューク

Author:いとしのデューク
「週刊だるま通信」へ
ようこそ!

群馬県高崎市在住の
オーバーフィフティ
大学生と高校生の男の子
ふたりの父親です。

好きなものは
お酒(美味しければなんでも)
ジャズ
ラジオ
ウオーキング
ラグビー
魚(釣る・観る・食べる・飼う)
ラブラドール・レトリーバー
読書
神社めぐり&ご朱印収集
です。

日々のできごとを、
週単位で
氣まぐれに綴っていきます。

※)当ブログは、
 プライベートなものです。
 内容に共感できないかたは
 閲覧をご遠慮ください。
 また、
 公私で交流のないかたの
 記事転載は
 お断りいたします。
 同時に、
 匿名による迷惑コメントは
 すべて
 ブラックリスト報告のうえ
 削除させていただきます。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
だるまフレンズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR